IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】カフェの仕事への志望動機の書き方・例文|バイト/正社員

更新日:2022年05月25日

書類選考・ES

カフェの求人に採用されるためには、履歴書や面接では、面接官が頷く程のしっかりとしたストーリーや志望動機を述べることが重要です。初めてカフェに応募するという方、中途で応募するという方にも、採用で失敗しないために志望動機の書き方をここでおさらいしておきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

志望動機の書き方:カフェ編

カフェの求人に採用されるためには、履歴書や面接では、面接官が頷く程のしっかりとしたストーリーや志望動機を述べることが重要です。初めてカフェに応募するという方、中途で応募するという方にも、採用で失敗しないために志望動機の書き方をここでおさらいしておきましょう。

志望動機の書き方

未経験の場合

未経験からカフェの求人に応募する場合、未経験禁止でなければ、特にそのポイントに触れる必要はありません。しかし、未経験だが、特定のカフェでどうしても働きたいという確固たる熱意があれば応募してみるのも一つの手です。その場合は、「未経験ですが、私のこのようなポイントを活かして働きたいと思っています」といったように、セールスポイントの協調や、熱意のアピールに繋げると言った事が可能です。 志望動機は深く伝える必要があります。「未経験ということで不安はありますが、~という目標を達成するためには、~などのスキルを学ぶ必要があり、御社で是非働きたく応募致しました。」という言い回しをすれば、あなたの高いモチベーションを知ってもらうきっかけにもなるでしょう。 カフェの仕事自体は未経験であっても、読者の学歴、部活動経験、アルバイト経験、職歴とカフェでの仕事内容に共通点を見つけることで自分の強みを発見します。 例えば、 「私は前職でスーパーのレジ打ちをしていました。レジ打ちでの単純作業に加え、キャンペーン中の商品などもお会計の時に販売促進をして、目標販売数を超える事が出来ました。即興での営業力は御社でも力になると思います。」 といった具合です。 その他にも、キッチンスタッフであれば、料理が好きな人にはぴったりですし、紅茶やコーヒーに対する強い興味や知識も、カフェの人事採用担当者には魅力的に写る可能性があります。 ですので、はきはきとした言葉遣いや、姿勢の良さを意識しながら、自分の強みを伝えましょう。

未経験者がカフェで働くメリット

未経験者でも歓迎してくれるカフェはたくさんあります。ホールスタッフ、キッチンスタッフ共に、経験がなくても挑戦できる場面はたくさんあるでしょう。結果、未経験者が新しい職場に飛び込むという事が、新しいスキルの獲得に繋がるわけです。 大手チェーンであれば、新人教育制度がある程度マニュアル化されていますし、新しい人材を育成する制度も備わっているため、初めてカフェで働く人でも、比較的短期間でノウハウを身に着けやすいというメリットがあります。 上記の事を織り交ぜて、志望動機を書く事をお勧めします。

アルバイトの場合(経験者)

未経験者と同様ですが、カフェのアルバイトを志望する場合、「挑戦してみたいこと」をより具体的にするのはお薦めです。 例えば「色々な種類の紅茶に詳しくなりたいため」、「接客を通して、コミュニケーション力を養いたいため」、「調理スキルを上げたいため」など、アルバイトで応募するカフェで身に着けたいスキルをより具体的に志望動機に盛り込んでいくと良いでしょう。 ここでポイントなのが、前職もカフェなのに、どうして新しく働くカフェで学ぶ必要があるのかという事です。なので、「前に働いていたカフェでは、提供している紅茶の種類が少なく、詳しくなることができなかった。」などのエピソードを準備しておきましょう。 当然の事ですが、アルバイトの選考過程では、長所やセールスポイントも、併せて質問されることがとても多くなっています。そのため、前述した「挑戦してみたいこと」に加え、特技や採用するメリットを具体化し、志望動機として話せるようにしておきましょう。例えば「人と話すことが得意なので、カフェのホールスタッフとして、接客スキルの力を上げたいと思いました」といった言い方は伝わりやすくてお薦めです。

正社員の場合

正社員としてカフェに就職したい場合、キャリアビジョンについて具体的に盛り込めると、説得力のある志望動機になりやすいです。 更に、カフェと直接関係がないものでも、活かしやすい経験を伝えられるようにしておくと、内定を獲得しやすくなるでしょう。「調理の専門学校に通っており、幅広いメニューの調理スキルを身に着けたため、その実力を発揮したいと思い志望致しました」のように展開した上で、その後はどのようなスタイルで働いて行きたいのかも述べられるようにしておくのがおすすめです。 アルバイトの場合よりは、より実践的な志望動機にした方が、正社員への道は近づきやすいです。あなたのセールスポイントも、より志望先のカフェに沿ったものにすると良いでしょう。グループ企業の店舗である場合は、他店との比較なども、効果的に盛り込んだ志望動機に出来ると良いです。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

カフェで働く際に気を付けたいポイント

次のページ:志望動機の例文とポイントのおさらい
初回公開日:2017年04月30日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング