IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

昇進祝いのメール例文|社内・上記メールを上司に送るときのポイント

初回公開日:2017年06月19日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年06月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

同僚や上司が昇進した場合など、昇進祝いのメールを送る機会が必ずあるはずです。どんな言葉を送れば良いのか知っていますか?今回は、昇進祝いのメールを送る時に気をつけるべきポイントや昇進祝いメールの例文を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

上司への昇進祝いメールを送るには?

社内メールは話している時のように

メールの良さは、書き言葉を話し言葉のように書いて送ることです。堅苦しさを感じさせずに、話しているときのような気軽さで親しみを感じることができる、それをスピーディーに伝達できるところがメールの魅力です。しかし、昇進祝いを送る相手が上司やクライアントの場合は、メールでも適切な距離感を保って丁寧な言葉使いを心がけるべきです。

喜びや心遣いが伝わるように

昇進祝いメールは送る側の喜び、思いやりが伝わるように、「おめでとうございます」だけではなく、過不足のない長さの文章で心を込めて書きましょう。

誤解を招かぬように

相手に誤解をさせてしまうような表現は避けましょう。「先ず取り急ぎ」というのは常套文句ではありますが、「それなら、先ず取り急がない次回は何かしてくれるのだろうか」と、思う人もいるかもしれません。

昇進祝いメールには適切な言葉を選ぶ

簡潔な方が喜ばれる時も

昇進祝いなのに、「おめでとうございます」だけでは言葉が足りないという見方もありますが、「おめでとうございます」だけで昇進祝いの言葉は充分に嬉しいというかたもいるので、相手との仲の良さや相手の性格などを考慮して、臨機応変に対応するのがベストということになります。

昇級の場合

「○○課長、部長へのご昇進おめでとうございます」この時、課長は不必要です。「○○部長、ご昇進おめでとうございます」になさってください。

昇進祝いメールで喜ばれるメッセージ

日頃の精進、活躍の賜物

この昇進は当然の結果である、ということを強調しましょう。「日頃のご活躍が正当に評価され大変嬉しく思っております」「この昇進は、これまでの人望、実績による当然の結果だと拝察いたします」など、日頃の努力や成果を褒められて嫌な人はいません。「おめでとうございます」以外に一言添えるだけで、受け取る側は印象が異なるはずです。

昇進祝いメールで自分をアピール

ちょっと売ってみましょう

とても仲の良い同僚や可愛がってくれている上司が昇進した場合、アピールする一言を加えるのも手です。 「今後とも可愛がっていただきますよう、お願い申し上げます」 「引き続き、今までのようなお引立てをよろしくお願い申し上げます」 「今後もお心にかけていただきますようお願いする次第です」 「ますますお忙しくなると思いますが、お身体にはくれぐれもお気をつけください」 「これからも、何卒ご指導を賜りたくお願い申し上げます」 ただし、押しが強かったり、率直すぎる言い方での昇進祝いだと、いやらしく感じる人の方が多いので細心の注意を払いましょう。

お祝いの気持ちが伝わる昇進祝いメール

関連タグ

アクセスランキング