IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

精神科の志望動機の書き方と例文|医療事務・薬剤師など職種一覧

書類選考・ES

精神科は最近では求人も多く募集しているため、人気が出ている職種です。精神科の求人に興味はあるけど、どういった志望動機を書けばいいのか分からないという人もいるはずです。この記事では、精神科の志望動機の書き方やチェックしていきたいポイントをご紹介いたします。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

精神科の志望動機の書き方

現在、精神科では社会人の15人に1人と何らかの精神病で通っている人が多く、看護師や医療事務など、人手不足の為求人のニーズがあることで人気の職業です。とはいえ、精神という曖昧な人間の部分を扱う診療科目なので、前職での経験を活かしてというよりも、どれだけ患者さんへの気持ちに寄り添えるのか、温かい働き方ができるかが志望動機に組み込むポイントとなるでしょう。

精神科に来る患者さんの多くは、うつ病だったり、なんらかの精神障害を持っていたりとあまり適当に対応できないような患者さんも来院したりします。その中で、いかに患者さんに寄り添うことができるのか、高いコミュニケーション能力と対応力が求められる職業でもあります。

また、精神科の採用担当者になった気持ちで志望動機を書くことも大切です。なぜなら、自分ならどういう人を採用するのか。自分ならこの看護師を採用したい、こういう人材が欲しいなど色々と考えてみましょう。今の自分のスキルやできることを求人と比較して考えてみましょう。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

精神科の志望動機例文

精神科の志望動機の書き方のポイントは何となく掴めましたでしょうか?それでは、実際に精神科の志望動機を作成するにあたってまずは志望動機の例をチェックしてみましょう。自分がいざ書くこととなった時、精神科の志望動機はこう書けばいいんだというニュアンスや雰囲気が分かるので、多少はスムーズに書くことができるでしょう。

志望動機の多くは「なぜ自分はその精神科のクリニックで働きたいのか」「そのクリニックでどんなことができるのか、活かせるのか」「将来はそのクリニックでどんな働き方をしてみたいのか」この3つのポイントを踏まえながら、志望動機を作成してみましょう。 

履歴書の志望動機(精神科クリニック編)

「前職では違う診療でしたが、常日頃から患者様への気配りをモットーとしております。ある時、精神病を持った患者様が来院されたことがありました。私にとって 精神病の人を受け入れるのは初めてのことであり、投薬の難しさと患者情報の収集は深刻でした。 しかし、経験豊かな看護師として、私は精神医学について非常に看護師として得るものが高い仕事だと考える機会を得ました。そのため、細やかな患者様との接客、そして十分に整った設備など、精神科クリニックとしてクオリティの高い貴院での勤務が安定していると考え、応募させて頂きました。」

面接カードの志望動機(大学病院など編)

「貴院は精神科について力を入れておられ、患者様への自立的な支援指定病院にも登録をされておられるため、精神科を学んでいく上でもぜひ貴院で働かせて頂きたいと思いました。私は精神医学の経験はありませんが、将来的には、患者様に寄り添い、信頼されるような看護師として広く成長し、貴院にてそのスキルを活かしたいと考えております。」

面接時の精神科の志望動機

「私は誰かの助けとなれるような人を目指しております。その中でも、精神科という診療科目を選んだ理由は、辛い時や不安な時、誰かのそばにいてほしい人がいるということです。来院される患者様は常に不安や辛い気持ちと闘っておられる方が多いと思います。そのような時でも、優しく寄り添い、患者様からの信頼のおける貴院でなら私らしい働きかたができると感じ、志望いたしました。」

職種別の志望動機のコツ

精神科の志望動機を書こうと思っても、看護師の応募を考えている人が多く、精神科の他の職種に対しての志望動機は少ないです。そこで、精神科の職種別に志望動機の書き方のポイントをご紹介いたします。ぜひ、精神科の求人でお考えの方は、参考にしてみてください。

精神科の医療事務

精神科の医療事務は、他の診療科目と同じく、医療事務の資格が必要になってきますが、一度取ってしまえば、オールマイティーに使える職種でもあります。精神科の場合、患者さんが精神的に怒っていたり、コミュニケーションが取りづらいという場合もあります。その為、ある程度のコミュニケーション力や患者さんに対する対応力が求められるでしょう。医療事務のスキルに加え、コミュニケーション力や人が好きなどのアピールをすることを方針づけて志望動機を書いていきましょう。

精神科の薬剤師

薬剤師は正確性が求められる仕事です。薬の分量や処方量を間違えたりするだけで大惨事になる可能性も出てくる仕事です。きっちりと正確性のある性格であることや、薬剤師の免許、スキルをアピールすることを考えた上で志望動機を考えていくと書きやすいでしょう。

精神科の作業療法士

作業療法士は、国家資格が必要な仕事です。精神科での作業療法士は、患者さんに対してのリハビリテーションなどを行います。そのため、国家資格が必要であるとともに、作業療法士の資格が取れる専門学校などを卒業しなければなりません。しかも、作業療法士の資格の難易度は誰でも取れるような甘い資格ではないことを覚悟の上で、しっかりと勉強していくことがとても重要になってきます。

資格以外での、適正条件は、「自分が人を助ける」という気持ちを強く持っているということです。特に精神科に来る患者さんは常に不安であることが多く、薬を処方してもらったり、精神障害と日々闘い続けています。自分も一緒に闘う気持ちで仕事に向き合えるという心構えを志望動機ではアピールしてみましょう。

精神科の管理栄養士

食事に関する管理栄養士は、作業療法士など特別な資格が必要となってきます。それ以外は、精神病の患者さんのことを考えた上での栄養管理ができなければ務まる仕事ではありません。食についての勉強をしていることはもちろん、人の気持ちや人のことを常に考えられるような人であること、コミュニケーション力が活かせるということをアピールすると、志望動機はとても書きやすくなるでしょう。

精神科の看護師

精神科の仕事で募集が多いのが精神科の看護師です。看護師は病院全般でも転職が可能な為、オールマイティーに働ける職種です。特に今のニーズが高めな精神科では求人が多いでしょう。患者さんに対してのコミュニケーション力や患者さんによっては、起伏が激しいなどの人もいるので、様々な人への対応力も求められる職種です。特に精神科は人が好きでないと難しいので、そういった人との繋がりが好きであることも志望動機としてのアピールに入れてみてもいいでしょう。

精神科の医師

医師になるには、まず医学系の大学の進学や勉強をしてこなければなりません。特に精神科医は、精神医学や心理学など幅広い知識や技法を学ばなければなりませんので、生半可な気持ちでは就職はできないでしょう。特に精神科の医師は患者さんの気持ちをしっかりと汲み取ることが必須だと言ってもいいほど、難しい仕事ですので、そういった患者さんへの気持ちを考えられるなどのPRを考えてみることも大切です。

精神科の受付

精神科の受付は、患者さんと一番最初に接する職種です。やはり、気が滅入ってうまく説明できない患者さんもいれば、何を言っているのか支離滅裂な患者さんも来るのが精神科の受付の特徴です。特に医療事務以外では、これといった医療資格を取る必要がないので、未経験でも募集をしているところがあるでしょう。接客の経験などがあればそういったことをアピールしてみましょう。

精神科の看護助手

受付と同じく、特別な医療資格を必要としないことが多い看護助手は比較的人気の職種でもあります。ただ、受付や看護師と同じく患者さんと接する機会が多いのも、看護助手の特徴です。そのため、患者さんに一々イライラしないとか、患者さんに一々気を滅入らせないような強い心と人を助けるという気持ちを持った心構えをアピールしていくことが大切になってきます。 精神科関係の求人に応募しようと志望動機を考えている方は、就職や転職のプロでもあるキャリアアドバイザーに志望動機を添削してもらうといいでしょう。しっかりとプロの目線で的確なアドバイスをもらうことができます。

自分に合った精神科の職に就こう

いかがでしたでしょうか。精神科の職種にも看護師や医師の求人だけでなく、受付や作業療法士、薬剤師、栄養管理など様々な職種があることが分かりましたね。医師や作業療法士など、専門学校などで勉強をして、取得しなければならない職種もありますが、受付や看護助手など、医療資格を持っていなくても就職できる職種もあります。 志望動機は経験者視点での例文が多いので、未経験者には参考にしづらいかもしれません。ただ、精神科の志望動機の場合は「こんなふうに書けばいいんだ」と理解するだけでもいいのです。あれも、これもと志望動機の書き方を観ていくうちに「こんな書き方をすれば採用されるかもしれない」という採用者の気持ちも見えてくるかもしれません。

特に就職においての志望動機は、ほとんどの場合共通していること、志望動機の動機としての理由を知りたいということはどの会社でも、精神科でも同じことを聞いてきます。その中で、「自分はどのように働きたいのか」「何の為に働くのか」「自分はその会社でどう成長していきたいのか」などを自己分析をして明確にすることによって、志望動機の書き方のコツをつかみやすくなります。

特に精神科は、患者の種類によっては精神の強さや安定さを求められることが多い業種です。なぜなら、精神科に通っているような患者さんは、みんな精神が不安定な人がほとんどです。あまりにも症状がひどいと「自分は正しい」と思いこんで看護師などの対応を受け付けないという人もいたりします。 そうした中でも患者さんに合わせた対応をすることが求められるため、多少なりとも我慢や精神の強さを必要とする業種であることを認識しておくことが大切です。どの職種にもいえることですが、ただ「単純に仕事に興味があったから」「ここで働きたいと思ったから」という平凡な理由では採用者の目には止まることはないでしょう。人の気持ちを常に考えられる優しく臨機応変な人材を精神科はニーズが大きいと考えられるでしょう。

精神科は診療科目や扱う病気の都合上、どうしても精神的障害を持った患者さんや手に負えないような精神障害を起こす患者さんがいるのがなかなかネックな職業です。それでも、人を助けるという気持ち、患者さんを不安にさせないという気遣いのできる良い仕事ができる人なら、精神科への就職を目指すことは適正であると考えてもいいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング