IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

精神科の志望動機の書き方と例文|医療事務・薬剤師など職種一覧

更新日:2022年08月01日

書類選考・ES

精神科は最近では求人も多く募集しているため、が出ている職種です。精神科の求人に興味はあるけど、どういった志望動機を書けばいいのか分からないという人もいるはずです。この記事では、精神科の志望動機の書き方やチェックしていきたいポイントをご紹介いたします。

特に就職においての志望動機は、ほとんどの場合共通していること、志望動機の動機としての理由を知りたいということはどの会社でも、精神科でも同じことを聞いてきます。その中で、「自分はどのように働きたいのか」「何の為に働くのか」「自分はその会社でどう成長していきたいのか」などを自己分析をして明確にすることによって、志望動機の書き方のコツをつかみやすくなります。

特に精神科は、患者の種類によっては精神の強さや安定さを求められることが多い業種です。なぜなら、精神科に通っているような患者さんは、みんな精神が不安定な人がほとんどです。あまりにも症状がひどいと「自分は正しい」と思いこんで看護師などの対応を受け付けないという人もいたりします。 そうした中でも患者さんに合わせた対応をすることが求められるため、多少なりとも我慢や精神の強さを必要とする業種であることを認識しておくことが大切です。どの職種にもいえることですが、ただ「単純に仕事に興味があったから」「ここで働きたいと思ったから」という平凡な理由では採用者の目には止まることはないでしょう。人の気持ちを常に考えられる優しく臨機応変な人材を精神科はニーズが大きいと考えられるでしょう。

精神科は診療科目や扱う病気の都合上、どうしても精神的障害を持った患者さんや手に負えないような精神障害を起こす患者さんがいるのがなかなかネックな職業です。それでも、人を助けるという気持ち、患者さんを不安にさせないという気遣いのできる良い仕事ができる人なら、精神科への就職を目指すことは適正であると考えてもいいでしょう。

初回公開日:2017年05月17日

記載されている内容は2017年05月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング