IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【社内・社外・上司】感謝の気持ちが伝わる「退職メール」への返信例文

更新日:2022年11月23日

メール・手紙

社内・社外・上司からの退職メールに返信するならどんな内容でいつまでに返すのが良いのでしょうか。初めて退職メールを受け取った人は迷いますよね。そこで今回は社内・社外・上司からの退職メールにどう返信するべきか例文を参考に返信の仕方を学びましょう。

退職理由が転職だと分かっていても転職先の詳細を聞くことは避けましょう。個人的な事でもありますし、相手も非常に答えにくい話題ですので、聞かない方が良いでしょう。

社内・社外・上司への退職メールの返信例文

ここからは社内・社外・上司から退職メールを受け取った場合の返信例を見ていきます。返信例には返信する時の大事なポイントが盛り込まれていますのでポイントを掴んでいきましょう。また退職理由が判明している人に返信の例文もありますのでどれが適しているのかも考えていきましょう。

社内・上司への退職メール返信例文

退職理由が不明の退職

田中さん お疲れ様です。山田です。 色々お忙しい所、退職のご挨拶を頂き誠にありがとうございます。 田中さんとはお会いしたのは私がでまだまだ右も左もわからない未熟な時期でしたね。 同じチームに任命され、田中さんはリーダーとして私に御親切にご指導をして頂きました。そのおかげで私はいまも恥をかかずに毎日頑張れています。 退職されてしまうと聞き大変残念な気持ちです。 田中さんなら次の職場でもきっと素晴らしいリーダーとしてご活躍されるでしょう。今後も素晴らしいご活躍をされる事をお祈り申し上げます。 今まで大変お世話になりました。ありがとうございました。 山田浩

結婚・出産退職

柏木さん お疲れ様です。大島です。 ご多用のところ、退職のご挨拶を頂き、誠にありがとうございます。 柏木さんには実の姉の様に時に暖かく、時に厳しくご指導をして頂き感謝しております。 プライベートな事を仕事に持ち込み悩んでしまっていた時、悩みすぎて仕事がはかどらない私を心配して、黙って話を聞いて頂いたあの日の事、とても感謝しています。 以前から出産退職されるのは聞いていましたが、ついにこの日がやってきてしまったんですね。 残念な気持ちで一杯ですが、無事に元気なお子さんをご出産される事をお祈りいたします。 これから寒い日が続くようですので、くれぐれもお体にはお気をつけて、暖かくしてお過ごしください。今までお世話になりました。ありがとうございました。 大島路子

定年退職

白鳥部長 丁寧な退職のご挨拶をありがとうございます。 白鳥部長が定年退職をされる事を聞き、とても寂しい気持ちです。 部長には、社会人としてまだまだ未熟な私に社会人としての様々な事を教わりました。 今社会人として後輩に社会人としての指導ができるのは部長のおかげです。ありがとうございます。 白鳥部長にはよく趣味の釣りの話を聞かされましたよね。一緒に釣りに連れて行っていただいたおかげですっかり私も釣りにハマってしまいました。いつか個人的に釣りにまた連れて行ってください。部長が購入された自慢の船も見せてくださいね。 退職されてもお身体にはお気をつけて過ごしてください。 いままでありがとうございました。 山田隆

社外へ退職メール返信例文

退職理由が不明の退職

山下株式会社 織田様 いつもお世話になっております 東新株式会社の友近でございます。 お忙しい所退職のご挨拶を頂きまして、誠にありがとうございます。 織田様には弊社のために色々とお世話になり大変助かりました。 織田様が退職されるという事でとても残念な思いでございます。 今後は貴社の後任の後藤様と協力していきたいと思います。 今後の織田様のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。 寒くなってまいりましたので、お身体にはお気をつけてお過ごしください。 今まで大変お世話になりました。 友近俊彦

結婚・出産退職

□□株式会社 △△様 いつもお世話になっております。 AAA株式会社の○○でございます。 ご多用のところ、退職のご挨拶をしていただき、誠にありがとうございます。 △△様にはこれまで弊社のためにご尽力いただき、大変助かりました。 今まで私の力不足により多大なご迷惑をおかけいたしましたが、 その度にいつも迅速にフォローしていただける△△様のおかげで弊社がここまでやってこれました。 今月に退職されることは以前より聞いておりましたが、 いざこの日を迎えると寂しさがこみ上げてきています。 お身体には十分お気をつけください。 今までお世話になりました。

定年退職

次のページ:立つ鳥跡を濁さない
初回公開日:2016年11月09日

記載されている内容は2016年11月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング