IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ご認識の通り」「その通り」の使い方|メールでの正しい敬語

敬語

「その通り」という言葉をビジネスシーンで敬語として使うことについて、本当に正しいのか考察しています。また、敬語だけでなく、意外と違いやすい「その通り」の読み方についてもご紹介しているので、敬語いついて学びたい方はぜひ参考にどうぞ。

更新日時:

「その通り」の読み方は?敬語として使ってもOK?

ビジネスシーンでは、敬語で会話をするのが一般的です。気心の知れた相手であれば、多少の敬語の間違いなども気になりませんが、相手が上司や取引先の人といった目上の人物となると、話は別です。正しく丁寧な言葉で話せないと、「社会人としての基本ができていない」と思われ、評価や契約などに悪影響を及ぼす可能性があります。 さまざまな種類や使い方がある敬語の中でも、特に間違って使いやすいのが、「その通り 」という言葉です。相手の意見が的を得ている際などに使いがちですが、目上の人に対して使う敬語としては、どうなのでしょうか?また、「その通り」の読み方も、間違っている方が多いのだとか。 そこで今回は、「その通り」の読み方や、敬語としての正しい使い方について考えていきたいと思います。

そのとおり?そのとうり?「その通り」の発音について

「その通り」が敬語として正しいのか考えていく前に、まずは「その通り」の読み方についてご紹介していきます。 結論から言うと、「その通り」は「そのとおり」と読むのが正解です。 響きが似ている為か、「そのとうり」と言っている方も少なくはないようですが、こちらは間違い。weblio辞書(※1)によると、そのとうりとは、「「その通り」(そのとおり)の誤記(※1)」と解説されています。 言葉の読み方は正しい敬語以前の問題。「そのとおり」という正しい読み方で話すことが大切です。

敬語として「その通り」を使うのは、避けた方が良い

「その通り」の正しい読み方を覚えたら、今度は「その通り」という言葉を敬語としてビジネスシーンで使っても良いのか、考えていきたいと思います。 結論を言ってしまうと、「その通り」という言葉を、敬語としてビジネスシーンで使うのは、不適切と言われています。 不適切な敬語を使い続けると、冒頭でもご紹介したように、「マナーが悪い人」「常識である敬語が使えない人」といったマイナスな印象を相手に与えてしまうので、なるべく言い換えて使いましょう。

「その通り」を敬語で言う場合は、「おっしゃる通り」と言い換える

では、「その通り」をより丁寧な敬語に言い換えるには、どのように言えば良いのでしょうか? 「その通り」と同じように賛同の意を示す言葉や敬語はたくさんありますが、その中でもおすすめの敬語の1つが、「おっしゃる通り」です。 「おっしゃる」は「言う」の尊敬語で、相手を敬わっていることになります。その為、「その通り」よりも丁寧な印象を与え、敬語としても正しく活用していることになります。

更に丁寧に話したい場合は、「おっしゃる通りでございます」

上記でご紹介した「おっしゃる通り」に言い換えるだけでも、「その通り」と話すよりはとても丁寧な印象を相手に与えられますが、更に丁寧で相手を敬っている言い方もあります。 「おっしゃる通りでございます」と言い換えると、「おっしゃる通りです」よりも更に丁寧な敬語を使えますよ。 とは言え、「おっしゃる通りでございます」は、少々硬すぎると感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。取引先の相手などには良いかもしれませんが、同じ部署の上司などに対しては、過剰に気を遣い過ぎている印象を受けます。 「おっしゃる通りです」よりは丁寧に、しかし「おっしゃる通りでございます」よりは大袈裟にならない言い方としては、「おっしゃる通りです。申し訳ありませんでした」などのように、もう1文付け足してみることをおすすめします。

その他の賛同の意味を持つ敬語

上記でご紹介した、「おっしゃる通り」以外にも、「その通り」の代わりに使える敬語があります。 ・ご指摘の通り ・ご明察の通り ・お察しの通り それぞれ、シチュエーションや会話の流れに合わせて使い分けることで、より自然でスムーズな敬語が話せるようになるでしょう。

「その通り」は正しい敬語に言い換える

いかがでしたでしょうか?今回は、日常生活でもよく使う「その通り」という言葉について考えてみました。ビジネスシーンでもつい使ってしまいがちな言葉だけに、正しい読み方と使い方をマスターしておきたい所ですね。「その通り」に限らず、「通り」という言葉は、基本的には「とおり」と読みます。「とうり」になってしまわないよう、普段から意識しておくことをおすすめします。 また、「その通り」は敬語ではないということも頭に入れておき、咄嗟の返事でも「おっしゃる通りです」「おっしゃる通りでございます」などと返せるようにしましょう。

ビジネスメールをしっかり抑えておこう

ビジネスメールは実は奥が深く、しっかり相手に伝わる文を書かなくてはいけません。しっかりとビジネスメールを抑えておきましょう。

[参考資料] ※1:http://www.weblio.jp/content/%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%81%86%E3%82%8A

関連タグ

アクセスランキング