IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接や履歴書で聞かれる「学業以外で力を注いだこと」のおすすめ例文

書き方・例文

新卒で就職活動を行えば、学業以外で力を注いだことは必ず聞かれます。これは履歴書と面接の両方で聞かれる質問であり、答えるのが難しい質問でもあります。今回は学業以外で力を注いだことの質問のアピール方法や例文などをご紹介します。

更新日時:

学業以外で力を注いだこととは?

学業以外で力を注いだこととは?

就活では様々な質問があり、それらに対して適切に答え、自身のことを伝えて高評価を獲得する必要があります。業界や企業によってオリジナルの質問が用意されていることも多く、志望する業界、企業に合わせて対策していなければなりませんので、事前準備は大変です。 しかしオリジナルの質問がある一方で、どのような業界や企業でも聞かれる基本的な質問もたくさんあります。履歴書や面接ではこれらが中心に問われますので、まずは基本的な質問に対する準備を進めておく必要があります。 就活でよく聞かれる質問として学業以外で力を注いだことという質問があります。学業以外で力を注いだことを想像してみれば様々なことが思いつきますが、この質問ではどのようなことが問われえているのでしょうか。

勉強以外でのアピールが求められている

就活でよくされる学業以外で力を注いだことの質問ですが、この質問では文字通り学業以外で力を注いだこと、つまり学生生活で勉強以外で何を頑張ったかが問われています。ここで自身の学業の成績などをアピールしても評価の対象にはなりませんし、質問に正しく答えられないとしてマイナスの評価となってしまう可能性すらあります。 基本的には勉強以外の話題を語れば大きくマイナスにされることはありませんので、学業以外で力を注いだことの質問に対しては勉強以外でアピールしていきましょう。勉強に触れなければ基本的にはどんなことをアピールしても構いません。 学業以外で力を注いだことの質問では自身のことがある程度自由にアピール出来ますので、その特性を踏まえたアピールが大切です。

学業以外で力を注いだことでおすすめの題材は?

学業以外で力を注いだことでおすすめの題材は?

学業以外で力を注いだことの質問では勉強以外の話題であれば基本的にはどんなことでもアピールすることは可能です。しかし何でもアピール出来るとなれば今度は何を題材にアピールすればいいのか迷ってしまいます。 何でも良いとは言え、何でもプラスの評価になるとは限りませんし、難しい題材を選んでアピールに失敗すれば当然マイナスの評価になってしまいます。またあまりにも平凡な内容やアピールになってしまえば面接官の印象に残ることが出来ず、これも就活で不利になってしまいます。 就活ではどれだけ面接官の印象に残ることが出来るか。またそれを好印象で残せるかが大切ですので、題材選びは慎重に行う必要があります。学業以外で力を注いだことの回答としてどのような題材がおすすめなのでしょうか。

サークル活動

学業以外で力を注いだことの回答の題材としてはサークル活動について語るのがおすすめです。サークル活動であれば取り組んでいる学生も多いですし、学生時代を通して頑張って取り組んでいる学生も多いです。 サークル活動であってもだらだらと過ごしているだけのものはNGですが、きちんと活動に取り組んでいるものであれば充分にアピールしていくことが可能です。たとえ遊びのサークルであっても、どれだけ真剣に遊んだのか、その遊びを通してどのような経験をすることが出来たのか、何を学んだのかなどを話せば印象的なアピールにしていくことは可能です。 学業以外で力を注いだことであっても研究サークルなどの場合はその勉強の成果をアピールすることが出来ます。

アルバイト

アルバイト

学業以外で力を注いだことの題材としてはアルバイトもおすすめです。アルバイトも行っている学生は多いですし、大学の4年間を通して続けたアルバイトなどであれば継続力なども同時にアピールすることができ好印象です。 また珍しいアルバイトをしていれば、それだけ面接官の興味を惹くことも出来ます。スーパーやコンビニ、飲食店などそれほど特別ではないアルバイトの場合でもしっかりと真面目に取り組んでいれば、その働きをアピールすることは出来ます。アルバイトとは言え、働いた経験を持っているのは大切なことです。 就活は就職するために行うもので、企業で働くために行うものです。アルバイトで働いた経験から学業以外で力を注いだことを語れば、就活でも大きなアピールにすることができるでしょう。

部活

学業以外で力を注いだことでは部活も大きなアピール対象になります。部活では様々なことを身に付けることが出来ますし、一生懸命に取り組んだことが分かりやすくもありますので、面接官にも好印象を与えることが出来ます。新卒ならではのフレッシュ感もアピールしやすく、部活の経験を上手にアピールすることが出来れば、就活を有利に進めていくことも出来ます。 学業以外で力を注いだことの質問では実績ではなく、その過程がどのようなものであったのかが問われています。部活を題材にして回答する場合でも大事なのは結果ではなく、過程です。部活を通して必ずしも高い実績を誇っている必要はありませんので、自分なりの努力を面接官に伝えていくようにしましょう。

その他趣味など

学業以外で力を注いだことの質問では自身の趣味の経験から答えるのもおすすめです。趣味であってもその取り組み次第では様々なものを得ることが出来ますし、趣味をアピールしたからと言ってそれだけでマイナスの評価になることはありません。 もちろん趣味を軽く楽しんだ程度の話題ではアピールにはなりませんし、マイナスの評価となる可能性も高いです。質問の前提はあくまで学業以外で力を注いだことですので、趣味であっても全力で打ち込んでいる必要があります。学業以外で力を注いだことの本気度が大したことがなければ学業への本気度も疑われ、やる気のない人だと思われてしまいます。 学業以外で力を注いだこととして趣味をアピールすることは可能ですが、答え方には充分注意しましょう。

学業以外で力を注いだことでアピールできない題材は?

学業以外で力を注いだことでアピールできない題材は?

学業以外で力を注いだことの質問では当然ながら学業、勉強についてアピールすることは出来ませんが、アピールすることが出来ないのは勉強だけではありません。どこからどこまでが学業の範囲に含まれるかは企業によっても異なりますが、基本的には学業以外で力を注いだことの質問で答えてはいけないとされる題材があります。 その題材を答えてしまうと全く評価の対象にならなかったり、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。就活では一つ一つの質問の積み重ねが大切ですので、評価されない、あるいはマイナスの印象であることは非常に不利に働きます。 学業以外で力を注いだことの質問で答えてはいけない題材について知り、それ以外の題材でアピールを進めるようにしましょう。

ゼミなど

学業以外で力を注いだことの質問でNGとされている題材としてはゼミでの活動が考えられます。ゼミの活動と一口に言ってもそれぞれの内容は大きく異なっていますが、基本的にはゼミでの話題は学業以外で力を注いだこととしてはNGとされています。 ゼミは希望者だけが入るものであり、必修の科目ではありませんが、大学のカリキュラムとして考えられているものです。その証拠にゼミには単位がありますし、ゼミ=学業と捉えることに何の不思議もありません。 学業で頑張ったことでゼミの活動を答えるのは問題ありませんが、学業以外で力を注いだことの質問の場合はゼミの活動はアピール出来ません。間違ってアピールするとマイナスになってしまう可能性がありますので、充分に注意しましょう。

面接官は学業以外で力を注いだことから何を見ている?

面接官は学業以外で力を注いだことから何を見ている?

学業以外で力を注いだことに答えるための題材を決めることが出来れば、今度はそのアピール方法について考えていく必要があります。どれだけ素晴らしい題材を選んでも正しくアピールすることが出来なければ充分なアピールにはなりません。 あまりにアピールが下手すぎる場合は面接官が理解出来ず、評価の対象にすらならない可能性もあります。正しくアピールしていくためには学業以外で力を注いだことの質問で面接官は就活生の何を見ているのか、どんなことを知りたいと思っているのかを知る必要があります。 評価のポイントを知らないままにアピールしても高い評価を獲得することは出来ません。学業以外で力を注いだことの質問から面接官は何を見ているのかを知り、正しいアピールを心がけましょう。

人間性

学業以外で力を注いだことの質問から面接官が見ていることとしては人間性が挙げられます。面接官は学業以外で力を注いだことの思い出を聞きたがっているわけではありません。学業以外でどのようなことを経験し、その時にどのように考えたのか。その経験から何を感じ取ったのかなどによって人間性が見られています。 そのため正しく評価されるためには自身の人間性が分かるようにアピールを進めていくことが大切です。「私の人間性は○○である」と直接的な表現を使わなくても経験したことを詳細まで語ることで人間性をアピールすることは出来ます。学業以外で力を注いだことの質問では出来るだけ詳細に語り、面接官にその時の情景をイメージさせることが大切です。

物事に対する取り組みの姿勢

学業以外で力を注いだことの質問では人間性の他に物事に対する取り組みの姿勢も見られています。物事に対してどのように取り組むのか、またその取り組み方からも人間性や性格が判断されています。 物事に取り組む姿勢はそのまま仕事に対する姿勢でもありますので、物事に真面目に、根気強く取り組める姿勢をアピールすることで高評価に繋げることが出来ます学業以外で力を注いだことの質問では仕事に対する取り組みの姿勢も見られていますので、適当にアピールしてしまっては大きくマイナスの印象を与えてしまいます。 学生時代を通して本当に頑張ったこと、本気で取り組んだことを伝えれば基本的にはマイナスになることはありませんので、本当に熱中したことを語るようにしましょう。

学業以外で力を注いだことのアピール方法は?

学業以外で力を注いだことのアピール方法は?

学業以外で力を注いだことの回答で使える題材、面接官が見ているポイントを知ればいよいよ具体的なアピールについてを考えていきましょう。面接官に見られているポイントを踏まえてアピールすることが大切ですが、さらに高評価を狙うのであれば、そのアピールの方法についても工夫が必要です。 学業以外で力を注いだことは題材選びも大切ですが、同じ題材でアピールしたとしてもその方法次第で大きく印象が左右されます。たとえ平凡な題材であってもアピールが上手に出来ていれば高評価ですし、題材が素晴らしくてもアピールが下手であれば低評価です。 アピールの方法にも様々なポイントがありますので、それを踏まえてより完璧なアピールに近づけていきましょう。

結論から語る

学業以外で力を注いだことを効果的にアピールするためにはアピールしたい内容を結論から話すようにしましょう。最初に結論を語ることで今からどんなことについてのアピールをするのか、何の経験をアピールするのかを面接官に正しく伝えていくことが出来ます。 最初に結論を語ることでアピール内容を面接官に印象付けることができますし、先入観を最初に与えておくことでより効果的なアピールを行うことが出来ます。結論を先延ばしにしてしまうと何をアピールしたいのかが曖昧になってしまいますし、面接官も何を評価していいのか分からなくなってしまいます。 アピールを簡潔にまとめ、面接官に伝わりやすくするためにも結論から最初にアピールするようにしましょう。

根拠となるエピソードを話す

学業以外で力を注いだことの質問ではアピールしたい結論を語れば、次はそれを裏付けていく根拠の部分を作成していく必要があります。最初にどれだけ素晴らしい経験やそこで得た能力などを語ったとしてもそれが本当のことであると面接官が信じなければ意味はありません。 アピールには信憑性があることが大切ですので、結論を裏付ける根拠を記していきましょう。裏付けの根拠としておすすめなのがエピソードです。その経験のエピソードを詳細まで語り、当事者しか知らない情報を織り交ぜることでアピール全体に信憑性を持たせることが出来ます。 出来るだけ具体的にエピソードを語り、相手に伝えるだけではなく、信じてもらえる、説得出来るアピールを目指しましょう。

自分のオリジナルのアピールを心がける

学業以外で力を注いだことの質問に限ったことではありませんが、就活は自分のことを伝えていくことが大切ですので、アピールにはオリジナリティが必要です。他人のエピソードをそのまま語るのはNGですし、ネットなどから引っ張ってきたエピソードをそのまま語るのもNGです。 他人のエピソードを語ると嘘になってしまいますし、ネットの情報を利用すると教科書通りの、何の面白味もないアピールになってしまいます。 面接官は学業以外で力を注いだことの質問からその人の人間性を見たいと思っていますので、独自のアピールをして、自身の人間性をアピールすることが大切です。自分の経験を自分の言葉で語り、自身の個性をアピールしていくようにしましょう。

面接や履歴書で聞かれる「学業以外で力を注いだこと」のおすすめ例文は?

面接や履歴書で聞かれる「学業以外で力を注いだこと」のおすすめ例文は?

学業以外で力を注いだことの質問の意図を正しく理解し、そのアピールの方法などを知れば実際のアピールを考えていきましょう。 しかし、ポイントを知ったからと言ってすぐにアピールが思いつくものではありませんので、例文を参考にしてさらにイメージを掴んでいきましょう。例文はあくまで参考ですので、それを丸写しするのではなくイメージを作って自分の言葉で考えるようにしましょう。

サークル活動

私はサークル活動に力を注ぎ、そこで継続することの大切さを学びました。私は軽音サークルに入部し、バンドではベースを担当していました。ベースは触るのも初めてで全くの初心者でしたが、きちんと練習を重ね、メンバーとも息を合わせることで良い演奏が出来るようになりました。3回生では文化祭でも演奏し、会場を大きく盛り上げることが出来ました。

アルバイト

私はアルバイトに力を注ぎ、チームワークの大切さを学びました。私は居酒屋のキッチンでアルバイトをしていました。アルバイト先は忙しく、キッチンは常に動き回らなければならないポジションでした。 基本的には分業がされていましたが、忙しい時にはお互いにフォローに入るようにしていました。お互いにフォローをしあうことで視野を広く持って行動することができ、また絆を深め、円滑に業務を進めることが出来ました。

部活

私は部活に力を注ぎ、リーダーシップを身に付けました。私はバスケ部でキャプテンをしており、チームを引っ張るためにはどうすればいいのかを考え続けました。そしてキャプテンはチームの精神的な支柱になることだと考え、どれだけピンチの状態でもポジティブな声かけを行い、チームを奮い立たせました。 その結果チームの雰囲気が悪くなることはなく、たとえどれだけピンチでも心を折らずに最後まで戦い、チームを引っ張ることが出来ました。

その他趣味など

私は趣味の旅行に力を注ぎ、そこでどんなことでも挑戦出来る勇気を身に付けることが出来ました。私は大学時代バックパッカーとして世界中を旅し、様々な経験をしました。時には日本にはない文化に触れ、面を食らうこともありましたが、それぞれの違いを受け入れて現地の人と交友関係を築くことが出来ました。 バックパッカーを続けるうちに挑戦することは楽しいことなのだと気づき、新しい環境でも恐れることなく飛び込めるようになりました。

学業以外で力を注いだことを正確にアピールしよう

学業以外で力を注いだことを正確にアピールしよう

学業以外で力を注いだことの題材やアピールのポイント、実際の例文などを紹介しましたが、学業以外で力を注いだことの質問は非常に自由度が高く、様々なことをアピールすることが出来ます。他では中々アピール出来ない内容もアピールすることが出来ますので、自身の中で絶対にアピールしたいことがあるならこのチャンスを逃す手はありません。 回答には様々な注意点やポイントがありますが、それらを知っていればそれほど難しいものではありません。学業以外で力を注いだことを正確にアピールし、就活の攻略を目指しましょう。

企業面接で大切なことは自己PR!

面接官にとって、あなたは知らない存在です。そこで大切になってくることは、自分をどれだけアピールできるかということです。自己PRが苦手な人は、「キャリアパーク」がおすすめです。 年間1,000名の学生と面談する経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、あなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。無料登録は1分で完了し、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 また、模擬面接やES添削他、就活でのお悩み相談も可能なので、一人で抱え込まず「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング