IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事で何をやってもうまくいかないとき|心理と原因・対処法

更新日:2020年06月11日

仕事

仕事や恋人、友達、人生においてあらゆることがありますが、何をやってもうまくいかない時期ってありますよね。仕事で何をやってもうまくいかない、自分はダメかもしれない。そな時は辛いですが、何をやってもうまくいかないのはみんな同じなのです。

何をやってもうまくいかない時、人の心理はどのような状態になっているのでしょうか。 また、何をやってもうまくいかない原因はどこにあるのでしょうか。 考えられる心理と原因をピックアップしてみました。少しでも解決への参考になれば幸いです。

何をやってもうまくいかない人の心理は?

何をやってもうまくいかない時、人の心はネガティブな思考に陥りがちです。 何をしてもうまくいかず、行動してもその人はネガティブな思考を繰り返し、失敗してしまいます。 そんな、何をやってもうまくいかないには訳があります。考えられる心理としては、下記の二つです。

何をやってもうまくいかない人はすぐにあきらめてしまう

何をやってもうまくいかない人は、やってもうまくいかないことが分かってしまっている状態なので何をしてもすぐにあきらめてしまう心理状態にあると考えられます。 確かに失敗続きだと「またやってもうまくいかないだろう」と考えてしまい、その行動をあきらめてしまいますよね。

失敗することを恐れている

あきらめてしまう要因を作る心理状態としては、何をやってもうまくいかないことが続くと全ての物事に対して失敗することを恐れてしまいます。仕事でも恋人でも友達でも同じことです。 失敗することを恐れているあまり、前回失敗したことを学ばずに再び失敗してしまうのを繰り返してしまうのです。

何をやってもうまくいかない…原因は?

何をやってもうまくいかないことには、何らかの原因があると考えられます。 その原因はどのようなことなのか?どんなことが原因で何をやってもうまくいかないのか? その原因について色々と考察をねって、追求してみました。

努力する方向を間違っている可能性がある

何をやってもうまくいかない人は実は、努力する方向性を間違えている可能性があります。 例えばある一定の行程をしようとして、順序を毎回間違えていればそれは、どんなに努力をしたとしても失敗への方向を向いていることになり、何をやってもうまくいかないと思うのは当然のことです。

ですから、何をやってもうまくいかないと感じた時は、努力する方向性を間違えていないか確認したり、人に聞いてみることが解決への1つの方法だと思います。

失敗してもその失敗から改善をすることをしていない

失敗ばかりの人で何をやってもうまくいかないと思っている人は多いと思います。 しかし、何をやってもうまくいかない人というのは、失敗から得たことを学び、改善しようとしている姿勢が見られないことが多いです。

何故なら、何をやってもうまくいかない人は、この失敗した方法が正しいと思いこんでしまっている可能性があるのです。それでは、たしかに何をやってもうまくいかないわけです。

まずは、失敗した時に『何がいけなかったのか』『何が足りなかったのか』『この失敗した方法はダメなんだ』と失敗したことを認識して、どうしたら改善するのかを考えることが、何をやってもうまくいかないから抜け出す1つの方法です。

もし、改善する方法が分からなければ、人に相談することも、失敗を改善する上で大切なことです。 恥ずかしいから無理、大人のすべきことではない。とイジを張らずに、ぜひ勇気を出して相談してみましょう。何か解決できると思います。

次のページ:何をやってもうまくいかない時は一息入れよう
初回公開日:2017年03月10日

記載されている内容は2017年03月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング