IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

折り返し電話のマナーとポイント|来ない時の対処法・失敗例

ビジネスマナー

折り返し電話の意味をご存知でしょうか。就活中は指定された時間帯に電話が来ない場合もあります。だからといってすぐに電話をするのはよくありません。折り返し電話をする際は、時間帯や言葉使いに気を付ける必要があります。折り返し電話のマナーとポイントを学びましょう。

更新日時:

折り返しとは?

就職活動中に企業から電話があった時に電話が取れなかった、という経験がある人もいるのではないでしょうか。そんな時に大切になってくるのが「折り返し電話」です。折り返し電話をすることで、どのような要件だったのかを把握することが出来ます。 しかし、折り返し電話って聞いたことはあるが、どういった意味があるのかを知ってる人は少ないのではないでしょうか。そこで、折り返しとはどういった意味なのかについて、詳しくご紹介していきます。

折り返しの意味

「折り返し」とは、電話を発信した人が言う言葉ではなく、電話をかけたことに対して、相手からかけ直してもらうことを言います。電話をかけた際に相手が不在だった場合などに自分が「折り返しこちらから電話します」という言い方をする人がいますが、実は間違いです。 正しい言い方としては、「では、後ほどかけ直します」もしくは「また改めて電話をいたします」という言葉になります。 「折り返し」という言葉を正しく使う場合は、何度もかけても相手につながらないので、相手からかけてもらう場合に「折り返しお電話くださいますか」と尋ねるのが「折り返し」の正しい使い方です。

就活で折り返しの電話が来ない時の対処法

就活をしていると、色々な人や企業の人と連絡を取り合うことになります。近年ではメールやSNSといったツールを使って、連絡を取り合うことも珍しくなくなってきました。しかし、まだまだ電話で直接話すといったケースが多いようです。 就活中は、連絡にたいして、なにかとシビアになり落ち着かないこともあるでしょう。電話やメールなど来た場合は、出来るだけ早く折り返すことで、企業にたいしてやる気や誠意を見せることが出来ます。 しかし、就活で折り返し電話が来なかった場合は、どう対処すればよいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

就活で折り返し電話が来ない時の対処法1:留守番電話にメッセージがない場合

就活中に企業から電話があったものの、電話にとることが出来なかった場合は、どのようにすればよいのでしょうか。例えば、留守番電話にメッセージが残っているのであれば、内容を聞き、折り返し電話が必要であれば電話をします。 しかし、着信はあったものの留守番電話にメッセージが残っていなかった場合は、すぐに折り返し電話をするようにしましょう。留守番電話にメッセージを残さなかったという事は、内定の確立が高い可能性があります。すぐに折り返すことで、やる気や誠意を見せることが出来ます。

就活で折り返しの電話が来ない時の対処法2:指定された期日に電話が来ない場合

就活中に電話があり、折り返し電話したものの「担当者が不在なため明日、またご連絡を差し上げます。」と言われたが、当日になっても電話がかかってこなかった場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。 もし、指定された日時に電話がかかってこなかった場合は、次の日に電話をかけてみましょう。企業のかたも間違って日時を把握していた可能性もありますし、たまたま忘れていたといった可能性もあります。 また、電話ではなく合否の通知を郵便で知らせるといったこともあります。

就活で折り返し電話が来ない時の対処法3:かけ直したのに電話を切られた

折り返し電話をしたものの、電話を切られた場合はどのように対処するのでしょうか。基本的には、なかなかないケースではありますが、まれにそういった場面があります。 電話がもし途中で切れた場合は、再度かけ直して見ましょう。相手側の担当の人も間違って切ってしまった場合もありますし、何かのトラブルで切れた場合もあります。まずは、電話が切られたからといって、不合格とは思わずに再度電話して見ることが大切になってきます。

電話のマナーが重要な理由

応募した企業から説明会や面接の日程などで、電話がかかってきたりします。常に電話を取れる状態がベストではありますが、万が一出ることが出来なく折り返し電話を掛ける際には、時間帯を考えて電話する必要があります。 また話し方も重要で、タメ口や敬語を使わずに話してしまうと、「礼儀がない人」「ビジネスマナーが出来ていない人」と思われてしまします。 それでは、もう少し詳しくご説明していきます。

電話のマナーが重要な理由1:言葉使い

折り返し電話をした際に気をつけないといけないのが、言葉使いです。間違った言葉使いをしてしまうと「ビジネススキルが低い人」「礼儀がなっていない人」と、思われてしまう可能性があります。 また、電話に限ったことではなく、例えば面接のときなどに「タメ口」や「略語」などを使って話してしまうと、あなたの評価が下がってしまいます。そうならないためには、日頃から言葉使いに気を付けとく必要があります。

電話のマナーが重要な理由2:時間帯

就活中などで、電話に取れなく折り返し電話をする際に気を付ける必要があるのが、時間帯です。特に折り返し電話をする際は、お昼の時間帯をさける必要があります。 お昼間の時間帯は、基本的に企業は休憩の時です。担当者のかたも会社ではなく外出している可能紙も高く、社会人のマナーとしてもお昼の時間帯に電話をかけることは、担当者の休憩の時間を奪っていることになってしまうので、気を付ける必要があります。

電話のマナーが重要な理由3:呼び出しのコール

あまり気づきにくいことかもしれませんが、企業側に折り返し電話をする際は、呼び出しコールに気を付ける必要があります。企業側も多忙を極めている場合もあります。そのため、折り返し電話をしたとしてもなかなか繋がりずらい場合もあります。 基本的には、電話を取る場合は3回コールまでに取るのが常識ですが、それ以上電話をしても取られない場合は、時間を少し開けてからかけ直すと良いでしょう。それでも、電話が通じない場合は、次の日などに再度かけ直すことで、繋がります。

就活の折り返しの電話は休日でもよいのか?

就活で折り返し企業側に電話を掛ける場合には、曜日を気にする必要があります。企業にもよりますが、基本的には土曜日日曜日は休みというところが殆どです。そのため、折り返し電話をしたとしても、電話に出ないといった状態になります。 また、企業によっては土曜日日曜日と、営業している場合もありますので、一度電話をして確認して見るのがよいでしょう。もし、電話に出なかった場合は、平日の朝に電話をしてみると良いでしょう。

折り返しの電話のマナーとポイント

折り返し電話をする際のマナーとして、休憩時間帯をさける必要があります。休憩の時間帯と言うのは、担当者がいなかったり、ゆっくりと休んでいる状態です。そんなの時に折り返し電話をしてしまえば、担当者の休憩時間を奪ってしまうことになります。 それ以外にも、電話をしている際には小声になってしまってはいけません。聞こえる範囲内で声を大きくし、名前をしっかり言う必要があります。 それでは、もう少し詳しくご説明していきます。

折り返しの電話のマナーとポイント1:休憩時間帯はさける

折り返し電話をする時に大切なマナーとして、休憩の時間帯は必ず避けるようにしましょう。基本的にお昼間は休憩のため、人事の担当者などは外出している可能性もあるので、電話をしたとしても電話に取れなかったりします。 また、お昼の休憩の時間と言うのは、担当者にとってゆっくり出来る状態です。そんな時に電話をすることは、担当者の方の休憩の時間を奪ってしまう行為に値いします。ですので、折り返し電話をする際は、お昼の休憩の時間帯を除いた時間帯にかけ直しましょう。

折り返しの電話のマナーとポイント2:名前をしっかりと言う

折り返し電話した際のマナーとして、名前をしっかりと言うようにしましょう。採用担当者の方もあなた一人だけではなく、複数の人を受け持っています。そのため、折り返しの電話を受け取ったとしても、あなたが誰なのかを把握しきれていない場合もあります。 なので、折り返し電話をかけた場合は、「何時頃に電話があって、自分は誰なのか」をしっかり伝えるようにしましょう。また、伝える時は小声にならず出来るだけ大きな声で、はっきりと言うようにすると、さらによいでしょう。

折り返しの電話のマナーとポイント3:はきはきと笑顔で話す

折り返し電話をした時にあまり意識していないことかもしれませんが、はきはきと笑顔で話すことが大切になってきます。「笑顔?」と言われると「うん?」と、思われる方も多いかもしれませんが、電話をしててもその人がどんな態度なのかを知ることが出来ます。 例えば、イライラしている人であれば、自然と会話が抽象的になり話が早く終わってしまいます。逆に折り返し電話をした際に笑顔ではきはきと話をしていると、自然と会話が弾みスムーズに会話が進みます。

折り返しの電話のマナーとポイント4:翌日

就活中に電話が掛かってきても取れない場合もあります。企業側が営業の時間帯であれば、すぐに折り返し電話をすれば問題ないのですが、折り返す時間帯が営業終了前や営業終了後であれば、翌日に電話をかけ直すことが大切になってきます。 営業終了前は、一日の業務をまとめている時間帯でもあります。また、営業終了後は折り返し電話をかけ直したとしても電話が通じない状態が殆どです。なので、折り返し電話をする時は翌日にかけるようにしましょう。

折り返しの電話のマナーとポイント5:移動中に応募先から電話があったとき

就活中で、移動をしている際に応募先から電話がかかってくる場合もあります。例えば、静かな場所であれば、そのまま電話を取って話しても問題ありませんが、電車の中や車などで移動してる場合には、折り返し電話をする旨を伝えることが大切です。 電車の中だと周りにも迷惑も掛かりますし、落ち着いて話をすることも出来ません。そんな時には、一度電話を取り「すみません。現在移動中のため折り返しかけ直してもよろしいでしょうか?」と伺い、静かな場所で折り返し電話をすると良いでしょう。

折り返し電話のマナーでよくある失敗

折り返し電話でよくある失敗が、指定された時間が少し過ぎたぐらいで、すぐに問合せするといった行為があげられるでしょう。 企業側の採用担当者のかたも、たまたまその時間帯に電話を掛けることが出来なかったもしれません。一日待ってみても電話がない場合は、翌日にかけるのがベストです。また、翌日問い合わせをした時に相手を責めるといったことがあっては行けません。 それでは、どういった対応をとればベストなのでしょうか。例文を加えて見ていきましょう。

折り返し電話のマナーでよくある失敗1:問い合わせ

指定された時間に企業からの電話がかかって来ないからといって、すぐに電話を掛けるのはあまり良くありません。企業側の採用担当者のかたも忙しくてたまたま電話を掛けれない場合もあります。一日待っても電話がない場合は、翌日に電話をかけるのが良いでしょう。

例「○○株式様でございますでしょうか。先日面接を受けました〇〇と申します。○○の日までにお電話を差し上げますと言われたのですが、お電話がなかったため、失礼かと思いましたがお電話を致しました。」

折り返し電話のマナーでよくある失敗2:相手を責める

指定された期日に電話がなく、翌日に電話をするまでは良いのですが、電話をする際には相手を責めるような言い方はよくありません。企業側の方も好き好んで電話をしないわけではなく、たまたま電話を出来なかった可能性もあります。落ち着いて電話をすることが大切です。

例「○○株式会社でございますでしょうか。○○の日に面接を致しました○○と申します。昨日までに合否のお電話を差し上げるとのことでしたが、お電話がなかったため、本日お電話を致しました」

就活中の折り返し電話で不安になっている方へ

"就活中の不安を取り除くために必要な自己PR"を事前に準備しておくことをおすすめします。そうすることで不安要素が取り除かれ、自信を持って面接後も過ごすことができます。 また今回のような折り返しの電話にビクビクするようなこともなく、対応することが出来るので自己PRで内定を獲得し、就職への切符をしっかりと手に入れましょう。

折り返し電話が来ない場合の対象法を習得しよう

就活中に企業の方から電話があったものの電話に取れないことは多々あります。そんな時にどう対応すればよいのかを知っとけば、困ることはありません。まずは、折り返す時間帯から考え出来るだけ早く折り返し電話をするようにしましょう。 また、電話をしたものの採用担当者が不在の為、折り返し電話を差し上げますと言われたのに電話がなかった場合は、翌日に再度電話をして見ると良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング