IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

実績とは?意味と類語・実績を上げる方法・実績報告書の書き方

言葉の意味

皆さんは「実績」についてしっかりと理解できているでしょうか?今回そんな「実績」について意味や類語から実績を上げる方法、実績報告書の書き方についてなど様々な角度からご紹介していきます。しっかりと「実績」を積み上げ自分の自信に繋げましょう。

更新日時:

実績とは?

実績の意味

実績の意味は「実際に現れた功績、または成績」です。これは過去に測定された「成績」を指す時に使われることが多いです。主に仕事に関して使われ、仕事上の実際に示した成果、良い成績が積み重ねられたものです。これは「良いか」「悪いか」ではなく、「あるか」「ないか」または「どのくらいあるのか」で評価されます。 そして「将来の実績を予測する」という言葉が不自然であるように、過去に実現した成績であることが分かります。念のために「成績」の意味は「出来のよさ・成し遂げた仕事や事業の出来ぐあい、結果またはその評価」です。

実績の類語

似た意味がたくさんあるので注意しましょう。 ・事績 人が成し遂げた仕事、業績のこと ・業績 事業や研究などで成し遂げた実績のこと ・足跡 人が残した業績、成し遂げてきた仕事のこと ・功績 立派な働きで優れた成果のこと

色々な実績の例文

・実績を残した営業マンの共通点は人脈にあった。 ・着実に実績が上がるように、人間関係作りから始めよう。 ・仕事で出世するには実績を出すことが重要です。 ・輸入車の販売実績が上がらない。 ・実績が認めらないので会社を辞めたい。 ・信頼できる会社はこれまでの実績がものをいう。 ・このコンペでは過去の実績が問われる。 ・あなたの実績を踏まえて決定します。

実績を上げる方法とは?

実績を上げるには?

・営業マンの場合 実績を上げたいがためにお客に押し売りをしたり、オーバートークで詐欺まがいな発言をして無理やり買わせたりするのは、一時的には売り上げになるかもしれませんが、実績には繋がりません。実績は積み重ねていくものなので、継続的に成績を上げなければいけません。 営業マンの場合、“自分”と“商品”に自信を持ってください。自分は出来る人間なのでうまくできる!やれる!という自信を強く持ってモチベーションを高くすると、仕事は不思議とうまくいくものです。少し失敗しても、もう二度と自分は失敗しないから大丈夫、という自信があるとへこたれませんね。この自信が、実績に繋がっていきます。 そして、営業として売ろうとしている「商品」にも自信を持ってください。粗悪品でなければ、絶対の自信を持って売れるはずです。まず、お客の幸せ・メリットになるものを売ろうとしていることを忘れない。そのメリットに気づかせてあげるのが難しいと思いますが大切な役目です。お客の立場になって、どんな良いことがあるか?生活がどう変わるか?親身になって考えてあげると一緒に気づけます。 そして少し抵抗されたくらいで引き下がらない、諦めないでください。その時点で商品と自分のことを信じていない事になります。最後まで諦めないで自分の全てを伝えると、きっと営業実績が上がります。

実績が上がらない原因

頑張っているのに実績が上がらない理由、それは力の入れどころが間違っている可能性があります。深夜遅くまで残業をしたり、付き合いの飲み会には必ず顔を出していたり、自分の時間を割いて頑張っているつもりです。でもそれは仕事には繋がりず会社の中の組織の為に頑張っているだけであって自分の力になっていません。きちんと実績を作るために営業活動の本を読んで勉強をし、コミュニケーション能力を高める努力をしましょう。

実績報告書の書き方とは?

実績報告書の書き方

具体的なフォーマットが無いので作成するのは最初は困難でしょう。 それぞれの会社で作った雛形があれば良いですが、無ければ自分なりに作ってみましょう。実績報告書を上司に提出する際は、一目で状況が分かるように見やすい報告書を作るようにします。基本的な構成を組み立てて、大まかな内容を決めます。 1.概況 まず実績の背景となる社会動向や経済状況を記載することによって、客観的に実績の原因を分析します。例えば、同業他社が近くに店舗を構えたことによる業績悪化や、10年に一度の台風の影響による売上の大幅低下などです。 2.現在までの実績(数値を入れて見やすく) これは数値をベースにして分かりやすくします。月間売上高、前年比、前年同月比を数値化し、ぱっと見で上がったか下がったか分かると良いでしょう。売上実績のパーセントでの表示もあった方がイメージしやすいです。 3.今後の予定 概況と今までの実績を踏まえて、今後の予想を立てます。経済状況が不安定でもその対策を考えて書きましょう。出来れば右肩上がりに伸びていったほうが上司は安心します。そのために何故売れたか、何故伸び悩んだか、今までの実績を参考にして、売れた時の状況に持っていく予定を組み立てます。 4.反省点・感想 売れなかったのが概況によるものだけでなく、会社のやり方に問題は無かったのか、製品の品質に改善が必要では無いか、反省点と自分なりに改善策を考えます。 そして全体の感想を述べます。上司に良い評価を貰うためだけの報告書では無く、今後に繋げられる、未来のヒントになる報告書を作りましょう。

実績報告書のダメな書き方

ダメな報告書についていくつか挙げてみます。 ・読み手の立場にならない ◯月〇〇円、概況は〜〜、予定は〜〜、と、とりあえずザーっと書いて終わり。これなら誰でも書けますし、読んでいてもつまらないです。読み手の立場に立って、「なるほど」と思わせる内容で上司を引き込みます。自分の考察や意見も取り入れて会社の実績を考えている報告書を書きましょう。 ・結論までダラダラ長い ダラダラと文法を守らないで長文を書き続ける。それで?どうなったの?と思われる文章は書かないように気をつけなければいけません。 ・報告書なのに表現があいまい 〜あくまで予想に過ぎないですが〜〜と思われる。 〇〇を取り入れた影響があっただろうか、無かったとも言えない。のような結局どっちなの?と思う報告書は上司に嫌われてしまいます。「報告」ですからハッキリと言い切って書きましょう。

実績報告書のテンプレート

社員から上司への実績報告書

営業課長○○殿 ○年○月○日 実績報告書 ○月度の売上実績につきまして、以下の通りご報告させて頂きます。 ・概況 ○○会社との取引で金額の面で折り合いがつかず紛糾しており、前月から受注金額が決まっておりませんでしたが今月に入り○○円で決定したので売上に計上できました。 ・売上実績 前月比プラス40%、前年同月比プラス10% 合計は○○円でした。 ・今後の予定 これから冬にかけて受注が極端に減少する時期に入ります。そこでも売上を維持できるようにまず、来春に着工予定の○○工場の新規契約に全力を注ぎます。すでに見積は提出しているので、○日に○○会社の担当者と打ち合わせをし、契約の流れに持っていく予定です。先行契約できれば売上維持またはアップも出来ると思われます。 ・反省点、感想 前月の反省を生かして、現在の売り上げ実績を維持しながらも、得意先企業と来期の契約も見込めることが出来ました。とても濃い1か月でした。また来月も得意先回りをして新規契約取得に努めます。

実績を自分で作り自信に繋げましょう!

自分の実績は自信になります

社会人になる前から実績作りは始まっています。 ・学校の試験対策に何時間も勉強して良い点を取った「実績」 ・部活で試合の為に毎日練習し、勝利した「実績」 ・資格試験の為に勉強して合格できた時の「実績」 すでに持っている実績を糧にして、さらに成長することが出来ます。社会人は実績作りの時間がとても長いので、コツコツ仕事をこなして積み重ねていきましょう。たくさん実績があっても困る事はひとつもありません。

いかがでしたでしょか。今回は「実績」について様々な角度からご紹介していきました。実績といっても簡単に積み上げられるものではありませんが、しっかりと効率良い方法で実績を積むことが大切です。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング