IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お客様各位とは?|お客様各位という表現は正しい使い方なの?

言葉・雑学・歴史

郵便物や、ビジネスシーンで多用される「お客様各位」という言葉、皆様も一度はみたことがありますよね?しかし、お客様各位という言葉を使うシーンはなかなかと複雑になっています。今回は、お客様各位の使用シーンについて解説していきます。

更新日時:

お客様各位とは?

ビジネスレターで敬称の付け方は簡単そうで難しいものです。よく迷ってしまうのは、お客様に使う「各位」と言う言葉です。「各位」と言う言葉はビジネス文書で日常的に使われますが、すべて理解しているかと言うと、いろいろと疑問が出てくる言葉です。 各位の中でも「お客様各位」という言い方が正しいのか間違っているのか?というのは諸説あって、どなたにとっても難しい問題です。敬称が重複しているから間違いだという人もいれば、これで良いという人もいます。これから「各位」と言う言葉についてと「お客様各位」という表現について、そして例文などをご紹介します。

そもそも各位とは?

「お客様各位」の前にまず「各位」という言葉を理解しなければなりません。 学生から社会人に変わって、ビジネス文書を目読むようになると、「各位」という言葉を目にすることも多くあると思います。受け取る書類や、メールについていることはあっても、「各位」の意味や使い方がわかっていないという人もいるのではないでしょうか。 「各位」と言うのは、大勢の人を対象にして、その一人一人を敬って使う敬称です。「皆様、皆様方」と同じ意味で、あらたまった席上や書面で用いられます。「~各位」はそのまま「~の皆様」の意味になります。多くの人に宛ててメールを送信したり、手紙を送ったりする時、案内状、お知らせなどに使われます。社内でも社外でも、顧客や目上の人にも使うことができます。

各位を使う例

各位は以下のように使われます。 関係者各位、担当各位、取引先各位、販売店各位、会員各位、株主各位、役員各位、管理職各位、支店長各位、従業員各位、第一営業部各位、○○株式会社各位、町内会各位、父兄各位、保護者各位

各位の誤った使い方の例

各位を宛名に使うのは誤り

封書の宛名に「各位」を使うのは誤りです。 「各位」は宛名に使うのではなく文章の冒頭に使うものです。 封筒の宛名には「様」か「御中」を選びましょう。 宛先が会社や組織なら「御中」、個人に届くものなら「様」です。 会社の中の個人あてなら「○○株式会社△△様」となり、会社の中の特定部署なら「○○株式会社xx部御中」となります。

各位を個人にあてて使うのは誤り

個人にあてて「各位」を使うのは間違いです。各位は複数の人を対象に使うものです。 1人の人にあてるときには「様」を使いましょう。たとえ複数でも4~5人程度ですべて名前がわかっている場合なら「○○部、山田太郎様、鈴木一郎様...」のように連名にしてそれぞれに「様」を使う方が丁寧です。

各位を様などの敬称と重ねるのは誤り

これが問題の「お客様各位」に当たるものですが、各位は原則として「様」などの敬称と重ねて使うのは誤りとされています。担当者各位様、役員各位殿、関係者様各位、○○株式会社御中各位、などは皆誤りです。そうなると「お客様各位」も誤っていることになりますが、果たしてどうなのでしょうか?

お客様各位という表現は正しい?

お客様各位はほぼ認められている

本来の「各位」の使い方からすると「お客様各位」は誤っていますが、最近は日本語も変わってきているので「お客様各位」は容認されつつあります。「お客各位」が正しい言い方なのですが、この言い方には違和感を感じるために、「お客様各位」の方が一般的になっています。 「お客様各位」は現在ほぼ市民権を得たと言って良い状態です。日本語は常に変化しています。文法的に正しいかよりも、世間がどう思うかという印象の方が優先されているのが事実です。

認められていない各位の使い方

「お客様各位」が認められるのなら「~様各位」がすべて認められているかと言うと、そうではありません。「お得意様各位」「お取引先様各位」「ご協力先様各位」「ご利用者様各位」などは、容認されるケースもありますが、一般的には認められていません。このあたりは会社によって違う場合もあるので、できるだけ他の言い方を選択した方が良いでしょう。

どう言い換えれば良いのか?

上記のような微妙なケースの場合、また「お客様各位」でも高齢者を対象にしたり上司や送り先が保守的な考えの場合は、別の言い方にした方が良いかもしれません。また社会の誰もが「各位」を正しく理解しているかどうかもわかりません。「お客様各位」や「お取引先様各位」の代わりなら、候補として「取引先各位」がまず使えます。 また「各位」と言う表現が誤解を生む恐れがある時には各位を避けて「皆様」とする方法があります。「~の皆様」を活用して「お取引先の皆様」や「ご利用者の皆様」とすると、誰にもわかりやすく丁寧な印象になります。部署宛ての何人かに送る場合は「○○営業部、山田太郎部長、鈴木一郎課長、及び関係者各位」とするのも良いでしょう。そして迷ったら一層のこと「各位」のみにするのも方法です。冒頭に一言「各位」とだけあるのは唐突なようですが、アリとされています。

お客様各位の使い方

「お客様各位」は普通は文章の冒頭に使います。本文より前の一番上の左上に「お客様 各位」とします。すでに述べましたが宛名には「様」か「御中」を使用して「お客様各位」は使用しないようにします。また「お客様各位」を文中に使用する場合もあります。これから「お客様各位」を用いたお客様への案内状の例文を2例ご紹介します。

例1:お客様各位を冒頭に使用する案内状

お客様 各位 平成28年3月〇日 株式会社 ○○商会 営業部 田中三郎 電話:03-1234-5678 お花見のご案内 謹啓 春暖の候、ご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼を申し上げます。 つきましては、日頃のご厚誼へのお礼とご慰労をかねまして、下記の通り花見を催したいと思います。 時節柄ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席くださいますようお願い申し上げます 。 敬具 記 日時: 4月5日(土) 午前10時より 場所: 上野森公園 不忍池南側(詳細は地図をご参照ください) ...... 以下略......

例2:お客様各位を文中に使用する案内状

展示会のご案内 拝啓 初秋の候、皆様方におかれましてはご健勝のことと存じます。 平素は格別のご厚情を賜わり深くお礼申し上げます。 さて弊社ではこのたび、恒例の製品展示会を下記のとおり開催することになりました。 今回の展示会では 弊社の新製品を多数を展示しております。 ご多忙中のところ誠に恐縮に存じますが、社員一同お客様各位のご来臨を心からお待ち申し上げております。 敬具 ......以下略......

お客様各位を話し言葉で使う場合

「各位」は主に文書で用いられますが、あらたまった場では話し言葉に用いられることもあります。会話に用いられることはあまりありませんが、何かの式や、公の場の発表やスピーチなど、多くの人を前にした場面で用いられます。「お客様各位」は例えば、「お客様各位のご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。」などと使われます。使い方はこれで良いのですが、場の雰囲気によっては「各位」は堅苦しすぎる印象を与えることがあります。 そうした場合は「皆様」を用いて「皆様のご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。」とするのが良いでしょう。

変わりゆくビジネス用語

いかがでしょうか? 以上が「お客様各位」の用途についての記事になります。ビジネス用語は一般的なルールがありますが、それは習慣に作られたルールであって、法律のような絶対的なものではありません。 どれが正しくてどれが間違いと線引きをするのが難しい部分もあります。「お客様各位」はまさに線上にあるようなものなので、一般的に認められつつあるとはいえ、まだ100%とは言えません。ビジネス用語は社会の変化と共に変わっていきます。変化を敏感に察しながら、その場の状況に応じて臨機応変に使用するようにしましょう。こちらの記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

ビジネス用語についてもっと詳しく知りたい方はこちらをオススメ

ビジネス用語を知ってるようで知らない、使い方が間違っていた。ビジネスシーンで間違った言葉使いや敬語の使い方をしていると評価を悪くしてしまう可能性があります。 ビジネス用語を確り学びたい方にオススメ!

知っているようで知らない ビジネス用語辞典
知っているようで知らない ビジネス用語辞典

関連タグ

アクセスランキング