IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

雑貨屋への志望動機の書き方と例文|正社員/バイトなど

更新日:2022年10月22日

書類選考・ES

雑貨屋の志望動機の書き方と志望動機例文について説明しています。また、雑貨屋の志望動機ポイントや職種別の志望動機についてそれぞれの立ち位置、職種別に言及しています。これから雑貨店に就職を考えている人向けの内容になっています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

雑貨屋の志望動機の書き方

雑貨屋とは

雑貨屋というと、インテリアを初めとする商品を並べて販売するという店が日本ではよく見られます。日用品も雑貨として集約されることもあります。海外ではドラッグストア等も雑貨店という認識なるそうです。日本では雑貨屋というと可愛らしいインテリアや人形、おしゃれな食器などを販売しているお店という印象が強いです。

志望動機の書き方

雑貨屋の志望動機の書き方としては自分がどのように雑貨屋と接点を持ってきたのかを明確にすることが重要です。もともと雑貨屋に行くのが好きだという志望動機でも良いです。実家や親戚が雑貨屋だったという場合もアピールポイントになるでしょう。

また、自分が小売店等で勤務していたことがあるなら、接客業に慣れているということを伝えることも良いです。販売業をしていたのであれば、お客様に対して商品のアピールができるということを伝えられると良いでしょう。志望動機としてありがちなのが、「雑貨が好き」という内容です。他の人との差別化を図るために、自分らしいエピソードや強みについての言及が求められます。自分の強みやエピソードを交えた内容にすることでより膨らみのある内容にすることが出来ます。相手に自分の魅力が伝わるようにしましょう。

志望動機例文

履歴書

履歴書には、自分が今までのアルバイト経験等を含めて、自分の特技や長所についてまとめておくと良いでしょう。雑貨屋のどのようなところが好きなのかということや、接客業についてどのように考えているのかということをまとめるのも良いでしょう。例を挙げます。

私は3年間雑貨店で店内スタッフとして働いてきました。その理由はまず、自分自身、海外の雑貨製品に非常に関心が強く、プライベートでも多くの雑貨店に足を運んでいたからです。好きなものに囲まれて仕事ができることに憧れ、3年間小さな雑貨店で勤めてきました。今後は大きな雑貨店で多くの人に、海外雑貨の魅力を伝えたいと思い、志望いたしました。

面接カード

面接カードに書く場合もおおよそ上記とかわりはありません。どのようなところに惹かれたのかということや雑貨屋に対する自分の思いについて書くことが出来ればよいでしょう。

また、自分の強みや、自分らしさの伝わるようなエピソードを加えることでより良い志望動機になります。雑貨屋で働くことの意義についてのみならず、自分の特徴や性質を活かした内容にすることが重要です。

面接時

次のページ:雇用形態別の志望動機ポイント
初回公開日:2017年05月16日

記載されている内容は2017年05月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング