IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自衛隊の平均年収・給料・幹部自衛官が年収1000万は可能?

職種研究

こちらの記事では、自衛隊の平均年収や階級別の自衛隊の年収を紹介しています。自衛隊は命をかけて行う仕事ですので、給与以外にも福利厚生がかなり充実しています。そして、お金以上になによりも、自衛隊の活動を通して、人間として成長できる職業です。

更新日時:

自衛隊全体の平均年収

自衛隊全体の平均年収

さまざまな手当を加えた年収でいうと、自衛隊全体の年収は、およそ年収300万〜500万ほどになるのが一般的です。賞与は年2回、昇給は年1回となります。 任務の性質上どうしても危険を伴う職務であるということと、体力的な問題などから定年退職が早いということを考えたうえで一般の国民の平均年収よりも高いです。 自衛隊の入隊コースはいくつかあり、それによってスタート時にもらえる給料に差が出てきます。たとえば、将来的な幹部としてみなされる一般幹部候補生や防衛大学校卒者は、給料が高めとなっています。 自衛隊への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!転職のプロが求人の紹介から面接対策までサポートしてくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

自衛隊の階級別年収

自衛隊では階級ごとに年収が決められていて勤続年数に応じた支給額になるよう定められています。 任期制隊員の2士から将官まで幅広い階級があり、年収の額も大きく変わってきます。どれくらいの年収の差があるのか見ていきましょう。

自衛隊の階級別年収

自衛隊の任期制隊員の年収

自衛隊では士階級を任期制隊員と呼びます。2士、1士、士長の3つの階級があります。全体的な年収は200~300万円前後です。 任期制隊員は士長まではトントン拍子に昇任しますので、2士から1士までは給料の幅にほとんど差がありません。 士長になれば任期継続などで勤続年数を重ねていくことができます。高卒18歳入隊であれば約2年後の20歳で士長になれます。

下士官の年収

自衛隊では曹階級を下士官と呼びます。曹長、1曹、2曹、3曹の4つの階級があります。全体的な年収は、300~600万円ほどでしょう。 年収の差が大きいのは勤続年数によって変わるからです。 曹長で長く勤務していた人ほど多くの給料を貰える仕組みです。曹階級の自衛隊は、ほとんどの人が1曹か曹長で退官します。 定年間際の年収は600万~650万といった感じでしょう。

尉官の年収

自衛隊では尉官と呼ばれる幹部自衛官がいます。3尉、2尉、1尉の3つの階級があります。全体的な年収は、350~650万円ほどでしょう。 防衛大学校卒者、一般幹部候補生入隊の自衛隊は、3尉からの部隊勤務となります。また、30歳を過ぎる頃には既に1尉となっている人が多いでしょう。 3尉や2尉の20代若手幹部の場合は勤続年数が少ないので、階級が下の曹長より低い金額になることがあります。 叩き上げの部内幹部の場合は、定年時の階級が1尉か3佐の人が多いようです。その場合、定年間際の年収は700万前後といった感じでしょう。

佐官の年収

自衛隊では佐官と呼ばれる幹部自衛官がいます。3佐、2佐、1佐の3つの階級があります。全体的な年収は400~700万円ほどでしょう。 佐官になると給料の幅がグンと広がります。1佐で駐屯地司令官、2佐で部隊長、3佐で中隊長と言った感じです。 一般幹部候補生、防衛大学校卒者のほとんどは定年時2佐か1佐と言われています。その場合、定年間際の年収は800万前後といった感じでしょう。

将官の年収

自衛隊では将官と呼ばれる幹部自衛官がいます。将補、将官、2つの階級があります。全体的な年収は、650~1500万円ほどです。 陸・海・空のトップであり、国内では数十人しかいない階級です。 ここまでくると一般自衛官からは雲の上の存在になります。しかし、自衛隊を背負って立つ人間の月額が約100万円前後では一般の大企業の重役の方が高給取りに感じてしまいますね。

自衛隊は手当が多い

自衛隊は手当が多い

自衛隊の給料はそこまで高くないと思いますが、実は、手当や福利厚生がきちんと整っています。 それでは、詳しく説明しています。

手当が多い

自衛隊の代表的な手当としては「期末・勤勉手当(ボーナス)」「扶養手当」「夜勤手当」「単身赴任手当」など数々の手当がつくことで、比較的高い年収を得ることができるといわれています。 これらは、一般的な会社員でもつくことがある手当でしょう。それ以外に、自衛隊ならではの特殊な手当があります。 他には、パイロットの飛行に対して支給される「航空手当」、落下傘での降下を行うと支給される「落下傘隊員手当」、災害の際に被災地に派遣されると支給される「災害派遣等手当」などが挙げられます。

福利厚生が充実

自衛隊は、年収とは別に、支給されるものがあります。それが、「住居」や「食事」「被服」です。また、自衛官の待遇の特徴として「医療費が無料」です。 とくに訓練期間に関しては団体生活のため住居費は必要ありませんし、日々の食事や制服・作業服も支給されるため、生活上はあまりお金を使う機会がありません。 そして、自衛官は、自衛隊関連の病院では無料で診察や治療を受けることができるのです。 こうしたトータルでの待遇を考えると、自衛隊は安定したを年収を得ることができる職業のひとつと考えることができるでしょう。

自衛隊の昇進試験を受ければ給料は上がる

昇進試験は、大きく分けると士長から曹へ昇級するときと、曹長から幹部である3尉へと上がるときにあります。 通常であれば全員が幹部へと昇級するわけではないので、一般的には曹へと昇級する時に試験があるくらいです。 もし自衛隊に残ってずっと働きたいのであれば、この昇級試験は避けて通れません。なぜなら士長のままで自衛隊に残れる期間は約3任期だからです。もしこの任期内に試験に通らなければ自衛隊に残ることはできません。 自分の市場価値を知りたいなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職のプロがあなたの強みやアピールポイントを引き出してくれます。一人での就活に限界を感じたら、転職のプロの力を借りてみてはいかがでしょう。

実技試験

体力測定と部隊を指揮する実技試験に受かるには普段からの体力作りや学科の勉強に比重を置くのが重要になってきます。 体力測定は、腕立て・懸垂・腹筋や持久走などがあります。それぞれ規定の回数が決められており、その回数に届かないとその時点で不合格になります。たとえば腕立てであれば最低でも80回はできなければいけません。 部隊を指揮する実技は、数人の隊員を規定のスペースの範囲内で指揮するという内容です。これもかなり難しいです。ですので、休みの日などを利用して試験を受ける隊員は皆がかなり練習してます。

年収1000万円もありえる?

昇進していき、左官や将官の幹部自衛官になることができれば年収1000万円も夢ではありません。また、防衛大学校出身者のほうが1000万円に到達する可能性は高いです。 住宅や医療の手当が充実していることを考慮すれば、年収700~800万円ほどでも、1000万円もらっている人たちと同じような生活水準になります。

自衛隊は人として大きくなれる

いかがでしたか。 自衛隊は、他の一般企業に比べても給与面や福利厚生が充実しています。そして、お金以上になによりも、人を助けるという活動を命をかけて行うことで、人として一回りも、二回りも大きくなることができる職業です。

自衛隊の現実について

自衛隊の年収を紹介してきましたが、いかがでしたか? 以下の記事では、自衛隊の仕事内容や自衛隊への転職の仕方について詳しく紹介しています。 よろしければ、参考にしてみてください!

関連タグ

アクセスランキング