IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

分け隔てなく他人に接する人の特徴と性格・自己PRに結びつける方法

初回公開日:2017年05月31日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

別け隔てなく接するという事は、相手の職業や容姿、境遇等によって差別をしない、他者と扱いを変えないという意味です。主に教育・福祉で用いられ、「難民キャンプ等のボランティア」に参加した経験を含む自己PRにも使えます。別け隔てなくを使った自己PRを紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

別け隔てなく接することが出来ることをアピールする

自己PR:難民キャンプ等のボランティア参加経験

別け隔てなく接するという事は、相手の職業や容姿、境遇等によって差別をしない、他者と扱いを変えないという意味です。主に教育・福祉の現場で用いられる言葉であり、その事から「難民キャンプ等のボランティア」に参加した経験を含む自己PRにも使えます。例えば「学生時代に海外の難民キャンプボランティアに参加した時、境遇や身分でその人の性格や価値観を決めつける事は良くないと悟りました」等です。 治安の悪い地域に住んでいる人々は、本人は何もしなくともその地域にいる、または国柄から「凶暴そう、盗みを働きそう」と差別される事があります。しかし、実際に別け隔てなく接してみれば、「そういった場所に仕方なく住んでいるだけで、本人達が悪い事をしている訳ではない」という事が解ります。 こうした別け隔てなく接した経験談を「別け隔てなく接する事で真の人間性に気が付いた」というように自己PRしましょう。海外ボランティアの経験も語れる上に別け隔てなく接する事が自己PRにも繋がるので、一石二鳥です。

自己PR:サークル活動での経験

「学生時代所属していたバレー部にはリーダーがおりましたが、私は一部員として他の部員と別け隔てなく接する事がチームの力を引き出すと知りました」というものです。 チームのリーダーだけが部員をまとめようとするのではなく、部員の1人1人が他の部員と別け隔てなく接する事でチームの絆がより強固なものになります。全国大会へ出場した経験のあるサークルであれば、面接官にも努力を自己PRできるのでおすすめです。 「この経験から会社の仲間と別け隔てなく接する事こそ、個々のモチベーションアップにも繋がり、それがより良い仕事を作るのだと感じます」とまとめてもいいでしょう。

自己PR:過去のアルバイト先での経験

「レストランでの接客アルバイトをしていた時、そのアルバイト先にお越し下さるお客様だけではなく、同僚とも別け隔てなく接するようにしていました」と話します。 続けて「お客様を見た目で判断せず別け隔てなく接する事、同僚と別け隔てなく接する事で従業員全体の士気が上がる事に、働いている内に気づいたのです。」としましょう。 アルバイトの経験は一番自己PR例に出しやすいでしょうし、別け隔てなく接する事でお客様に好かれ売り上げが上がった等とアピールするのもおすすめです。責任感・協調性・人間性を自己PRできるのが「別け隔てなく接する事ができる」という性格なのです。 別け隔てなく接することが出来ることを上手にアピールすることで、企業から好印象を持ってもらえるようにしましょう。しっかりと自分の強みをアピールする術を学びたい方はエージェントを利用してみましょう。

別け隔てなく接する方法

見た目や噂で決めつけない

別け隔てなく接するには、人を顔や体型といった見た目、家柄や生まれた場所、国籍、職業等で勝手に判断してはいけません。 また、「こんな噂が流れているからきっとそんな人なんだろう」と噂話に流される事も禁物です。「怖い顔つきをしているけれどシャイなだけで優しい心の持ち主」、「仕事が出来ない人だと噂があるけれどそれは根拠のないもの」という事もあるのです。 相手を見た目や聞こえてくる噂話で「こうだ」と既成概念を持つ、その人を勝手に決めつけてしまう事では別け隔てなく接するのは難しくなります。

とりあえず話してみる

別け隔てなく接しようと思ったら、まずは相手の事を知る必要がありますので、取りあえず話しかける事から始めましょう。ちょっとした事から誤解をされてしまい、変な噂を流されている人もいますし、他の同僚や上司から嫉妬され孤立させられている人もいます。伝え聞きで相手を評価してしまうよりも、自分で見て・聞いて・体験した事から相手を判断する方が良い関係を築けるでしょう。

デメリットを怖がらない

例えば、あまり良い噂を聞かない顧客と知り合ったとしましょう、その顧客には「関わると損をする」という噂が流れています。しかし、その噂の正体は、「高額契約を気前よく結んでくれるものの、条件を色々と提示してくる」という事だったとしましょう。こういった場合の噂の出どころは「条件によって損をした気持ちになったネガティブな取引相」である事が多いのですが、会社としては気前の良い顧客は大切です。 デメリットがあったとしてもメリットと比較し、明らかにメリットの方が大きいと感じたならば別け隔てなく接して得を取りましょう。

関連タグ

アクセスランキング