IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご厚誼」の意味と読み方・例文5コ・類似表現との使い分け

更新日:2020年06月04日

言葉の読み方

「ご厚誼」という言葉を見たことがありますか。見慣れない方には、目にしてもつい読み飛ばしてしまいがちなものですが、ビジネスやスピーチには便利な言葉です。この記事を読んでいただくと、「ご厚誼」を正しく使いやすくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

ご高配は、「ごこうはい」と読みます。意味合いは、心配りです。相手の心配りに敬意をもち、表した言葉です。例えば、(いつも心配りをして頂いて)「平素は格別のご高配を賜わりありがとうございます。」と使います。 ご厚誼と同じく、目上の方や上司の方へ使う言葉です。ビジネスでよく使われます。

「ご厚情」

ご厚情の読み方は、「ごこうじょう」と読みます。意味合いは思いやりや親切心です。「ご厚情を賜わり心より感謝いたします。」「ご厚情頂き、誠にありがとうございます。」と使います。ご厚誼と同じく冠婚葬祭やスピーチなどで使われます。 目上の方や上司の方へ向けた言葉です。

「ご厚誼」の意味を理解して、正しく使おう

いかがだったでしょうか。今回は、ご厚誼という言葉の意味や類似する言葉、使い方、使うシチュエーションなどを紹介いたしました。ぜひ、仕事場やスピーチ、受賞式にお役立てください。

喪中はがきの書き方を知っておこう

喪中はがきは、誰がいつ何歳で亡くなったかを伝え相手に年末年始の挨拶を遠慮して貰いたい時あるいは自分が相手に挨拶することを控える時に書きます。 例として「喪中につき新年の挨拶を控えさせていただきます。平成〇月〇日に祖母の〇〇が〇〇歳で永眠いたしました。本年中にいただきましたご厚誼に心より深謝いたします。明年も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。」 喪中はがきは12月初旬までに投稿しましょう。

初回公開日:2017年08月03日

記載されている内容は2017年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング