IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ホスピタリティマインド」の意味|実践・習得方法4選

更新日:2022年12月03日

言葉の意味・例文

ホスピタリティという言葉をご存知でしょうか。簡単に言うと“思いやり”や“心からのおもてなし”と言う意味です。ここまで聞くと、ホスピタリティはサービス業に多く用いられる言葉のように感じますが、最近では医療現場など幅広く使われている言葉です。

ホスピタリティとは人を気遣い、思いやる気持ちがなければ始まりません。いわば感覚的なものなのです。ホスピタリティは感覚的なものだからこそ、毎日の積み重ねがとても大切になってきます。労力はかかりますが、毎日教育と指導をする必要があります。ホスピタリティに注いだ、労力と気持ちは相手に届くので、必ず何らかの形で努力が報われます。

感覚的なものは積み重ねが大切

「ホスピタリティマインドを取り入れましょう」と宣言して、すぐ習慣化できたら誰も苦労はしません。ホスピタリティは感覚的なものなので、習慣化するためにも、毎日の積み重ねがとても大切です。時には、マニュアルを超えたホスピタリティを感じる対応をできるように、きめ細かな指導と教育をしていく必要があります。

習得方法3:社員を満足させる

ホスピタリティ精神を向上させる上で、「社員を満足させる」ことは、実は最も先に手をつけなければならない部分とも言えます。ホスピタリティの精神を持って実際にお客様を接することが多いのは働く側の、つまり社員です。社員が満足をしていない状況でホスピタリティを指導したところで、上辺だけのものしか出来上がってしまいます。

満足していないと上辺だけの接客になりがち

ホスピタリティとは自分の行動で相手を満足させたいという気持ちや、相手からの対価を求めずに行動できることを言います。そのため、まずは肝心な社員満足が根底にあるべきなのです。社員自らが満足していないと、上辺だけの接客になってしまいがちで、自発的な行動につながらない可能性があります。

習得方法4:検定・研修

理論・具体例から学ぶ

普段の生活をしながら社員教育としてホスピタリティの指導をしていても知識に自信がある方ばかりではないはずです。試験や研修を使ってホスピタリティ精神を学ぶもの一つの選択肢ではないでしょうか。ホスピタリティ研修は、実際の企業でのホスピタリティ事例などを紹介しながらの講義もあるので、具体的にわかりやすくホスピタリティ精神を学ぶことができます。

ホスピタリティについて理解し実践しよう

いかがでしたでしょうか。自分の利益になることだけでなく、自分が行動することで相手がどれだけ便利に行動できるのかをシンプルに考えて実際に手を差し伸べるのがホスピタリティです。サービス業や医療現場、ビジネスシーンだけでなく、本来の人間の心持ちとして誰しもが持ち合わせていたい精神と言えるでしょう。

日頃からの意識や行動に注意しよう

初回公開日:2017年05月29日

記載されている内容は2017年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング