IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ストレス社会とは?日本がストレス社会になったのはいつから?

メールマナー

こちらの記事では、ストレス社会の現状やストレスとうまく付き合っていく方法を紹介しています。日本は、現在深刻なストレス社会となっています。ストレスの原因はさまざまです。ストレスは病気を引き起こす可能性もあり、自分なりのストレス解消法を見つけることが求められます。

更新日時:

ストレス社会とは?

現代社会を特徴づけるものは、社会に蔓延するストレスです。現代人は時間に追われ、ゆったりと生活することができません。暇があると、忙しく新聞を読み、喫茶店で雑誌を読み漁り、パチンコをし、タバコを吸い、友達と喋り続けています。休日に家族と行楽地に行っても、多くの人の波にもまれてあわただしく時間を過ごし、家に戻ってやっとほっとします。 ストレスから解放されようとして、毎日酒を飲む人も多いです。何よりも仕事のストレスが現代人を打ちのめしています。仕事には家族の生活が掛かっています。その仕事のストレスが現代人を疲労困憊させています。そして親の生活態度が子供にも伝染し、子供もストレス社会の環境の中で生活しています。 このようなストレスが蔓延している社会のことをストレス社会といいます。

日本の現状

日本社会はまさにストレス社会の象徴といってもよいでしょう。 日本がストレス社会なのは、まず日本人の気質です。ストレスを大きくする原因になる日本人の気質には次のようなものがあります。 〇チームや組織を大切にする 〇上下関係に厳しく、目上の人に忠実に働く 〇結果が出なかったり、失敗があると、自分が責任を取る 〇忍耐が美徳とされる これらは全て日本人の素晴らしい部分です。日本人のDNAに刻み込まれたサムライ魂ともいえるこれらの気質は、日本人を団結させて大きな仕事をすることで、経済発展をもたらしました。 日本がここまで発展したのは、このサムライ魂のおかげと言っても過言ではありません。しかし、これらが過度になり過ぎると、自分を押し殺して、望まないことでもやり続けなければいけないストレス社会を作り出します。 日本人のサムライ魂は、ストレスを継続させストレス社会へとなってしまったのです。

ストレス社会の原因

〇人間関係 ストレス社会の原因として、第一位に上げられています。職場やプライベートにおいての人とのやり取りの中で、自分の思いどうりにならないことから、悪いストレスが生じるようです。 〇仕事 残業が多く、しかも休日もほとんど取れない、責任がかかったり、期日が迫られている仕事を任せられているなどがストレス社会の原因に上げられます。また、逆に仕事がない、やりがいが感じない、ヤル気が起きない、暇である等で生じることもあるようです。 〇睡眠不足 何かのキッカケにより、睡眠不足が続いた場合、心身が休まらずストレスが生じることになります。体調不良や集中力が途切れ、それがまたストレスとなり、不眠症を引き起こす恐れもあります。 〇性格的なもの 真面目で完璧主義の人や何事にも短期な人です。また、すぐ緊張したり心配性な人、自分の意志や感情をストレート に表現できず、思いを自分で抑えこむ人などがストレスが生じやすいと言えます。自分の思いどうりにならない不満が蓄積されることによって、ストレスが生じるのです。 〇テクノストレス パソコン、携帯電話、TVゲームなど長時間にわたり操作することによる疲れから生じることがあります。また、これらのツールを常に使用していないと、人間関係や現代社会に適応できないという「不安」や「焦り」がストレス社会生んでいます。

心のケアを重要視していない

日本人の精神疾患への意識の低さです。ストレス自体もうつ病などの心の病につながりますが、それだけではありません。ストレスは心臓を始めとした、様々な体の病気の原因にもなります。 ストレスはそれほど怖い物にもかかわらず、私たち日本人はストレスに対するケアをあまりしないのです。私たちは肥満が生活習慣病の原因になることを知っています。だから、ダイエットのための努力をします。運動をするのは健康に良い事だと分かっているので、スポーツなどの運動をします。 しかし、ストレス社会の中であっても、ストレス対策のために具体的なケアをしている人は稀です。ストレスを強く感じていても、心療内科や精神科に診てもらったり、カウンセリングを受けようとする人は少なく、重症化するまで頑張り続けてしまいます。このストレス社会に対する意識の低さもストレス社会を大きくする原因の一つです。

経済のグローバル化

現在の世界は通信技術や移動手段、運送手段が格段に発展したため、様々なビジネスは世界を相手に行うことが可能になりました。そのため、今は全世界を相手にビジネスをする時代なのです。 その競争相手の中には、日本よりも安い賃金で、日本人よりもハングリー精神が強い国がたくさんあります。つまり、20年、30年前とは比べ物にならないほど競争は激化しているのです。競争が厳しくなれば、一番の影響を受けるのは労働者です。労働時間は増えても、賃金は中々増えず、それどころか、中にはサービス残業まで強要する会社もあります。 労働時間が増えれば、ストレスが継続する時間も長くなります。賃金が少なければストレスの強さも増します。このように経済のグローバル化は、ストレスを増大させる大きな原因です。

ストレスが引き起こす病気

ストレス社会だからといって、ストレスを甘くみてはいけません。 ストレスをためすぎると病気になる危険性をはらんでいます。 ストレスによってどのような病気になってしまうのか見ていきましょう。

精神を病んでしまう

精神を病んでしまうと、気力の低下、疲れやだるさ、精神的な落ち込み、やる気や興味が湧かないなどです。これらは特別な病気ではないのに発症し、自身の力で回復するのが難しい状態になります。更に細かい症状として、イライラ、疲れがやだるさがひどくなり持続する、食欲不振減退、睡眠障害、動きが鈍ったり、集中力低下など 心と身体の両方において症状があらわれます。

神経的にまいってしまう

精神的に心、身体に不調があらわれる状態であり、ストレス等により自律神経が乱れた時に発症します。症状の特徴として、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、多汗、しびれ、動悸、めまい、不整脈、不眠などが怒る可能性があります。

胃がいたくなる

人間関係や仕事による精神的なストレスや過労が原因となって、神経的にまいってしまい起こる胃炎です。自律神経のバランスが崩れると胃酸が過剰に分泌され、胃がキリキリ痛む、気分がふさぐ、喉がつかえる、胸やけがするなどの症状を引き起こします。

よく眠れない

布団に入ってもなかなか眠れない、うなされて途中で何度も目が覚め熟睡できない、目が覚めた後寝付けないこ とにより、疲労感が残ったり、朝起きれない、起きても気力がでないなど、日常の生活、健康に支障をきたす状態続く可能性もあります。

ストレス社会と言われるようになったのはいつから?

ストレス社会は現代になって、よく聞くようになりましたね。 昔ももちろんストレスがないわけではないのですが、現代の日本の長時間労働やサービス残業など働きすぎる社会がストレス社会にしたようです。 また、近年では、携帯電話やSNSが普及しており、常に監視され、休日でもなかなかゆっくりと休めないという状況が、ストレス社会を引き起こした一つの原因にもなります。

ストレス社会とうまく付き合っていく方法

現代の日本では、ストレス社会であり、うまくストレスと付き合っていかなければなりません。 そのためには、自分なりのストレス解消法を見つけなければなりません。このようなストレス社会の中で、どのようなストレス解消法があるのか見ていきましょう。

外にでて気分転換する

好きな趣味、スポーツ、散歩、ショッピングなどで日々の実生活から離れてみると、心身のリフレッシュが図れます。面倒くさいかもしれませんが、その気持ちは一瞬なので、休みの日は一度外の街や自然に触れてみてはどうでしょうか。

趣味に没頭する

これも人によっては効果がある方法だと思います。好きな音楽を聞いたり、TVゲームをしたり、好きな人と電話で話したり、リラックスできる本を読んだり、ペットがいるなら一緒にじゃれあったり、好きなマンガを全巻読破してみたりと、普段やってないことでも1回ためしてみたら、没頭して楽しめるかもしれません。ただ、これらのことは力を入れず、なるべく楽しめたり、笑えたり、元気付ける内容をあえて選択したほうが良いです。

メンタルトレーニングをする

自分の思いどうりにならいため、不満や不安、怒りなどが日々蓄積されることによってストレスが発生するのです。悪いストレスをなくすためには「思いを持たない」ことです。「思いを持たない」イコール「日々起きる現象を自分の修練として肯定的に受け止める」ことです。 不満、不安、怒りを発しているのは他の誰でもなく、自分自身の感情からスタートしているのです。これも一種のマインドコントロール法ですが、ストレスに負けない心をつくるには、自分と向き合うことが大切です。ストレスの原因がどこにあるかなど現状の問題点を冷静に洗い出してみてはどうでしょうか。 ひとつのことに全力集中してみる、肯定的な解釈を心がけ、否定的なことを言わないようにする。成功した自分や楽しい予定などをイメージし計画を立ててみる。など、決して完璧を求めず楽しみながら、ちょっとずつはじめてみてはどうでしょうか。

信頼できる人に相談する

ストレスで1番いけないのは、1人で悩んで、我慢して抱え込むことです。誰かに話すことは決して恥ずかしいことではありません。自分をさらけ出すことによって、話を聞いてもらい、素直に受けとめることによって、気分がすっきりします。

病院の診察も検討する

内面部分ではなく、身体的に胃などの痛みがひどい場合は、症状の悪化を回避するために、やはり病院で見てもらわなければいけません。痛みの場合は「消化器内科」で内視鏡検査をしたり、精神的にひどい場合は、「精神科」や「心療内科」で臨床心理士や主治医に相談をしたりするのが大事です。 精神科などに見てもらうのは決してはずかしいことではありません。「悪化する前に未然に防ぐ」ことが非常に大切です。病院にいくことが恥ずかしいことではなく、ストレスにしっかりと向きあわないことのほうが恥ずかしいことを自覚しましょう。

ストレスとうまく付き合っていこう

いかがでしたか。 現代の日本は深刻なストレス社会といっても過言ではありません。ストレスを軽減させていくことももちろん大切ですが、自分なりのストレス解消法を早いうちから見つけておくこともとても大切です。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)