IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ストレス社会とは?日本がストレス社会になったのはいつから?

更新日:2020年08月14日

経済

こちらの記事では、ストレス社会の現状やストレスとうまく付き合っていく方法を紹介しています。日本は、現在深刻なストレス社会となっています。ストレスの原因はさまざまです。ストレスは病気を引き起こす可能性もあり、自分なりのストレス解消法を見つけることが求められます。

ストレス社会とは?

現代社会を特徴づけるものは、社会に蔓延するストレスです。現代人は時間に追われ、ゆったりと生活することができません。暇があると、忙しく新聞を読み、喫茶店で雑誌を読み漁り、パチンコをし、タバコを吸い、友達と喋り続けています。休日に家族と行楽地に行っても、多くの人の波にもまれてあわただしく時間を過ごし、家に戻ってやっとほっとします。 ストレスから解放されようとして、毎日酒を飲む人も多いです。何よりも仕事のストレスが現代人を打ちのめしています。仕事には家族の生活が掛かっています。その仕事のストレスが現代人を疲労困憊させています。そして親の生活態度が子供にも伝染し、子供もストレス社会の環境の中で生活しています。 このようなストレスが蔓延している社会のことをストレス社会といいます。

日本の現状

ストレス社会の原因

心のケアを重要視していない

経済のグローバル化

ストレスが引き起こす病気

ストレス社会だからといって、ストレスを甘くみてはいけません。 ストレスをためすぎると病気になる危険性をはらんでいます。 ストレスによってどのような病気になってしまうのか見ていきましょう。

精神を病んでしまう

神経的にまいってしまう

胃がいたくなる

よく眠れない

布団に入ってもなかなか眠れない、うなされて途中で何度も目が覚め熟睡できない、目が覚めた後寝付けないこ とにより、疲労感が残ったり、朝起きれない、起きても気力がでないなど、日常の生活、健康に支障をきたす状態続く可能性もあります。

ストレス社会と言われるようになったのはいつから?

ストレス社会は現代になって、よく聞くようになりましたね。 昔ももちろんストレスがないわけではないのですが、現代の日本の長時間労働やサービス残業など働きすぎる社会がストレス社会にしたようです。 また、近年では、携帯電話やSNSが普及しており、常に監視され、休日でもなかなかゆっくりと休めないという状況が、ストレス社会を引き起こした一つの原因にもなります。

ストレス社会とうまく付き合っていく方法

現代の日本では、ストレス社会であり、うまくストレスと付き合っていかなければなりません。 そのためには、自分なりのストレス解消法を見つけなければなりません。このようなストレス社会の中で、どのようなストレス解消法があるのか見ていきましょう。

外にでて気分転換する

初回公開日:2017年02月24日

記載されている内容は2017年02月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング