IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書に張る「写真の裏面」の書き方・書き忘れやシール時の対処法

初回公開日:2017年02月09日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2017年02月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考

履歴書に貼る証明写真の裏側を、白紙のままにしておいてはいけない事をご存知ですか。証明写真を用紙したら履歴書にそのまま貼ってしまわず、裏面には名前などの最小限の情報を記入しておくのがマナーです。今回はそんな証明写真の裏側の署名についてご紹介します。

履歴書には欠かせない証明写真

履歴書とは切っても切り離せない関係の証明写真。そのまま何もせずぺたっと履歴書に貼り付けていませんか。実は履歴書に貼り付ける証明写真の裏側には、名前などの最小限のあなたの情報を記入しておくほうが良いのです。

写真の裏側に名前を書くのはなぜ?

履歴書に証明写真を貼り付けてしまえば、見えないのにどうして名前を書かないといけないのか。そんな疑問を持つのも当然です。では想像してみてください。 きちんと貼り付けて完ぺきだと思っていた履歴書の証明写真に不測の事態が起こり履歴書から剥がれてしまったらどうなるでしょう。 最近は証明写真の裏側がシールになっているものも多く、そう簡単に履歴書から証明写真が剥がれてしまう事は少ないでしょう。 それでも、就活マニュアルや、セミナーでは『必ず証明写真の裏面に名前を!』と訴えかけてくるのです。それだけ、履歴書の証明写真ははがれやすいというイメージが今も根強くあるからです。 履歴書というのは、それがバイトであろうがパートであろうが、就活であろうが転職であろうが、すべての人において重要で特別な書類です。関係のない第三者の目に、当り前に触れてはいけない情報が盛りだくさん。証明写真も個人情報のひとつです。 それらの大切な情報は、個人情報漏えいだけでなく、採用・不採用に大きく影響を及ぼすこともあるのです。 皆さんも、証明写真を撮るとき、少しでもいい顔になるようにと思いませんか。書類審査をする側も、やはり写真から受ける印象を大事にするのです。そんな大切な証明写真が、うっかり剥がれても大丈夫なように、裏面に名前などを書くことになっています。

履歴書に貼る写真の裏側に書くのは『名前』だけでいい?

履歴書が必要となる状況は、いくつかあります。一番わかりやすいのは、どのような雇用形態になるかで変わってきます。バイトなのか、就職活動なのか。就職活動だとしたら、新卒でなのか、転職(中途採用)なのか。これらについて簡単に説明します。

バイトの場合は、証明写真の裏側に書くのは名前だけでOK

アルバイトやパートの方は、履歴書に貼る証明写真の裏側に記入するのは、『名前』のみで問題ありません。業種や職種によっては、履歴書に貼っている写真以外にも、証明写真を持参するよう指示がある場合もあります。そんな時は、持参する証明写真にもあらかじめ名前を書いておいても、書かなくても特に問題はありません。書かないといけない場合はその場で記入すればよいだけなので、必ず文字が消えない筆記用具を忘れず持参しましょう。

新卒の場合は、証明写真の裏側には『名前・大学名・学部』まで書く

新卒の場合、履歴書の作成には神経を使いますよね。実際、百戦錬磨の採用担当者の方々は、些細なミスを見逃しません。そうなってくると、履歴書に貼りつける証明写真の裏側にも、気を抜くわけにはいきません。

・名前 ・大学名 ・学部 『学部』までは必要ないという説もありますが、万全を期すのであれば『学部』まで裏面に書いておくことをオススメします。ただし、あまり文字が多すぎて判別できないことのないように注意してください。

転職の場合は『名前』だけでも問題ない

大学を卒業して時間が経過している場合も多いと思いますので、転職活動の履歴書に貼る証明写真の裏側には、『名前』だけを記入しておけば問題はありません。

写真の裏への名前などの書き方

関連タグ

アクセスランキング