IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディーラーの志望動機の書き方と例文|自動車/営業/美容など

マネジメント

ディーラーの志望動機を書いてみたいが、どのように書いたらいいのか分からなくて悩んでいませんか?カーディーラーの志望動機の例文から転職理由、志望動機の書き方、採用担当の目に止まるような志望動機の書き方のポイントを確認していきましょう。

更新日時:

ディーラーの志望動機の書き方

ディーラーといっても一口にさまざまな職種があります。自動車のカーディーラーや営業のディーラー、整備士のディーラー、受付、事務、美容などたくさんの職種があります。一般的に知られているディーラーは自動車のカーディーラーが有名です。カーディーラーのほとんどは、自動車メーカーの直営ディーラーだったり、特約店だったり、取扱業者のことを指します。

基本的には、美容系も営業も整備士などのディーラーも意味としては同じ販売業者のことをいいますが、業界によっては販売全般のことをディーラーと呼ぶ場合もあります。 ディーラーの志望動機の書き方のポイントで共通しているのは、全て販売店だということです。商品に対する想いや使用して役に立ったなどのエピソードを盛り込むと「あ、この人は我が社の商品が本当に好きなんだな」と思ってくれるはずです。しかし、志望動機としてはただ好きなだけでは動機としては弱い為、実体験や商品の魅力を書くことによって動機への位置づけを行うことが大切です。

カーディーラーと営業の志望動機の書き方

カーディーラーは自動車を売る専門となりますので、まずは各メーカーの商品がどれだけ好きなのか、またどのようなところが好きなのか、なぜ自分の自動車メーカのカーディーラーになろうと思ったのかなど、注目してもらいたいポイントを書きましょう。 また、カーディーラーになるにはショールームで営業をして売るのはもちろんのことですが、個人宅や企業をまわっての営業もすることになります。そのため、ただショールームにポツンと立って接客をするだけではなく、お客さんの要望をしっかりと聞けるようなコミュニケーション力が求められます。

ディーラー整備士の志望動機の書き方

自動車ディーラーと比べて、ディーラー整備士は志望動機が少し違ってきます。カーディーラーに共通している「車が好き」という気持ちは同じですが、何よりもディーラー整備士の場合は「車をいじるのが好き」という気持ちもなければやっていけないような仕事です。 そのため、志望動機には「車をいじるのが好きで、御社の商品が一番です。貴社の商品をもっと多くの人に安全に乗って頂きたい。」などの志望動機を動機として書くと説得力のある志望動機になるはずです。

ディーラー受付事務の志望動機の書き方

ディーラーの受付事務は主にショールームでの勤務がほとんどです。やはり玄関の顔とも言うべき存在のため、高いコミュニケーション力と笑顔いっぱいの接客やお客さんの要望を聞けるような受付事務になれることが望ましいでしょう。たとえディーラーの受付事務は未経験であっても、車の良さをもっと広めていきたいという想いと、仕事を一日でも早く覚えられるように頑張るという気持ちを志望動機にはぶつけていきたいものです。

美容ディーラーの志望動機の書き方

美容業界にもディーラーというものが存在しており、カーディーラーと違うところは販売する商品が『化粧品』であるというところです。しかし、ただ『メイクが好き』『化粧品が好き』という理由だけでは厳しい仕事となります。そのため、接客業に対しての興味や人を喜ばせる仕事がしたいという気持ちをぶつけなければ、非常に難しい仕事ではあります。 特に特定の化粧品メーカーなどに就職がしたい場合は企業研究が念入りに必要になってきます。やはり、面接やESなどで「我が社の化粧品で好きな箇所を上げてください」とか「CMやポスターなどを見てどう思いましたか」など突っ込まれた時には志望動機と織り交ぜて答えなければなりません。

そして、ただその化粧品メーカーの商品を褒めているだけでは意味がありません。自分はこの化粧品が良いと思った、そして「ここを改善したら良いなと思った」などの自分の意見もいれた志望動機を書くといいでしょう。また、自分が使ってみて「ここが改善した」「肌がキレイになった」などの実体験も織り交ぜると志望動機の印象は良くなるはずです。 美容ディーラーは化粧品だけでなく、美容室向けのシャンプーなどの販売を行うディーラーもいます。そのため、美容師から美容ディーラーに転職する人もいるようです。

ディーラーの転職理由

ディーラー職は何かとノルマがきついとかお客さんの電話が一日中なりっぱなしなど、土日祝日であっても冠婚葬祭でない限りはなかなか休めないという理由で転職を考えている人も少なくはないそうです。 確かにディーラー職は商品を売るのが仕事なので、一ヶ月は上半期に売るノルマが存在します。しかし、商品をたくさん売り込まなければならないため、ノルマが多い、キツいと感じる人がディーラーからの転職を考える理由にもなります。

また、人によっては「今買うのが一番オトクですよ」(ステマ)など、お客さんを騙している感がある、同僚や後輩先輩とのお客さんの取り合いになるなどの負い目を感じていて転職してしまう人もいるようです。どちらにせよ、ディーラーから転職を考える人は、よっぽど商品が好きで、広めたいという気持ちを持たなければ難しい職種ともいえるでしょう。

ディーラーの志望動機例文

では、早速ディーラーの志望動機を書いてみましょう。しかし、ディーラーの志望動機といってもニュアンスが掴めない、どんな感じに書いたらいいのか分からないと悩んでいる人もいるでしょう。そこで、志望動機の例文をいくつかご用意しましたので、ぜひディーラーの志望動機を考える際にお役立て下さい。

自動車(営業)の志望動機例文

『カーディーラーの仕事は本当に人々を喜ばせる良い仕事だと思っております。 車は非常に高価なショッピングです。ですが、 それはお客様にとって大きな決断ともいえるでしょう。その上で納得できるまで考えていただきたいのです。それでも、私は自信を持って●●の製品をお勧めしたいです。お客様への完全サポートができるディーラーの仕事はとても魅力的であると考えております。お客様が納得して乗って頂けるような接客を心がけていきたいです。』

整備士の志望動機例文

『私は昔から貴社の自動車製品が好きで、いつか貴社の整備士になりたいと思うくらいでした。学生時代には趣味ですが、貴社の製品を参考に自分の考える自動車の設計図を書いたこともありました。 貴社の製品は安全かつお客様への対応が素晴らしく、それが社会への貢献になっているのだと深く関心しております。私も全てのお客様に貴社の自動車製品に安全に乗って頂きたい、長く愛用していただきたいと思います。 整備士としては未経験ではありますが、長年勉強をしてきたことには自信を持っておりますので、持ち前の努力とともに貴社に貢献していきたいと思っております。』

受付事務の志望動機例文

『アルバイトとして接客業を3年間しておりました。そして、昨年自動車免許を取得したため、自動車のことにも興味を持ちました。接客業のスキルを活かし、自動車の良さを広めていきたいと考えていたところ、貴社の求人に目が止まりました。 貴社の自動車製品は私のような自動車免許を取得したばかりの人にも運転がとてもしやすい為、もっと多くの人々に貴社の製品の良さを知ってもらいたい、広めたいと思い、志望いたしました。自動車の知識などはまだ未経験ではありますが、一生懸命勉強をし、一日でも早く仕事をこなせるよう頑張りたいです。』

美容の志望動機例文

『全てのお肌に悩めるお客様に私は貴社の商品を使って頂きたいなと思っております。私が貴社の製品を使い始めたのは、友人の勧めからでした。最初は顔の吹き出物が治らず、とても困っていたのですが、貴社の商品を使用し始めた時から吹き出物がほとんどなくなり、救われました。 私自身、学生時代から続けている接客業をしておりますので、コミュニケーション力とヒアリング力には自信があります。接客業のスキルと貴社の商品を広めていきたい、私が救われたように多くの悩める人に使って頂きたいという思いから、応募させて頂きました。』

ディーラーの志望動機で見られるポイント

ディーラーの志望動機を書いたとしても、採用担当の目にとまるような志望動機が書けなければスルーされるのは当たり前のことです。なるべく、採用担当が「お、この人に会ってみたいな」と思えるような志望動機を書けるように心がけたいものです。そこで、採用担当がディーラーの志望動機で見ているであろうポイントをいくつかご紹介しましょう。

ポイント1:商品が好きだけでは動機にはならない

ディーラー職に就く以上商品が好きで商品知識がなくてはやってはいけませんが、商品に対しての情熱だけでは明確な動機とは見られません。どうしてその商品が好きなのか、なぜその企業の商品でないとダメな理由も書くことが大切になってきます。

ポイント2:その企業でどんな仕事がしたいのか

このポイントはディーラー職だけでなく、全ての企業においても重要なポイントです。その企業に入ったらどんなことをしてみたいのか、また、どんな仕事をしていきたいのかなど書いてみることが大切です。そうすれば「この人はよっぽどうちで働きたいんだな」と熱意が伝わるはずです。

ポイント3:自分の経験やスキルがどう仕事に活かせるのか

このポイントも全ての企業では採用担当がよく見ているポイントで簡単に言ってしまえば「あなたの得意なことはなんですか」「それがどんなふうに我が社で活かせるのですか」ということが知りたいのです。具体的には、企業がどんな人を求めているのかを研究し、その企業が求めている経験やスキルを書くことによって、採用担当の目には止まりやすいのでしょう。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング