IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスシーンでの「お声がけ」の意味・使い方と例文・敬語表現

敬語

ビジネスシーンでよく使われる「お声がけ」という言葉ですが、正しい意味や使い方を理解している方は少ないのではないでしょうか。今回はそんな「お声がけ」の意味や使い方を例文を交えてご紹介していきます。もう「お声がけ」を使うときに迷う必要はありません。

更新日時:

ビジネスシーンでの「お声がけ」の意味

「お声がけ」の意味とは?

ビジネスシーンにおいて、「お声がけ」という言葉を使うことがあるでしょう。これは一体どういう意味であるのか、といいますと要するに「用命、打診をする」ということです。「いつでもお声がけください」というのはつまりは「いつでもご相談ください」という意味合いになっています。

ビジネスシーンではこれはよく使うことになります。実際にそうした意識がないとしても「何かありましたらお声がけください」と定形文として使うことは頻繁に使用する場面が出てくるでしょう。文の最初に使う言葉ではないですが文章の末に締める言葉として使うことになるので正しい意味でしっかりとお声がけという言葉を使うようにしましょう。

「お声がけ」の敬語表現

「お声がけ」を敬語として使う

お声がけ、という言葉を敬語として使うのであれば、最後に「ください」とつけることです。当然ですがこちらから「お声をかける」ということありません。自分の声に対して「御」とつけることはありませんので、あくまで相手が使う時に「御」とつけることになります。 ですから、敬語として使うときには「お声がけくださいませ」などと使うことになります。敬語表現というのはそんなに難しいことではなく、自分のことを低くして、相手のことを高くするだけでよいのです。 「声をかける」という言葉であれば、敬語にする時には「声」に「御」をつけて、「かける」というのは相手の行動になるのでそのままの形になり、そのあとに「ください」とつけるだけで立派な敬語的な表現として使うことができるようになります。「いつでもお声がけくださいませ」「何かございましたら気軽にお声がけください」と簡単に使えることになるでしょう。

上司や目上の人に対して「お声がけください」を使う場合

上司に対して「お声がけ」を使用する場合

声をかける、ということは社内でも使うこともあり「何かあれば質問して」という意味合いで使うこともあります。「用命する」という意味合いもあるので上司からお声がけを受けることもあります。但し、上司に対して、「いつでもお声がけください」というのはかなり慇懃といえることも多いでしょう。 敬語の難しいことではありますが、常に目上であるから敬語をしっかりと使うことが正しいのかといえばそれは違います。一々業務の時に厳格な敬語を使うべきかはその時々の状況によって違うことになります。「何かあれば声をかけてください」「問題が出てきたら声かけてください」など日常的によく使われる業務上でのシーンの言葉といえるでしょう。

目上の人といってもどの程度なのか、ということにもなります。直属の一つの上の上司であれば厳格な敬語よりも手っ取り早く意図、意味が伝わることのほうが重要視されることも多いです。極端な目上の場合は、きちんと「お声がけください」と使うことがベストなこともあるので、状況によって使い分けることです。但し、ビジネスシーンというのは社内のときも該当することになるので、無難であるのはやはり敬語として使うことです。 ですから、とりあえずいまいちどんな立ち位置で言葉を使うべきかわからないのであれば素直に、「お声がけください」と敬語を使うようにしましょう。

「お声がけ」の類語とは

「お声がけ」の似たような言葉

世の中にはいくらでも似たような意味合いの言葉というのがあります。語彙を増やすことはビジネスにおいても役に立つことが多いでしょうから、「お声がけ」に関しても類語は知っておいたほうがよいでしょう。たとえば、「御呼び」という言葉もありますし「呼び立てる」というのもそうした意味合いになります。 「ご用命」「問い合わせ」なども似たような意味合いですので、上手く言葉として使えるようになっておくべき言葉であるといえるでしょう。また「呼び掛け」もそうですし、「呼びたて」もそうです。意外とお声がけという言葉には類語が多いので知っておくとよいでしょう。

お声がかり

似たような言葉に「お声がかり」というのがあります。これは「お声がけ」とはかなり意味合いが違いますので、使う時には注意しましょう。「お声がけ」というのは、要するに「問い合わされる」「質問される」という意味合いがあるのですが、「お声がかり」というのは「目上の人から抜擢されること」「身分や地位の高い人から特別な処遇や命令を受けること」、ということになります。似たようなイントネーションの言葉ではあのですが、意味合いがまるで違うので、間違って使うことがないようにしましょう。

「お声がけください」のメール例文

「またお願いします」という意味合い

「お声がけください」という文言はメールなどでもよく使うことになります。文末の定形文のようなものであるといえますから、上手く使うことができるようになりますとかなりビジネスメールが引き締まることになります。例としては、 先日はお取引いただきまことにありがとうございました。今後ともよいお付き合いをさせていただけましたらこれ以上ない、幸いにございます。また、○○がご入用となりましたら、是非ともお声がけいただけますよう、よろしくお願いいたします。 といったような形になります。この場合は○○という商品なり物品を購入してもらった側がまた必要になったのであれば是非ともうちに声をかけてください、という意味で使っているわけです。「また取引してくださいね」ということを伝えているわけです。「お声がけください」というのは「またお願いします」という意味合いであり、本当にそう思っているのかどうかはともかくとしてビジネスとしてのスタンダードな締めの文言になります。メールでもよく使うことになるので、上手く利用できるようになりましょう。

ビジネスにおいて「お声がけ」とは

ビジネスとは継続的に取引があることが何より有難いことになります。ですから、一度取引が一端終わったとしてもまた何かあればお声がけください、というのは実にスタンダードな言い方であるといえるでしょう。 また、このように話を進めますので問題があればその都度「お声がけください」ということもあります。これは言葉として使うこともありますし、メールの文言として使うこともあります。ビジネスにおいて非常に頻繁に使うことになるような言葉であるといえますから、意味合いをよく理解しておくことです。 「いつでもお声がけください」というのは気兼ねなく何かあれば聞いてくださいという意味であり、実際にそう感じているのかどうかはともかくとして、まず無難な言い回しであることは確かでしょう。また「声をかける」というのはこちらからすることもあります。但し、さすがにこちらから『声をかけてみた』ということは使うことはないでしょう。ビジネスにおいては『声をかける』はかけられる側がいう言葉であり、する側は『問い合わせ』とかそうした言葉を使うことになるでしょう。言葉というのは自分の立場によって使い方が違う、使ってはいけない言葉もあったりします。 「お声がけ」もそうした文言、言葉の一つであり、あくまでこちらが下手の場合に使う言葉である、としっかり理解しておきましょう。社内で使う場合にもいくらかの注意が必要になります。具体的にいうと上司に使う場合です。敬語として『何かあればお声がけください』というのは正しい言い回しではあるのですがあまりにも社内で使う言葉とは堅苦しいと感じる人も多いからです。 このあたりは社風などによっても違うことになりますから、一概にいえることではないのですが敬語を常に使うことが正しいわけではないとは理解しておきましょう。「お声がけ」という言葉一つでも使い方がいろいろとあり、また使うべきであるのかどうかも色々と違いがあるわけです。

「お声がけ」をしっかりと理解し使用しましょう!

いかがでしたでしょうか。今回はビジネスシーンにおける「お声がけ」について様々な観点からご紹介してきました。社会人にとって正しい言葉を使うことは大切なことだといえます。今回を機に「お声がけ」を正しく使用するようにしましょう。 今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

正しい日本語を使おう!

正しい日本語を使うことで、ビジネスの交渉ごとも円滑に進められますよ。

正しい日本語の使い方
正しい日本語の使い方

関連タグ

アクセスランキング