IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスシーンでの「参考までに」の意味・使い方と例文・敬語表現

更新日:2020年05月31日

敬語

ビジネスシーンでよく使われる「参考までに」という言葉ですが、正しい意味や使い方を理解している方は少ないのではないでしょうか。今回はそんな「参考までに」の意味や使い方を例文を交えてご紹介していきます。もう「参考までに」を使うときに迷う必要はありません。

ご参考までにをスムーズに使うために

まずは社内で積極的に使う

普段の日常会話の中で、ご参考までにを使う機会は少ないでしょう。そのため、まずは、社内のメールで積極的にこの表現を使ってみることをおすすめします。メールの文面に明らかな誤用を書いてしまった場合には先輩が注意してくれるでしょう。繰り返し意識して使っているうちに、やがて、間違えてしまった時に自分自身がその日本語表現に違和感を覚えるようになり、誤用してしまった際に、自分で間違いに気付くようになってきます。メールでの使用に慣れたら、次には話し言葉でも使ってみます。

慣れたら社外でも使用する

ご参考までにをどういったビジネスシーンで使うのかに迷ったら、「参考までに」を使いたい場面で、始めのうちはすべて「ご」を付けて使用することもミスを減らす対策として良い方法です。こうすることで本来敬うべき相手を敬い損ねるという誤りを防ぐことができます。社会人になると、周囲のビジネスパーソンのスムーズなコミュニケーションについ気後れしてしまいますが、初めからビジネスシーンに馴染んだ表現やマナーを体得している人はいないものです。ビジネスシーンでの敬語やマナーに慣れていく過程も、ぜひ、愉しんでください。

もっと詳しく知りたい方はこちらをオススメ

さすが!と言われる ビジネス敬語のルールとマナー
さすが!と言われる ビジネス敬語のルールとマナー

ビジネス敬語の使い方や社会人としてのルールやマナーも学べる一冊です。

初回公開日:2017年05月30日

記載されている内容は2017年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング