IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でお説教をされるのはなぜ?お説教をされたときの対応

更新日:2022年09月06日

面接

就活や転職活動で、面接中にお説教をされたら、どのように対処すれば良いのでしょうか?このページでは、「面接におけるお説教」をテーマにして、面接でお説教をされるケースや原因、面接中のお説教に対する対処法などをご紹介しています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

怒られた!?面接でお説教されるケースと対処法

就職活動や転職活動で企業の採用選考を受ける場合、最低でも1回は面接を受けることになると思います。面接官や担当者と1対1で行う個別面接もあれば、複数の候補者や志望者と共に行う集団面接・グループ面接の場合もあります。面接の形式や内容はさまざまですが、どのような面接であっても、緊張や不安を感じる方がほとんどでしょう。 緊張しつつも、少しでも良い評価を得たり好印象を与えたりしようと受けた面接で、担当者や面接官からお説教をされたら、ショックを受ける方も多いと思います。しかし、実際に面接でお説教をされたり怒られたりするケースも存在し、ショックを受けたりパニックになってしまったりする方も多いようです。もし、面接でお説教をされたら、どうすれば良いのでしょうか?今回は、「面接におけるお説教」をテーマにして、面接でお説教をされるケースや原因、お説教をされた際の対処法などをご紹介していきます。

面接でお説教されるケース・原因

それでは早速、面接で怒られるケースや原因について、どのようなものがあるのか考えていきたいと思います。面接でお説教をされる場合、自分に理由がある場合と、相手に原因がある場合があります。お説教をされたからと言って、「自分はダメな人間だ」などと、必要以上に落ち込むことはやめましょう。とはいえ、自分の言動が原因でお説教をされるケースもあるので、以下でご紹介する面接でお説教をされる際によくあるケースや原因と比較して、自分の言動を振り返ってみてはいかがでしょうか?

面接でお説教をされるケース・原因【1】:態度が悪い

上記で、面接でお説教をされるケースは、自分に原因がある場合と相手に原因がある場合の2種類があるとご紹介しました。面接に臨む態度や面接官に対する言動が悪くて、お説教をされたり注意されたりする場合は、前者の自分に原因がある場合にあたります。採用選考は、企業が人件費や会場費などの負担を被って開催しているものです。その為、企業は限られた機会や時間内に、かかった費用に見合う人材を見つけようと、必死になっています。 良い人材を見つけようと、真剣に面接や選考を行っている所に、生半可な気持ちで選考を受けている志望者があらわれたら、担当者はどのように思うでしょうか?貴重な時間や機会を、生半可な気持ちで選考を受けている志望者には、割きたくないというのが本音だと思います。上記のような背景から、面接に相応しくない言動を取ったり、担当者や面接官、選考そのものを軽視するような発言をしたりした際に、担当者からお説教をされる可能性があるというわけです。

面接でお説教をされるケース・原因【2】:期待されている

一般的に、怒られたりお説教をされたりすることは、あまり良いことではない印象がありますよね。しかし、時には期待しているからこそ、お説教や注意をする場合もあります。 ほとんどの方が、怒られたり注意をされたりしたら、嫌な気分になったり落ち込んだりするかと思います。場合によっては、自分のことを怒ったり注意したりした相手に対して、不快感や嫌悪感を抱くこともあるでしょう。つまり、怒ったりお説教をしたりすることは、相手から嫌われる可能性が高い行為でもあるのです。調子が良いことを言って、相手から嫌われないように接する方が、ずっとストレスなく、楽な付き合いができるでしょう。そうであるにも関わらず、怒ったりお説教をしたりするのは、相手の為を思ったり、相手に対して期待していたりする為だと考えられます。 上記のような考察から、面接でお説教や注意をされた場合、脈ありだからこそ厳しい態度を取られるケースもあると言えるでしょう。

面接でお説教をされるケース・原因【3】:企業の方針

面接の中でも、志望者に対して面接官が厳しい態度を取ったり、意地悪な質問をしたりする面接のことを「圧迫面接」と言います。面接中にお説教をされたり厳しく怒られたりした場合、この圧迫面接である可能性も考えられます。志望者の反応や根性を見たかったり、上記でもご紹介したように期待している人材だったりする為に、面接の内容や企業の方針として、面接中にお説教を行う可能性もあるでしょう。つまり、お説教や注意も、面接や選考の一環というわけです。その場合は、自分だけでなく、他の志望者にも、同じように厳しい態度やお説教を行っているかもしれません。

面接でお説教をされるケース【4】:面接官の性格・趣味

上記で、面接においてお説教をされる場合は、自分に原因がある可能性と、面接官や企業側に原因がある場合があることをご紹介しました。面接中にお説教をされた場合、面接官が自分より若い人や若年層に対して、お説教をすることが好きだったり、相手の反応を見て楽しんでいたりする場合も考えられます。上記のように、面接官の性格に原因がある場合、自分に非がなくてもお説教をされる可能性があります。また、お説教の内容も、自分ではどうしようもできないことだったり、いまいち説得力がなかったりする可能性も。その為、上記のような面接官にお説教をされたら、どのように対処するのかが選考通過の1つの鍵となるでしょう。

面接でお説教された時の対処法

上記では、面接でお説教をされるケースや原因についてご紹介しました。いろいろな原因やケースが考えられる為、お説教をされたからといって、必ずしも自分が悪いわけではない可能性もあります。では、面接中に何らかの理由でお説教をされてしまったら、どのように対処すれば良いのでしょうか?続いては、面接中にお説教をされたり怒られたりした際の対処法や行動について、考えていきます。

面接でお説教された時の対処法【1】:とにかく認める

面接でお説教や注意をされた場合、最も無難な対処法がとにかく自分の非を認めたり、相手の意見を肯定したりすることでしょう。もし、志望企業の優先度が高く、どんなことをしてでも入社したいと思っているようなら、お説教が納得できない内容であったとしても、「はい」「おっしゃる通りです」などと、相手の意見を受け入れる姿勢を見せておいた方が良いでしょう。 また、面接官が学生や志望者をお説教することを楽しんでいる場合も、「はい」「そうですね」などと、相槌を打っておいた方が無難だと考えられます。このような面接官の場合は、自分の権力や凄さを見せつけたいという願望を抱えている可能性がある為、反論したり否定したりすると、「生意気だ!」と思われてしまう可能性があります。納得できないお説教や注意を肯定するのは、ストレスになるかもしれませんが、どうしても内定を取りたいのであれば、時には我慢も必要です。

次のページ:面接中、お説教をされて帰るのはアリ?ナシ?
初回公開日:2017年04月07日

記載されている内容は2017年04月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング