IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書に張る「写真の裏面」の書き方・書き忘れやシール時の対処法

書類選考

履歴書に貼る証明写真の裏側を、白紙のままにしておいてはいけない事をご存知ですか?証明写真を用紙したら履歴書にそのまま貼ってしまわず、裏面には名前などの最小限の情報を記入しておくのがマナーです。今回はそんな証明写真の裏側の署名についてご紹介してみましょう。

更新日時:

履歴書には欠かせない証明写真

履歴書とは切っても切り離せない関係の証明写真。そのまま何もせずぺたっと履歴書に貼り付けていませんか?実は履歴書に貼り付ける証明写真の裏側には、名前などの最小限のあなたの情報を記入しておくほうが良いのです。

写真の裏側に名前を書くのはなぜ?

履歴書に証明写真を貼り付けてしまえば、見えないのにどうして名前を書かないといけないのか。そんな疑問を持つのも当然です。では想像してみてください。きちんと貼り付けて完ぺき!と思っていた履歴書の証明写真。不測の事態が起こり履歴書から剥がれてしまったらどうなるでしょう?

最近は証明写真の裏側がシールになっているものも多く、そう簡単に履歴書から証明写真が剥がれてしまう事は少ないでしょう。それでも、就活マニュアルや、セミナーでは『必ず証明写真の裏面に名前を!』と訴えかけてくるのです。それだけ、履歴書の証明写真ははがれやすいというイメージが今も根強くあるからです。

履歴書というのは、それがバイトであろうがパートであろうが、就活であろうが転職であろうが……。すべての人において重要で特別な書類です。関係のない第三者の目に、当り前に触れてはいけない情報が盛りだくさん。証明写真も個人情報の一つです。

それらの大切な情報は、個人情報漏えいだけでなく、採用・不採用に大きく影響を及ぼすこともあるのです。皆さんも、証明写真を撮るとき、少しでもいい顔になるようにと思いませんか?書類審査をする側も、やはり写真から受ける印象を大事にするのです。そんな大切な証明写真が、うっかり剥がれても大丈夫なように、裏面に名前などを書くことになっています。

履歴書に貼る写真の裏側に書くのは『名前』だけでいい?

履歴書が必要となる状況は、いくつかあります。一番わかりやすいのは、どのような雇用形態になるかで変わってきます。バイトなのか、就職活動なのか。就職活動だとしたら、新卒でなのか、転職(中途採用)なのか。これらについて簡単に説明してみましょう。

バイトの場合は、証明写真の裏側に書くのは名前だけでOK

アルバイトやパートの方は、履歴書に貼る証明写真の裏側に記入するのは、『名前』のみで問題ありません。業種や職種によっては、履歴書に貼っている写真以外にも、証明写真を持参するよう指示がある場合もあります。そんな時は、持参する証明写真にもあらかじめ名前を書いておいても、書かなくても特に問題はありません。書かないといけない場合はその場で記入すればよいだけなので、必ず文字が消えない筆記用具を忘れず持参しましょう。

新卒の場合は、証明写真の裏側には『名前・大学名・学部』まで書く

新卒の場合、履歴書の作成には神経を使いますよね。実際、百戦錬磨の採用担当者の方々は、些細なミスを見逃しません。そうなってくると、履歴書に貼りつける証明写真の裏側にも、気を抜くわけにはいきません。

・名前 ・大学名 ・学部 『学部』までは必要ないという説もありますが、万全を期すのであれば『学部』まで裏面に書いておくことをオススメします。ただし、あまり文字が多すぎて判別できない……なんてことのないようにだけは注意してくださいね。

転職の場合は『名前』だけでも問題ない

大学を卒業して時間が経過している場合も多いと思いますので、転職活動の履歴書に貼る証明写真の裏側には、『名前』だけを記入しておけば問題はありません。

写真の裏への名前などの書き方

証明写真の裏面に名前などを記入する際は、横書きで書くようにしましょう。

新卒の就活の場合

マヨネーズ大学  経済学部  山田太郎 2007年○月○日       撮影

少しわかりにくいかもしれませんが、基本の横書きで上から順番に『大学名』、次いで少し小さな文字で『学部名』を書きます。ちょうど証明写真の縦幅の真ん中あたりになるように、氏名を少し大きめの文字で書き入れます。最後に撮影日を入れ、改行し右揃えにして『撮影』と記入まで出来れば完ぺきです。

転職・アルバイトの場合

 山田明子 2007年○月○日       撮影

写真の裏面に『名前』だけで良い転職とバイトの場合は、新卒の方同様、写真の縦幅のちょうど真ん中あたりになるところに、少し大きめに氏名をフルネームで。少し下に撮影日を書き、改行して右揃えで『撮影』と記入すればよいでしょう。

撮影日はお忘れなく!

以外に忘れがちなのが『撮影した日』です。もちろん書かなくても、採用化不採用化の結果に大きな差が出るとは思いませんが、書いてあれば、6か月以内に撮影したものであるという簡単な証明にはなりますよね。もちろん、写真を見れば一目でかなり前の物かそうでないかは分かると思いますが、このような一手間を、省かないようにする心構えは大切です。

写真の裏に、名前を書くのに適した筆記用具は?

写真の裏面に名前を書くときは『消えない・擦れない』のが鉄則!

どうせ見えないからいいだろうと、たかをくくってはいけません。不測の事態に備えるということは、最後まで気を抜かないということなのです。なのでここで重要となるのは、裏面に書いた名前が消えてしまわないように、注意を払うことです。

書くならボールペンか、油性ペン

証明写真の紙質は、裏面ですらツルツルとした光沢のあるものが多いので、ボールペンの場合、書いた後は擦れて字が伸びてしまう可能性がありますので、触らないよう注意しましょう。そう考えると『マイネーム』などの名前書きペンというカテゴリに属す、油性ペンを使用するのもオススメです。

先ほどご紹介したとおり、あの小さな証明写真の裏側に書き込む情報量はなかなかのものです。新卒の方の場合は大学名や学部も書き入れるとなると、極細の油性ペンが一番理想的でしょう。

名前などを書いていることを採用担当者にアピール?

ボールペンで書くことで、表側に文字を書いた形跡を見せることが出来ます。採用担当者が履歴書を一目見ただけで、きちんと名前などを書いているという判断をしてもらえるという理由から、ボールペンを推奨していることもあります。これに関しては、気になる方はボールペンにする……というぐらいで問題はありません。

写真の裏面に名前などを書き忘れたらどうなる?

万全を期すために名前を書きましょうとお話ししてきましたが、新卒・転職ともなると何十通にもなる履歴書を用意することもあるでしょう。そうなると書き忘れが出てきてもおかしくはありません。もし、名前などを書き忘れてしまった場合はどうなるのでしょう?

注意すべきは募集要項の記載

あくまでも、万が一写真が剥がれてしまった時の対策であるとご説明してきましたので、万が一書き忘れた事が原因で不採用になるかといわれると、答えはNOです。しかしここで注意したいのが、募集要項の記載です。

募集要項に、写真の裏面に名前などの記載が指定されている場合は、採用の基準に影響する可能性があります。必ずしも名前を書かないぐらいで不採用になるとは限りませんが、採用する側からすると、ささいなルールを守れない事も評価の対象になるかもしれません。

募集要項はくまなく確認し、写真の裏面の記載について書かれていたら『必ず』その指示に従うようにしましょう。

履歴書の証明写真、裏側がシールの場合は?

証明写真の裏側がシールになっているものもありますよね。その場合はどうすればいいのでしょう?

当然、シールになっている粘着部分に、文字を記入することはできません。全体的にシールになっていないものもありますが、限られたスペースに書くことは、おそらく困難を極めることでしょう。

当然その場合は、写真の裏面に名前などを記入せずに履歴書に張り付けることになります。ここででもお話ししている通り、名前などの記入はあくまでも企業側のリスク回避であり、不測の事態に備えるための『保険』です。

裏面の名前の記入は100%書かなければならないというわけではないので、その点は仕方ないと諦めるしかないでしょう。しかし、万全を期したい方は、裏面がシールになるものは使用しないという手段もあります。当然、募集要項に裏面の氏名記入が必須の場合も、裏面がシールになるタイプは、避けるようにしましょう。

地味だけどしっかりと!

履歴書に貼る証明写真の裏面の氏名などの記入についてお話ししてみました。初めて知った方は、これからはぜひ取り入れてみてください!少しの手間も惜しまないことが、採用へのきっかけになるかもしれません。

そんな手間を無駄だと思わず、コツコツと決められたことをこなせることや、暗黙のルールを守れる心の強さをアピールすることにも繋がるでしょう。

履歴書の書き方一つで内定率が変わる

履歴書は面接官が最初に見る書類です。第一印象を良くするためには、書き方はもちろんの事と履歴書を渡す際の作法も大切です。 そこで、内定をぐっと近づけるために就活のプロに相談できる「キャリアパーク」をご紹介します。 年間1,000名の学生と面談する経験豊富なプロのキャリアアドバイザーが、あなたの性格や長所を見極め、あなたに合った企業を紹介してくれます。無料登録は1分で完了し、人物重視の優良企業の非公開求人300社を、特別選考ルートでご案内します。 また、模擬面接やES添削他、就活でのお悩み相談も可能なので、一人で抱え込まず「キャリアパーク」に相談してみてはいかがでしょうか? 就活は今後の人生を決める重要な選択です。 納得の行く就職活動をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング