IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

気象予報士の試験問題と過去問例|試験におすすめの参考書

初回公開日:2017年02月13日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2017年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

資格・検定

非常に難関な試験として知られている気象予報士。ここでは気象予報士試験の試験内容と勉強方法、そして気象予報士の仕事の魅力について紹介していきます。ニュース番組に出るお天気キャスターだけではなく、さまざまなお仕事がありますよ。

気象予報士試験の難易度

気象予報士は幅広い気象の知識を活かして天候を予測する仕事であり、気象予報士の資格は国家資格と定められています。毎日のニュースで見かけるお天気キャスターが一番イメージしやすいでしょうが、民間の気象会社で気象予測するのも気象予報士の仕事です。この気象予報士は難関資格として知られており、合格率は例年5%前後を推移しています。 気象予報士への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

学科試験と実技試験

気象予報士試験には学科試験と実技試験があり、その両方に合格しなければいけません。学科試験で合格点を取った場合のみ、実技試験が採点されるようになります。つまり、実技試験の出来がいくら良くても学科試験で足切りされれば合格できません。学科試験と実技試験の合計点で試験に合格か否かが決まります。 学科試験は大気の構造や気象現象に関する一般知識と予報業務に関する専門知識がマークシート式で出題され、実技試験は天気図などの気象条件をもとに文章や図表で解答を作成します。 学科試験の一般知識と専門知識はそれぞれ15問出題され、11問以上の正答が合格の基準とされています。実技試験は70%以上の正答率が合格の基準となっています。いずれにせよ7割以上の正答がないと合格はできません。

気象予報士試験の勉強時間

気象予報士試験の勉強時間
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

目安は1000時間!?

もちろん予備知識や基礎学力によって大きく違いますが、気象予報士試験に合格するために費やす勉強時間は一般に1000時間以上と言われています。1日3時間勉強したとしても1年近くかかることになり、この勉強量からみても非常に難関試験であることがわかります。 試験は幅広い分野が出題されるので、勉強する時間がなかなか取れないサラリーマンは2〜3年かけて出題範囲を網羅する学習をする人が多いです。しかし、時間が取れない人は頻出する分野に集中して学習を進めるのが無難でしょう。

気象予報士試験の勉強法

気象予報士の勉強法は、大学の受験勉強や宅建やTOEICなどの他の資格試験とほとんど変わりません。出題範囲の暗記と的確な答えを導き出すアウトプットとなります。 学習の方法としてスタンダードなのは、基礎となる一般知識を演習し、過去問を何度も解いて解答方法を身につけることです。過去問は5年分ほど解くのがベストです。「理解する」ことと「問題を解ける」ことは違います。問題を解く「アウトプット」に慣れるためにも過去問は必ず解きましょう。そうすれば合格は近くなります。

学科試験

関連タグ

アクセスランキング