IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ホテルフロントの志望動機の書き方と例文|未経験/アルバイト/経験者

初回公開日:2017年05月21日

更新日:2020年03月03日

記載されている内容は2017年05月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

ホテル業界、特にホテルフロントの仕事に就きたいと思った時、どのような志望動機があるのでしょうか。たくさんのお客様と接して役に立ちたいなど、人によって様々です。こちらではホテルフロントの志望動機の書き方、例文をご紹介します。ぜひ参考してください。

ホテルフロントの仕事とは

ホテルフロントの仕事とは
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ホテルフロントは、フロントカウンターでお客様を迎えてお部屋やサービスを案内するほか、予約や会計、各種手続きなどを扱う仕事です。フロントにはホテル全体をコントロールする機能が集中しており、ホテルフロントはとても責任のある業種です。また、ホテルフロントは24時間体制で営業しているため、シフト制の勤務形態になります。 こちらの記事では、ホテルの顔であるホテルフロントに就職するための志望動機やその書き方、面接時に気を付けたいポイントをご紹介します。志望動機の書き方などに迷った時、ぜひ参考にしてください。

ホテルフロントの志望動機

ホテルフロントの志望動機
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ホテルフロントの志望動機に限りませんが、志望動機には大袈裟で目立つ内容を書く必要はありません。自分ではごく一般的だと思っている自分自身の特性や経験が、意外にプラスに働くことも多々あります。こちらの記事ではまず、ホテルフロントの志望動機でアピールしたい、アピールできるポイントや、押さえておきたいポイントについてご紹介します。

サービス、接客が好きである

ホテルフロントはいわゆるホテルの顔ともいえる業種です。ホテルに宿泊にいらしたお客様にお部屋やサービスを案内したり、ホテル周辺の情報を提供したりすることもちろんですが、電話対応や、客室やホテル内で発生したトラブルへの対応もしなくてはなりません。いかなる場面でも真摯に対応して、どんなに辛い時や忙しい時でも笑顔でいることが求められます。 そのため、サービスや接客が好きであることは、ホテルフロントの仕事をするにあたって最も大切な要素の一つです。これまでにサービス業や接客業に就いた経験があれば。ぜひとも志望動機でアピールしたいところ。そのような就業経験がなくとも、お客様に「心を込めたおもてなしをしたい」という強い意志を伝えましょう。

サービス業でスキルアップしたい

前述のとおり、ホテルフロントは常に人と接する職業で、どのような場面でもお客様と真摯に向き合うことが求められる職業です。時には知らないことを聞かれたり、外国人のお客様対応をしなければならなかったりする時もあります。ホテルフロントという職業では、接客態度やサービス精神、言語などについて向上心があることがとても大切です。サービス業、接客業に興味があることはもちろんですが、他のサービス業からのスキルアップなど、向上心を持って業務にあたれるような志望動機があれば、ぜひアピールしましょう。

そのホテルで働きたい

ホテルフロントはすべてのホテルに必ずあると言ってよい職種です。多数あるホテルの中で、どうしてそのホテルで働きたいのか、そのホテルにどのような魅力を感じたのか。志望動機には、「そのホテル」のホテルフロントを志望している理由を明確に書きましょう。そのホテルの長所や、他のホテルとは違った特徴など、志望しているホテルを意識した志望動機を考えることが大切です。

ホテルフロントの志望動機の書き方

ホテルフロントの志望動機の書き方
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

次に、ホテルフロントの志望動機の書き方のポイントをご紹介します。志望動機はちょっとしたところを押さえることで魅力的になりますので、それぞれのポイントに気を付けながら書きましょう。

結論から書く

一般的なビジネス文書と同様に、志望動機もまずは結論から述べるようにするとスッキリと読みやすく、伝わりやすくなります。自分が一番強く思っている志望動機をごく簡潔に述べてから、詳細について書くと良いです。

具体的に書く

なぜホテルフロントに就きたいか、なぜそのホテルで働きたいのか、志望動機では具体的に説明することが大切です。志望動機に繋がるこれまでの自分の経験や考えを、できるだけわかりやすく具体的に書きましょう。この時、エピソードをズルズルと長くことは避け、伝えたい要点をピックアップし、簡潔にまとめることが重要です。

関連タグ

アクセスランキング