IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

アルバイトをすぐに辞める方法|バイトを辞める口実9選

更新日:2022年09月16日

コミュニケーション

あなたは今のバイト先を辞めたいと考えていますか。「すぐにでもアルバイトを辞めたい」という方向けに、「最短でバイトを辞められる日数」や「バイトを辞めるときに使える口実9選」を紹介します。また「辞めたい」という申し出をどのような方法で行うかも詳細に解説しています。

アルバイトとは

アルバイトとは、「時間を区切って働く雇用形態」や「短時間の雇用形態で働く人」のことを指します。 何らかの事情でアルバイトを辞めたくなった場合、「辞めたい」と申し出てから最短で何日後に辞めることができるのでしょうか。

最短で辞められる日数

「アルバイトを最短で辞められる日数」は、職場によって異なります。 アルバイトは「雇用契約」という契約の1種のため、「いつ契約を終了させるか」は当事者間で決めることができます。一般的には、「退職日は『申し出』から1ヶ月後」と規定されていることが多いです。 退職時期について特に取り決めがない場合、民法上では「退職の申し出」から2週間経過すると、契約が解除されると定められています。

すぐにバイトを辞めるための口実9パターン

せっかく働いているバイトですが、色々な事情で辞めなくてはならなくなったケースや、辞めたいと思うケースも出てきます。 ここからは、すぐにバイトを辞めるための口実を9個紹介します。

口実1:学業に専念する

すぐにバイトを辞めるための口実として、「学業に専念する」ということが挙げられます。 学生と主婦でバイトをしている場合、「本業」があることはバイト先も理解しています。「学業に専念したい」というのは、バイトを辞める前向きな理由です。

口実2:学校に発覚した

すぐにバイトを辞めるための口実として、「学校に発覚した」ということが挙げられます。 校則でバイトが禁じられているのであれば、バイト先も継続して働くことを要求できません。もっとも採用時に「学校に許可を取りました」と伝えていたのであれば、ひたすら謝ることも必要です。

口実3:卒論が忙しくなった

すぐにバイトを辞めるための口実として、「卒論が忙しくなった」ということも挙げられます。 「卒論が忙しくなった」というのは、「学業に専念する」と同様、学生の本職です。バイト先も、「バイトを続けたせいで卒論が書けなかった」と恨まれたくはないので、早めに申し出たら認めてもらえます。

口実4:就職が決まった

「就職が決まった」というのも、すぐにバイトを辞めるための口実として挙げられます。 特にフリーターがバイトを辞める理由としてポピュラーなものです。普段から「社員の面接を受けている」と伝えておけば、よりスムーズに辞められるでしょう。

口実5:掛け持ちバイトを減らすため

すぐにバイトを辞めるための口実として、「掛け持ちバイトを減らしたい」というものも挙げられます。 「たくさん稼ぎたい」と思って複数のバイトを掛け持ちしてみたところ、「思ったよりも忙しくてとても続けられない」というのはよくあることです。

口実6:予想以上に大変だった

次のページ:バイトをすぐ辞めることを伝える方法4選
初回公開日:2017年02月25日

記載されている内容は2017年02月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング