IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

精神科の志望動機の書き方と例文|医療事務・薬剤師など職種一覧

更新日:2022年08月01日

書類選考・ES

精神科は最近では求人も多く募集しているため、が出ている職種です。精神科の求人に興味はあるけど、どういった志望動機を書けばいいのか分からないという人もいるはずです。この記事では、精神科の志望動機の書き方やチェックしていきたいポイントをご紹介いたします。

精神科の医療事務

精神科の医療事務は、他の診療科目と同じく、医療事務の資格が必要になってきますが、一度取ってしまえば、オールマイティーに使える職種でもあります。精神科の場合、患者さんが精神的に怒っていたり、コミュニケーションが取りづらいという場合もあります。その為、ある程度のコミュニケーション力や患者さんに対する対応力が求められるでしょう。医療事務のスキルに加え、コミュニケーション力や人が好きなどのアピールをすることを方針づけて志望動機を書いていきましょう。

精神科の薬剤師

薬剤師は正確性が求められる仕事です。薬の分量や処方量を間違えたりするだけで大惨事になる可能性も出てくる仕事です。きっちりと正確性のある性格であることや、薬剤師の免許、スキルをアピールすることを考えた上で志望動機を考えていくと書きやすいでしょう。

精神科の作業療法士

作業療法士は、国家資格が必要な仕事です。精神科での作業療法士は、患者さんに対してのリハビリテーションなどを行います。そのため、国家資格が必要であるとともに、作業療法士の資格が取れる専門学校などを卒業しなければなりません。しかも、作業療法士の資格の難易度は誰でも取れるような甘い資格ではないことを覚悟の上で、しっかりと勉強していくことがとても重要になってきます。

資格以外での、適正条件は、「自分が人を助ける」という気持ちを強く持っているということです。特に精神科に来る患者さんは常に不安であることが多く、薬を処方してもらったり、精神障害と日々闘い続けています。自分も一緒に闘う気持ちで仕事に向き合えるという心構えを志望動機ではアピールしてみましょう。

精神科の管理栄養士

食事に関する管理栄養士は、作業療法士など特別な資格が必要となってきます。それ以外は、精神病の患者さんのことを考えた上での栄養管理ができなければ務まる仕事ではありません。食についての勉強をしていることはもちろん、人の気持ちや人のことを常に考えられるような人であること、コミュニケーション力が活かせるということをアピールすると、志望動機はとても書きやすくなるでしょう。

精神科の看護師

精神科の仕事で募集が多いのが精神科の看護師です。看護師は病院全般でも転職が可能な為、オールマイティーに働ける職種です。特に今のニーズが高めな精神科では求人が多いでしょう。患者さんに対してのコミュニケーション力や患者さんによっては、起伏が激しいなどの人もいるので、様々な人への対応力も求められる職種です。特に精神科は人が好きでないと難しいので、そういった人との繋がりが好きであることも志望動機としてのアピールに入れてみてもいいでしょう。

精神科の医師

医師になるには、まず医学系の大学の進学や勉強をしてこなければなりません。特に精神科医は、精神医学や心理学など幅広い知識や技法を学ばなければなりませんので、生半可な気持ちでは就職はできないでしょう。特に精神科の医師は患者さんの気持ちをしっかりと汲み取ることが必須だと言ってもいいほど、難しい仕事ですので、そういった患者さんへの気持ちを考えられるなどのPRを考えてみることも大切です。

精神科の受付

精神科の受付は、患者さんと一番最初に接する職種です。やはり、気が滅入ってうまく説明できない患者さんもいれば、何を言っているのか支離滅裂な患者さんも来るのが精神科の受付の特徴です。特に医療事務以外では、これといった医療資格を取る必要がないので、未経験でも募集をしているところがあるでしょう。接客の経験などがあればそういったことをアピールしてみましょう。

精神科の看護助手

受付と同じく、特別な医療資格を必要としないことが多い看護助手は比較的の職種でもあります。ただ、受付や看護師と同じく患者さんと接する機会が多いのも、看護助手の特徴です。そのため、患者さんに一々イライラしないとか、患者さんに一々気を滅入らせないような強い心と人を助けるという気持ちを持った心構えをアピールしていくことが大切になってきます。 精神科関係の求人に応募しようと志望動機を考えている方は、就職や転職のプロでもあるキャリアアドバイザーに志望動機を添削してもらうといいでしょう。しっかりとプロの目線で的確なアドバイスをもらうことができます。

自分に合った精神科の職に就こう

いかがでしたでしょうか。精神科の職種にも看護師や医師の求人だけでなく、受付や作業療法士、薬剤師、栄養管理など様々な職種があることが分かりましたね。医師や作業療法士など、専門学校などで勉強をして、取得しなければならない職種もありますが、受付や看護助手など、医療資格を持っていなくても就職できる職種もあります。 志望動機は経験者視点での例文が多いので、未経験者には参考にしづらいかもしれません。ただ、精神科の志望動機の場合は「こんなふうに書けばいいんだ」と理解するだけでもいいのです。あれも、これもと志望動機の書き方を観ていくうちに「こんな書き方をすれば採用されるかもしれない」という採用者の気持ちも見えてくるかもしれません。

次のページ
初回公開日:2017年05月17日

記載されている内容は2017年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング