IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職の際に身元保証人がいない場合|身元保証人の代行はできる?

就活ノウハウ

就職をする時に会社によっては身元保証人が必要な場合があります。扱う仕事内容や会社に規模によって、身元保証人が必要になることもありますが、誰を保証人にすればいいか悩みますよね。そこで就職する際の身元保証人について紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職の際の身元保証人とは

就職の際に身元保証人が必要となる場合がありますが、身元保証人は誰にお願いすればいいのでしょうか。一般的に保証人と言えば連帯保証人をイメージしますが、何かあったらすべての責任を負うように感じます。 その他就職の際の身元保証人をお願いする時には、少しためらってしまいますよね。またお願いされた方もしっかりとした知識が無ければ、保証人にはならないと言われてしまうでしょう。 なぜなら自分の身を守るためには、保証人にならないことがいいと教わっている人が多いからです。就職の際の身元保証人とは、どのような役割があるのでしょうか。

就職した際に会社のルールに違反しないように保証する

就職の際の身元保証人としては、就職した人がしっかりと会社のルールや規則に従うことを保証する役割があります。 就職した際には会社によって規定が違うので、その規定を破った場合や会社の大きな損害を与えた場合に、身元保証人が責任を負う役割があります。保証人という立場から、損害を与えてしまった場合には肩代わりをしなければならないので、リスクはつきものです。 身元保証人の多くは本人と深いかかわりのある人物が多いので、裏切らないと信用して身元保証人を引き受けることになります。 連帯保証人のように債務があればすべて肩代わりをするのとは違い、しっかりと会社のルールを守って働くことを保証する役割なので、本人が真面目に働けば何の問題もありません。

会社に存在を与えたら肩代わりをしなければならない

就職する際にわざわざ身元保証人を用意しなければならない会社は、それだけ大きな仕事をしたりお金を扱う仕事など、万が一があってはいけないという会社が多いです。 そのため真面目に働いていれば何の心配もありませんが、万が一、会社にとって大きな損害を与えてしまった時には、身元保証人が責任を負うことになります。 ただ普通に仕事をしていても会社に損害を与えることは、業務の中でもあり得ることです。失敗をしたら責任をとれというのではなく、あくまでも会社にとって不誠実な損害を与えてしまった場合に責任を負うことになります。 会社のお金を使いこんでしまったとか、会社の規約を破って働いていたため、結果として会社に大きな損害を与えてしまったなどというケースです。いずれにしても言い訳をすることもできないので、身元保証人が代わりに責任を負うことになります。

会社の対応が不誠実だと思えば責任を問われなくても済む

身元保証人は会社からすると弱い立場ではなく、あくまでも本人がしっかりと働くことを保証する立場の人間です。就職した会社すべてが誠実な会社ではありません。いわゆるブラック企業と言われるような会社かもしれないので、そのような会社で誠実に働けば体を壊してしまう恐れもあります。 身元保証人は会社の態度に不信感を持てば、いつでも身元保証人の立場を辞退することもできます。これはブラック企業で無理に働かせたことによって、身元保証人にまで損害を受けることになるからです。 連帯保証人はいつまでも責任を肩代わりすることになりますが、身元保証人はしっかりと法で守られていると言ってもいいでしょう。

就職の際の身元保証人は期限付き

就職した際に身元保証人になった人は、退職するまで身元保証人にならなければいけないのかと言えばそうではありません。就職した会社によって、身元保証人の期限が定められている場合が多いです。 一般的に身元保証人になる時には、しっかりと期間を説明してくれることが多いです。就職してから5年間は、身元保証人しっかりと会社の規約を守って仕事をすると約束してもらいます。事前に期限か決められていない場合には、3年間が身元保証人としての期限となります。 そのため期限が過ぎれば身元保証人だった人も、一切保証することはなくなります。期限が切れたら自動更新することもありません。

会社から事前に連絡を受けることがある

就職の際に身元保証人になった人は、会社から事が起きる前に事前に連絡を受けるケースもあります。本人の仕事が不適格者とみなされたり、損害賠償が発生することがあるかもしれないという場合です。 事前に会社から連絡を受けることによって、急なトラブルを避けることができます。特に不誠実な態度をしている時には、身元保証人から話をしてもらえれば、改善できるかもしれないので、事前に連絡をすることがあります。 また仕事内容が変更になったり、責任が重くなった時も連絡が入ることがあります。3年から5年間は身元保証人となっているので、その間に本人が出世をすることも考えられます。その際に責任が重くなれば、身元保証人の責任も重くなるので事前に連絡が行くことがあります。 いずれにしても急に会社から損害を保証しろということはないので、事前に連絡を受けることによって対応できる時間を作ることができます。

身元保証人はリスクがある

就職する時に身元保証人になるのは、本人を信頼しての行動なので仕方がありません。会社に不信感があれば辞退することもできますが、基本的には3年から5年の間は身元保証人にならなければなりません。 誰でも就職する時にはモチベーションを高く持って仕事に取り組みますが、数年経つと仕事に対する姿勢も変わってきます。そのため数年後には身元保証人ことなど考えずに、身勝手な行動をとることも考えられます。 身近な人だからこそ心配を掛けられないと思う反面、身近な人が身元保証人になると何とかしてくれるという思いも出てきます。そのため会社に対して魔が差して損害を与えてしまうこともあるので、やはり身元保証人はリスクがあることを覚悟しておく必要があります。

身元保証人がいない場合

就職する時に身元保証人が必要と言われた時に、もしも身元保証人がいない場合にはどうすればいいのでしょうか。両親や親族から断られてしまったり、近親者が誰もいないことも考えられます。そこで身元保証人がいない場合のケースについて紹介します。

まずは事情を説明しよう

就職する際の身元保証人は自分がしっかりと会社の規約に従って働くことを保証してくれる人物です。それだけ今から働く会社の仕事は、信用が大切な仕事だと言えるでしょう。 そこで自分を保証してくれる人物がいない場合には、企業側に事情を話しましょう。一般的には、両親や兄弟、親せきなどの身近な人が保証をしてくれることが多いですが、友人などに頼むほかありません。 しかし、「身元保証人」という言葉に、尻込みしてしまう人は少なくありません。そういった事情を企業側に説明しましょう。事情を理解してくれる可能性があります。

採用されないケースもある

就職した会社から身元保証人の件に関しての連絡がきた時に身元保証人になれる人が一人もいないと分かれば、会社としても採用を見送るケースもあるので注意しましょう。 会社によっては身元保証人が必要とされますが、多くの会社は就職の際に身元保証人は必要ない場合が多いです。そのため、身元保証人が必要とされる会社では、身元保証を重要視している会社もあります。

保証人協会に身元保証をお願いする

就職する時に身元保証人が必要となった場合、どうしても身元保証人がいなければ保証人協会にお願いをすることになります。その際は会社に状況を説明し、確認をしてから保証協会に身元保証をしてもらうようにしましょう。 身元保証人は部屋を借りる時に利用している人も多いですが、保証会社に一定の手数料を払うことによって、保証人の代行をしてくれるというものです。会社としても個人的な知人が保証人になるよりも、保証会社が保証人となってくれた方が安心できるという一面もあります。 そのため保証人協会に相談をする時には、会社にまず確認をとってから保証人会社へお願いするようにしましょう。

身元保証人の代行はできる?

身元保証人の代行というのは本人のみができることなので、代行して身元保証人になるということはできません。必ず身元保証人になる際には、本人の確認が必要不可欠となります。代理や代行をして身元保証人になるということはできません。

就職の際の身元保証人の条件

就職する際の身元保証人になるには、どのような条件が必要なのでしょうか。保証人になるからには一定の水準が必要となるはずなので、誰でも簡単になることはできないと思いがちです。 しかし、就職の際の身元保証人の条件はかなり緩いので、ほとんどの人が就職の際の保証人となることができます。一般的には就職の際の身元保証人となる人はある程度決まっていますが、状況によっては身元保証人を探すことができないと不安になる人もいるでしょう。そんな就職の際の身元保証人の条件について紹介します。

両親

就職の際の身元保証人として、一般的には両親は保証人の条件に合うことができます。身元保証人とは本人が会社のルールや規約を破った時、会社に損害を与えてしまった分を保証する役割があります。 両親にとって子供の保証人になるのは当然だと思う人も多く、子供のためなら保証人になってもいいという人も多いでしょう。一般的にも両親が身元保証人になってくれれば、確実に保証してもらえるという安心感はあります。就職の際の身元保証人として両親が保証してくれれば、会社側も安心できます。 両親は身元保証人としての条件にも当てはまりますが、例外として一部の会社では近親者は身元保証人になれないという規約がある会社もあります。そういった会社は本人から二親等までの近親者を保証人にはできないとしていることも多いので、会社の身元保証人の規約を確認しておくことが大切です。

配偶者は要相談

就職の際の身元保証人として、配偶者の場合は会社によってNGが出ることが多いです。理由としては本人と配偶者は家計が同じなので、一心同体としてみなされます。 本人が会社に対して不祥事を起こしたり損害を与えた時は、配偶者が保証することはできないことが多いでしょう。本人が不祥事を起こした時に配偶者が損失を補うよりも、本人の見方をするケースが多いからです。 配偶者が本人が不祥事を起こしそうになった時に、しっかりと注意できるかも疑問です。本人の言いなりになってしまい、結局は本人のツケを払うことになっても保証してもらうことは難しいでしょう。 そのため会社によっては配偶者が身元保証人になることを禁止していることが多いようです。身元保証人を探す時には、会社に確認をしておくことをおすすめします。

知人

就職の際の身元保証人は身内や親族でなくても、知人などが身元保証人になることもできます。本人がしっかりと会社で働くことが前提で、仮に不祥事を起こしたり大きな損害を会社に与えた時に、代わりに損害を保証してくれる人を探しています。 身元保証人が両親や親族でなく、たとえ知人でも保証してくれるのであれば大丈夫です。保証人になるからには、本人と関りがあるはずです。この人の保証人ならばなってもいいと思える知人がいるなら、本人は信用できる人物だと推測できます。 会社としては本人の身元と損害を補償してくれる人がいればいいので、例え知人でも身元保証人になることができます。さらに言えばあまり知らない友達を身元保証人にすることもできます。 もちろん保証人としての責任を把握した上でのことですが、本人と近い関係でなくても身元保証人になることができるのです。

身元保証会社

就職の際に身元保証人になってもらえる人がいなければ、身元保証会社にお願いをすることになります。その際は必ず会社に確認をとっておく必要があります。会社としては誰も保証してくれないのは、何か問題があるからだと推測するでしょう。 そのため保証会社ではダメだという会社もあります。本人の身近な人が保証してくれない人物を、会社が信用する訳にはいきません。そのため身元保証会社があるから大丈夫だと思わずに、会社に先に確認をしておくようにしましょう。 もしも身元保証会社がダメだと言われたら、本気で誰かにもう一度お願いするか、就職を諦めて他を探すことになります。身元保証人は最高でも5年なので、しっかりと説明をしておけば、なってくれる人もいるでしょう。 身元保証会社も100%大丈夫とは言い切れないので、会社に確認をしておくことが大切です。

就職をする時には身元保証人によって信頼が得られる

就職する時には自分のことは誰も知らないので、会社としても信用できるか不安になりますよね。身元保証人がいれば安心して仕事を任せられるので、会社も本人もどちらにもメリットがあると言えるでしょう。信頼を得ることができれば、後は仕事を頑張るだけです。

関連タグ

アクセスランキング