IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建築家の年収+建築家になるには(高校/大学など)+独立した際の建築家の年収+日本で有名な建築家+建築家になるにはどうしたらよいか学べる本

更新日:2022年11月18日

職種研究

建築家という職業では、自分の能力を磨くことが収入の増加に直結します。実力次第では、非常に高額な年収を得ることも可能です。 しかし、収入だけを目標に建築家として仕事を続けることは簡単ではありません。 例えば、デザインの構想が浮かばない、納期直前になってから顧客からの設計変更を求められる、など様々な理由で連日徹夜作業を強いられることもあります。またどんな仕事もそうですが、業務内容を一通り覚えれば仕事をしていけるわけではありません。常にアンテナを張り多くの建築に触れ、そこから何かを得て自分の設計思想のブラッシュアップに役立てる、という不断の努力が必要です。身体的にも精神的にも、かなりのタフさが求められる職業なのです。 しかし、そのようにして研鑽を積んだその先には、自分の設計した家やビルが顧客を喜ばせ、さらには周辺の環境や地域社会全体をも活性化させていく、という大きなやり甲斐とロマンが待っています。こうした意味で建築家とは、非常にスケールの大きな夢を描ける職業であるといえます。

初回公開日:2022年11月18日

記載されている内容は2022年11月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング