IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスにおける「以後気をつけます」の使い方と敬語表現

初回公開日:2017年03月30日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2017年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

会社の上司や取引先から指摘を受けた際に使用することが多い「以後気をつけます」という言葉。何気なく使っていたけど、敬語表現になっているの?ビジネスメールで「以後気をつけます」は何て言うの?本稿では「以後気をつけます」の正しい使い方と類語をまとめてみました。

以後気をつけますとは?ビジネスシーンでの正しい意味と使い方

会社の上司や取引先から間違い等を指摘された際に「注意します」、「すみませんでした」のような意味で「以後気をつけます」と言うことがありますよね。何気なく使っていて実はちゃんとした意味がわかっていない、なんてこともありますよね。「以後気をつけます」の正しい意味をまとめました。

以後気をつけますとは

文字通り、「今後は気をつけますね」という意味です。読んで字のごとく、といった感じではありますが、これ以外に言いようがありません。ビジネスシーンでよく見聞きする言葉ですが、この言葉を嫌う方が多い印象を受けます。これから努力をしていこうという姿勢や、謙虚な反省を表す綺麗な言葉ですので、受け流されがちだと思われますが最近はそういう傾向も薄れているのか、「その場しのぎの言葉だ」、「何の解決にもなっていない、信用できない」と言われてしまうことも。他に言いようがないですし、何て言ったらいいのか悩んでしまいますよね。

ビジネスシーンでの正しい意味と使い方

この言葉を嫌いな上司や取引先もいる、と言いましたが全員がそういうわけではありませんので、一旦おいておいて、ビジネスシーンでの「以後気をつけます」の正しい意味と使い方を紹介します。 ビジネスシーンでの使い方、と言っていますが日常的な会話で使用するよりもビジネスシーンで使うことが主ですよね。意味としては謝罪やお詫びをする際に「もうしないように気をつけていきます」のような反省の意味をこめた丁寧な言い方が「以後気をつけます」になります。例えば業務中のミスを上司に報告し、謝罪する場合が当てはまるでしょう。「同じことを繰り返さぬよう、以後気をつけます。」といった言い回しになります。一般的に使用される場合と意味や使い方に差異はないことがわかりました。

以後気をつけます、の敬語表現とは

上記では敬語表現やビジネスシーンでの「以後気をつけます」の意味と使い方をまとめましたが、この「以後気をつけます」という言葉、果たして敬語表現として正しいのでしょうか。

「以後気をつけます」はもともと敬語表現

ビジネスシーンや丁寧な言い回しをしたい際に使う言葉として紹介しましたが、このまま「以後気をつけます」という言い方をしても失礼にあたることはありません。謝罪やお詫びをする際に問題なく使用することができますのでご安心ください。「きをつけます」が敬語表現に見えない気がしますがそんなこともありません。簡単なことではありますがしっかりと「です、ます調」で表現していますからね。

以後気をつけます、の類語とは

以後気をつけます、の類語とは
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

謝罪やお詫び、自分が至らなかった際に反省の意味を込めて「以後気をつけます」といいますが、言い方は他にも「不得意たらすところと反省しております。」や「肝に銘じます」等色々ありますよね。ここではは謝罪の時の表現で用いる「以後気をつけます」に類似するものはどんなものがあるのか、というのを紹介していきます。

「以後気をつけます」の類語の例

「二度とこのようなことはいたしません」、「肝に銘じます」、「猛省しております」、「失礼いたしました」、「心がけます」、「注意いたします」、といったものがあります。こうしてみると「以後気をつけます」の類語は多くあることが分かりますね。「注意いたします」も類語の1つではありますが、こちらよりかは「以後気をつけます」といったほうが反省している気持ちが伝わってきますし、より念を押した言い方をするのであれば「二度とこのようなことはいたしません」なんかも誠意が伝わってきます。とはいえ、事の重大さによって重すぎる言葉になってしまうものもありますので、その時の状況に合わせて使い分けていくのが良いでしょう。

ビジネスシーン、メールでの「以後気をつけます」の使用例

「以後気をつけます」という言葉の類語や意味を紹介してきました。主に謝罪や間違いの指摘を頂いた際に用いる言葉だということがわかりました。ここではビジネスシーンやビジネスメールでの「以後気をつけます」という言葉とその類語の使用例をいくつか紹介していきます。

このようなことを繰り返さないように、以後気をつけます

こちらは一般的な謝罪、お詫びをする際に使用した例文です。鉄板中の鉄板ともいえるでしょう。「今後はこのようなことがないように、以後気をつけます」といった言い方も○。 上記しましたが、これから努力をしていこうという姿勢や、謙虚な反省を表す綺麗な表現にもなっています。

ありがとうございました、以後気をつけます

謝罪の際の使用例なのに、ありがとうございます、が入っているのは問題解決の感謝と同時に反省を伝える際の使用例だからです。上司の方や社員さんに手伝っていただいたトラブル等が解決した際に使うことができます。悪いことをしてしまったのでとにかく謝罪と反省を述べようという気持ちも分かりますが、手伝っていただいた際にはしっかりと感謝の言葉も忘れずに伝えるようにしましょう。

ご指摘いただきありがとうございます。肝に銘じておきます

こちらは類語の「肝に銘じる」を使った例文です。以後気を付けます、と同じような意味合いで使うことができるのですが、気を付ける、よりも「肝に銘じます」のほうがしっかりと受け止めている感じがしています。ですが、どちらかといえば「覚えておきます」といった意味合いが強いので、例文のような指摘を頂いた際にこちらを使用するようにし、使い分けるのが良いでしょう。

今後は充分注意いたします、申し訳ございませんでした

こちらも類語で紹介した「注意します」を使った例文です。指摘をされた際に用いる「肝に銘じておきます」とは違い、こちらの誤りを指摘される前に謝罪する際に使用するといった感じでしょうか。ビジネスメールの中に記載した時刻が間違っていた、等の訂正メールに用いるのが正しく感じます。

「以後気をつけます」という言葉が嫌いな上司も

上記でも少し触れましたが、この「以後気をつけます」という言葉が嫌いな上司や取引先の方もいます。嫌いな理由としては、「その言葉では解決になっていない」や「反省に具体性がない」、「信用できない」、「その場しのぎで言っているのではないか」というものが挙げられます。最後の「その場しのぎで言っているのではないか」に関しては正直理不尽さを感じますし、どうしたらいいんだ、と思ってしまいますよね。ですが、たしかに謝罪でこれらを言われても「うーん?」となるのもわかります。 この言葉が嫌いかどうかを判別する方法なんてないのですが、前半の嫌いな理由として挙げられていた「反省に具体性がない」と言った部分が主な理由になりますので、謝罪文を送る際には「~でしたので、今後は~しません。」といったように具体性をもたせることで普通に「以後気をつけます」というよりも、より誠意が伝わります。 とはいえ、この言葉が必ずしも悪い言葉というわけではありませんので、「じゃあ使わないようにしよう」等と思わないようにしてくださいね。あくまでも、とりあえず言っているような文章にならないようにすることが大切です。

上手に使って謝罪しましょう

今回は「以後気をつけます」という言葉についてまとめました。主に謝罪をする際に使用する言葉だということがわかった反面、「とりあえず言っているんじゃないの?」といったように思われてしまいがちな言葉でもあることがわかりました。間違えてしまった、指摘をいただいたので、とにかく謝罪をしなければ!といった気持ちで急いで「以後気をつけます」や類語に当たる言葉を用いて「とりあえずの謝罪」に見られてしまう文章を作るのではなく、しっかりと具体的な反省点とできれば改善点を添えた文章を作るように心がけましょう。 また、自分のミスの修正を手伝っていただいた際にはしっかりと感謝の言葉も伝えることで、相手に良い印象を与えることができますし、トラブルを避ける要因の1つにもなります。こういった細やかな部分にも目を向ける事でより「できるビジネスマン」へと近づくことができます。

関連タグ

アクセスランキング