IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職の際に身元保証人がいない場合|身元保証人の代行はできる?

更新日:2020年06月10日

就活ノウハウ

就職をする時に会社によっては身元保証人が必要な場合があります。扱う仕事内容や会社に規模によって、身元保証人が必要になることもありますが、誰を保証人にすればいいか悩みますよね。そこで就職する際の身元保証人について紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職の際の身元保証人とは

就職の際に身元保証人が必要となる場合がありますが、身元保証人は誰にお願いすればいいのでしょうか。一般的に保証人と言えば連帯保証人をイメージしますが、何かあったらすべての責任を負うように感じます。 その他就職の際の身元保証人をお願いする時には、少しためらってしまいますよね。またお願いされた方もしっかりとした知識が無ければ、保証人にはならないと言われてしまうでしょう。 なぜなら自分の身を守るためには、保証人にならないことがいいと教わっている人が多いからです。就職の際の身元保証人とは、どのような役割があるのでしょうか。

会社に損害を与えたら肩代わりをしなければならない

就職する際にわざわざ身元保証人を用意しなければならない会社は、それだけ大きな仕事をしたりお金を扱う仕事など、万が一があってはいけないという会社が多いです。 そのため真面目に働いていれば何の心配もありませんが、万が一、会社にとって大きな損害を与えてしまった時には、身元保証人が責任を負うことになります。 ただ普通に仕事をしていても会社に損害を与えることは、業務の中でもあり得ることです。失敗をしたら責任をとれというのではなく、あくまでも会社にとって不誠実な損害を与えてしまった場合に責任を負うことになります。 会社のお金を使いこんでしまったとか、会社の規約を破って働いていたため、結果として会社に大きな損害を与えてしまったなどというケースです。いずれにしても言い訳をすることもできないので、身元保証人が代わりに責任を負うことになります。

会社の対応が不誠実だと思えば責任を問われなくても済む

身元保証人は会社からすると弱い立場ではなく、あくまでも本人がしっかりと働くことを保証する立場の人間です。就職した会社すべてが誠実な会社ではありません。いわゆるブラック企業と言われるような会社かもしれないので、そのような会社で誠実に働けば体を壊してしまう恐れもあります。 身元保証人は会社の態度に不信感を持てば、いつでも身元保証人の立場を辞退することもできます。これはブラック企業で無理に働かせたことによって、身元保証人にまで損害を受けることになるからです。 連帯保証人はいつまでも責任を肩代わりすることになりますが、身元保証人はしっかりと法で守られていると言ってもいいでしょう。

就職の際の身元保証人は期限付き

就職した際に身元保証人になった人は、退職するまで身元保証人にならなければいけないのかと言えばそうではありません。就職した会社によって、身元保証人の期限が定められている場合が多いです。 一般的に身元保証人になる時には、しっかりと期間を説明してくれることが多いです。就職してから5年間は、会社の規約を守って仕事をすると身元保証人に約束してもらいます。事前に期限か決められていない場合には、3年間が身元保証人としての期限となります。 そのため期限が過ぎれば身元保証人だった人も、一切保証することはなくなります。期限が切れたら自動更新することもありません。

会社から事前に連絡を受けることがある

就職の際に身元保証人になった人は、会社から事が起きる前に事前に連絡を受けるケースもあります。本人の仕事が不適格者とみなされたり、損害賠償が発生することがあるかもしれないという場合です。 事前に会社から連絡を受けることによって、急なトラブルを避けることができます。特に不誠実な態度をしている時には、身元保証人から話をしてもらえれば、改善できるかもしれないので、事前に連絡をすることがあります。 また仕事内容が変更になったり、責任が重くなった時も連絡が入ることがあります。3年から5年間は身元保証人となっているので、その間に本人が出世をすることも考えられます。その際に責任が重くなれば、身元保証人の責任も重くなるので事前に連絡が行くことがあります。 いずれにしても急に会社から損害を保証しろということはないので、事前に連絡を受けることによって対応できる時間を作ることができます。

身元保証人はリスクがある

就職する時に身元保証人になるのは、本人を信頼しての行動なので仕方がありません。会社に不信感があれば辞退することもできますが、基本的には3年から5年の間は身元保証人にならなければなりません。 誰でも就職する時にはモチベーションを高く持って仕事に取り組みますが、数年経つと仕事に対する姿勢も変わってきます。そのため数年後には身元保証人ことなど考えずに、身勝手な行動をとることも考えられます。 身近な人だからこそ心配を掛けられないと思う反面、身近な人が身元保証人になると何とかしてくれるという思いも出てきます。そのため会社に対して魔が差して損害を与えてしまうこともあるので、やはり身元保証人はリスクがあることを覚悟しておく必要があります。

身元保証人がいない場合

就職する時に身元保証人が必要と言われた時に、もしも身元保証人がいない場合にはどうすればいいのでしょうか。両親や親族から断られてしまったり、近親者が誰もいないことも考えられます。そこで身元保証人がいない場合のケースについて紹介します。

初回公開日:2017年04月24日

記載されている内容は2017年04月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング