IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【冠婚葬祭に】メンズ礼服・フォーマルスーツおすすめブランド15選

ビジネスファッション

冠婚葬祭で悩むのが礼服選びです。礼服は種類や決まりごと多くてわからない人も多いです。本記事ではスーツの種類・選び方・ネクタイやベルトの着こなしに加え、おすすめのブランドを紹介しています。また、値段・価格別のおすすめブランドも是非参考にしてみてください。

更新日時:

礼服とは

礼服とは結婚式・披露宴や葬儀・告別式などの冠婚葬祭のイベント、入学式や卒業式などの公式な行事で着用するフォーマルウェアの一種です。フォーマルスーツはもちろん、和服なども正装となります。 結婚式や葬式に参加する機会がない人はあまりいないですし、急に必要になったりもするので、1着は持っておくことをおすすめします。

礼服とビジネススーツの違い

礼服と黒いビジネススーツの違いとしては、生地の色・光沢・質の3つがあげられます。暗いところではわかりにくいですが、明るいところで横に並ぶと一目でわかってしまうので、しっかり選ぶ必要があります。 フォーマルウェアは種類も多く一人で選ぶのは難しいので、一度紳士服店に行って店員さんと話してみることをおすすめします。

礼服とビジネススーツの違い1:黒色の違い

礼服もブラックスーツも黒いのは同じですが、礼服の方がスーツよりも深い黒をしています。スーツの場合は紺やグレーなどの色が混ざっていますが、礼服は喪服としても使われるので、完全に黒になっています。 礼服の中に一人だけビジネススーツがいたり、安いスラックスと合わせた場合などは、色の違いが目立ってしまうので気をつけましょう。

礼服とビジネススーツの違い2:光沢の違い

色の深さだけでなく光沢にも違いがあります。メンズの黒いスーツを葬式っぽいという人もいますが、ビジネススーツは礼服に比べると光沢のある生地が使われています。 結婚式や結婚パーティーなどのお祝いの場ではビジネススーツでもいいでしょうが、葬儀の場ではフォーマルスーツを着ることをおすすめします。 使う機会が多くなってきたら、結婚式用スーツを持っておくのがおすすめです。

礼服とビジネススーツの違い3:生地の違い

さらに生地自体にも違いがあり、礼服はウール素材なのに対し、使う回数の多い普通のビジネススーツの場合は安価なポリエステルが含まれているのがほとんどです。 この記事の違いが、黒色の深さや、光沢の違いに影響してきています。また、綿100%のスーツのほうが当然高くなるので、ビジネススーツよりもフォーマルスーツのほうが高くなっています。

礼服の種類5つ

礼服と言っても実はさまざまな種類があり、使う場面や時間帯などで適した服装や決まりごとは変わってきます。お祝いの場でしか使えない礼服などもあるので、葬式や告別式などに出席する場合は特に注意が必要です。 ここでは以下の5つのメンズフォーマルスーツを紹介します。 ・ブラックスーツ ・タキシード ・モーニングコート ・燕尾服 ・ディレクターズスーツ

礼服の種類1:ブラックスーツ

メンズの礼服はブラックスーツがやはり定番です。略礼服でありタキシードなどと比べるとカジュアル寄りになります。大学入学や就職活動に合わせて購入したという人も多いのではないでしょうか。 ビジネススーツはフォーマルに比べて色が明るかったり光沢があることも多いので、葬儀などの際には避けましょう。どこにでも着ていけるので、細かいことを考えることがめんどくさいという人はブラックスーツがすすめです。

礼服の種類2:タキシード

結婚式やパーティーのメンズフォーマルウェアといえば、タキシードが思い浮かぶのではないでしょうか。誰でも一度は聞いたことのある有名な礼服で、新郎が着る服というイメージを持っている人も多いです。 夜会服とも呼ばれ、日没後・夜間の正礼装になります。パーティーで使われていた服であり、喪服として使うことはできないので注意しましょう。

礼服の種類3:モーニングコート

モーニングコートは昼のメンズ礼服の中では最上級のものになります。斜めの前裾が特徴で、内閣発足時の集合写真で着ている服でもあり、格式の高い式典などに参加する人におすすめです。 新郎や行事の主催者、喪主など昼間の結婚式はもちろん、葬儀の場でも使えるフォーマルウェアなので、一着持っておくと便利です。20代の人よりも、冠婚葬祭が増えてきた30代や40代の人におすすめです。

礼服の種類4:燕尾服(テールコート)

燕尾服はその名の通り、ジャケットがツバメの尻尾のように2つに割れているのが特徴です。メンズの夜間の正式礼服です。 白いネクタイと合わせるフォーマルウェアで、「ホワイトタイ」と指定されている場合は燕尾服を着るのがマナーとなっていますが、最近では燕尾服限定というわけではなくなっています。 ネクタイ以外のシャツやチーフなども白で統一しましょう。

礼服の種類5:ディレクターズスーツ

ディレクターズスーツはメンズの昼の準礼装です。昼間に行われる行事や、結婚式や披露宴などで着用できるフォーマルウェアです。 ベストはライトグレー、パンツもグレーなどと決まっていて、ダークスーツよりもオシャレな礼服です。 準礼装ですが普通のダークスーツよりも格式が高く、結婚式などにも着ていける服装です。黒のスラックスなどと合わせることで、喪服としても使うことができます。

礼服の選び方【ケース別】

フォーマルスーツとビジネススーツの違い、フォーマルスーツの種類についてご紹介してきました。昼と夜、正礼装と準礼装の2つの分け方があります。 ここからは、ここまで紹介した5種類、ブラックスーツ・タキシード・モーニングコート・燕尾服・ディレクターズスーツがそれぞれどんな場面で使われているのかを解説していきます。

礼服の選び方1:結婚式などの慶事の礼服

スーツの種類着用者
ブラックスーツ同僚や友人
タキシード主賓や友人代表など、壇上に上る人
モーニングコート新郎新婦の父親
燕尾服結婚式ではあまり着られない
ディレクターズスーツ新郎新婦の父親

結婚式などの慶事の礼服については上記のとおりです。挙式は昼に行われることが多いため、夜の礼服である燕尾服はあまり着用されません。 新郎などの主賓がタキシード、家族などの主賓に近い間柄の人がモーニングコートやディレクターズスーツを着用するのが一般的です。友人として招待された場合は、ブラックスーツで問題なく、コスパ重視で選びたい人はブラックスーツがおすすめです。

礼服の選び方2:葬儀などのときの礼服

葬式や告別式などに参加する場合、上下黒の服で参加するのが一般的です。基本的にはブラックスーツを着用しておけば問題ないと言えますが、喪主はモーニングコートを使うこともあります。 明るい色や光沢のある服や靴の着用は絶対に避けましょう。おそらく葬式に参加した経験のある人も多いでしょうが、基本的には全員黒い服で参加しているはずです。 また、タキシードはパーティー服なので、葬儀では絶対に着てはいけません。

礼服の着こなしのルール9つ

礼服には色の使い方やネクタイの種類など、さまざまなルールがあります。着用する場面や礼服の種類によってルールが違います。 しかし着こなしの基本ルールはとてもシンプルです。1番のルールは自分の体に合わせるということです。要はサイズを合わせるのが重要なのですが、チェックポイントは色々あります。 お腹周りはこぶしが1つ入る程度の余裕を持つ、肩幅は肩が1cmつまめるくらい、着丈はお尻がギリギリ隠れる長さ、ラペルの幅は細めにするなど、いろいろなものがあります。

礼服の着こなしのルール1:【ジャケット】シングルとダブルの違い

スーツのジャケットには、シングルとダブルの2種類があります。シングルはジャケットの真ん中縦一列にボタンがある一般的なタイプ、ダブルは左右にボタンが1列ずつあるタイプです。 シンプルは貴族服、ダブルは軍服が元になっているので、ダブルのほうがより硬い印象があります。着る場面には特に制限はありません。 葬儀などでは光沢のないジャケット、慶事の場合は明るめの色や光沢のあるジャケットがおすすめです。

礼服の着こなしのルール2:【シャツ】白いシャツが基本

スーツと言えば白黒のイメージが定着している人も多いでしょうが、フォーマルスーツは白と黒の組み合わせにするのが基本的なルールです。特に葬儀の場では白以外のシャツを着てはいけません。 ただ結婚やパーティなどのイベントの場合は明るさがある方が良いので、明るい色のドレスシャツや、光沢のあるジャケットを選ぶ人もいます。シャツは価格はあまり気にせず、普段遣いのできるものを選ぶといいでしょう。

礼服の着こなしのルール3:【ベスト】グレーがオシャレ

ベストをおしゃれに着ている同僚・先輩がいると「あぁ、自分も着てみたいな」と思いますよね。 ベストを着たことがないのであれば、色はスーツと同じか薄いグレーが合わせやすいので、まずその辺から攻めると良いでしょう。 また、ベストとシャツは「ベストの下にシャツの襟が収まる」のがバランス良く見える基本です。襟がはみ出ないように、少し広めに襟が開いたワイドカラーのシャツが良いでしょう。 また、6つボタンのベストの場合、一番下は開けておきましょう。

礼服の着こなしのルール4:【ネクタイ】白や黒のシンプルな商品を選ぼう

燕尾服などはホワイトタイを含めてのコーディネートと決まっているので、そのままルールに従いましょう。また、葬儀の場では必ず黒いネクタイを使いましょう。 ブラックスーツやタキシード等の場合は特に指定はないので、場面によって使い分けることになります。結婚式では白や黒はもちろん、ピンクなどの明るい色やシルバーなどもおすすめです。 また、ネクタイにはディンプル(くぼみ)を作りましょう。

礼服の着こなしのルール5:【ベルト】革製の黒いベルトが基本

メンズのベルトといえば、茶色か黒が一般的なのではないでしょうか。しかし礼服の場合スラックスが黒やグレーなどのため、茶色のベルトはどうしても浮いて見えてしまうので、特にこだわりがなければ黒いものを選ぶのをおすすめします。 特に光沢の少ない革のベルトが、ハズレがないのでおすすめです。ビジネススーツで使っている人も多いでしょうが、ベルトがボロボロに見えないように注意しましょう。

礼服の着こなしのルール6:【靴】黒い靴が基本|葬儀時はツヤなしを

フォーマルウェアに合わせるメンズのシューズも、やはり黒と茶色が多いです。スラックスが黒の場合は黒、グレーの場合は黒でも茶色でも良いでしょう。迷ったら黒い靴を選ぶのがおすすめです。 注意点としては靴の光沢があります。ジャケットも同様ですが、結婚式などでは光沢があっても良い一方、葬式の場合は光沢のないものを着なければなりません。

礼服の着こなしのルール7:【バッグ】黒いブリーフケースやクラッチバッグがおすすめ

礼服を着る場合は、服だけではなくバッグもしっかりとしたものを選びましょう。最近はスーツにリュックで出勤する人も増えていますが、流石にフォーマルな場でリュックは使えません。 礼服に合わせるバッグとしては、ビジネスマンにおなじみの黒いブリーフケースが失敗がありません。結婚式やパーティーの場合は、クラッチバッグなどでオシャレさを出すのもおすすめです。

礼服の着こなしのルール8:【コート】毛皮や派手な色・デザインは避ける

ジャケットと違い礼服のコートについては特に決まってはいませんが、メンズのフォーマルコートとしては「トレンチコート」「ステンカラーコート」「チェスターコート」「ピーコート」「ダッフルコート」「キルティングコート」などがあります。 注意点としては、葬儀の場では毛皮などの「殺す」ことを思い起こさせる素材のコートを着るのは避けましょう。もし迷ったら黒いロングコートを選ぶのがおすすめです。

礼服の着こなしのルール9:ユニクロやしまむらの服が礼服代わりになる?

最近ユニクロなどの服をフォーマルウェアの代わりにできないかという人がいますが、結論から言えば難しいです。なぜなら、良いスーツは見た目が明らかに違うからです。 フォーマルスーツとビジネススーツの違いの1つに黒色の深さがありますが、ユニクロやしまむらなどの安い服では高級スーツほどの色にはならないので、フォーマルウェアを着ている人と比べると違うのがわかってしまいます。 シャツやネクタイなどの小物はともかく、ジャケットやスラックスをユニクロで買うのはおすすめしません。

メンズ礼服のおすすめブランド11選

今必要な礼服・欲しいものは見つけられたでしょうか?ここからは実際にフォーマルスーツを買う場合におすすめの店やブランドをご紹介します。 「スーツを買うならどこがいいのか」と考えている人は参考にしてみてください。洋服の青山やAOKIなどの量販店から、オーダーメイドの紳士服店まで、メンズスーツを買える店を幅広く紹介しています。

メンズ礼服のおすすめブランド1:洋服の青山

洋服の青山は「紳士服・スーツの販売数No.1」を謳っています。都市部以外にも店舗が多いので、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 19000円のTail Twisterのスタンダードフォーマルなど、比較的安いものも多いのが魅力です。さらに最近は通販やレンタルサービスも行っているので、礼服が必要になったらまずいってみるといいでしょう。

メンズ礼服のおすすめブランド2:AOKI

すでにスーツを買ったことのある人ならAOKIも一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか。フォーマルスーツは「LES MUES」「JUNKO SHIMADA」「ANNIVERSAIRE」の3種類があります。 1番安いLES MUESは29000円からの販売となっており、洋服の青山には劣るものの比較的安く礼服を買うことができます

メンズ礼服のおすすめブランド3:コナカ

コナカは業界第3位の紳士服量産店です。ベーシックなデザインで長く使えるデザインのスーツが多く、とりあえず1着持っておきたいという人におすすめです。コナカで就活用スーツを買ったという人も多いのではないでしょうか。 一番人気があるものが19000円のスーツと、コスパよく安く良いものを買いたいという場合にはチェックしておくと良いでしょう。

メンズ礼服のおすすめブランド4:ザ・スーツカンパニー

ザ・スーツカンパニーは「販売数世界No.1」の実績を持つ青山商事が展開するメンズスーツブランドです。リーズナブルな価格ながら生地やデザインは、同じ価格帯の中でトップクラスと言えるでしょう。トレンドもしっかり抑えており”今時らしさ”も備えています。 スリム&フィットをベースとしたメンズフォーマルスーツのデザインは、新社会人や20代の若い方にピッタリですし、何よりお金のない新社会人のメンズにはおすすめです。

メンズ礼服のおすすめブランド5:パーフェクトスーツファクトリー

パーフェクトスーツファクトリーはスタイリッシュさと価格が好評なブランドです。パーフェクトスーツファクトリーのメンズフォーマルスーツの特徴は「スタンダード」。 メンズスーツの着こなしが分かってくると、色々なオシャレを求めたり、人との差別化を考えたりもするでしょうが、新社会人や「フォーマルスーツなんて、普通で全く問題ないよ」という人は、このメンズブランドはかなり重宝するのではないでしょうか。

メンズ礼服のおすすめブランド6:西友

「別にフォーマルスーツに高いお金を払いたくない」「スーツなんて、ちゃんと着られるなら何でもいいよ」という価値観をお持ちの方なら、今すぐ西友に直行しましょう。 それなりにスーツを着た機会がある人なら分かると思うのですが、2万円以下くらいの価格帯のスーツであれば、差はほとんどありません。しかも毎日スーツを着る仕事であるなら、どんなに高いフォーマルスーツでも「擦り切れて」いきます。

メンズ礼服のおすすめブランド7:スーツセレクト

スーツセレクトはオシャレでコスパが高いと口コミが多いブランドです。前述のコナカが運営する、若者向けのスーツブランドになっています。 細身のシルエットのスーツが多く、値段も18000円からと手頃です。コスパの高いかっこいい礼服が欲しいという人や、オシャレな結婚式用スーツを探している人は一度足を運んでみるのがおすすめです。

メンズ礼服のおすすめブランド8:五大陸

意外と新社会人の方は知らないかもしれない、五大陸。国によって様々なスーツの考え方はありますが、英国・フランス・イタリア・アメリカの伝統を日本流に仕立てた、ジャパニーズ・ジェントルマン・スタンダードを提供しているのがこの五大陸の強みです。 お金のない社会人には中々手を出しにくい価格帯ではありますが。思い切って一着買ってしまうのはどうでしょうか?

メンズ礼服のおすすめブランド9:ダーバン

世界と肩を並べるジャパンブランドと名高いダーバンは、大人に向けた気品のあるクロージングを提案する紳士服ブランドです。デザイン・素材・機能性に至るまで妥協の無い世界基準のスーツを展開しています。本当に着てみると、素人でも違いが分かるはずです。 価格帯は、安いものでも10万円はくだらないダーバン。しかし、手に入れる価値のある高級メンズブランドです。

メンズ礼服のおすすめブランド10:ニューヨーカー

メンズスーツブランドと言えば!という質問でも、ニューヨーカーと答える人は少なからずいるでしょう。有名ブランドでもあり、「良いもの持ってるな!お前」という印象を与えれれますね。 だんだん貯金が溜まってきた3・4年目社員が手を出す印象のあるブランドです。結婚式に呼ばれることも増えてくるころなので、1着良いものがほしいというときにおすすめです。

メンズ礼服のおすすめブランド11:オンリー

オンリーはテーラーメイドのメンズスーツブランドです。1970年創業ととても歴史が長く、国内に自社工業を持つなど、強いこだわりのあるブランドとして知られています。 オーダーメイドというと高いイメージがありますが、38000円からと値段も比較的手頃です。スポーツをやっていて足や肩だけが太い人など、量販店のスーツのサイズが合わない人におすすめです。

礼服の値段別おすすめブランド4選

ここからは、希望価格相場の礼服を扱うおすすめブランドをご紹介していきます。 全部で4つのパターンに分けており、1万円~4万円くらいに分けています。ご自分でどのくらいの予算を使えるのか決めた上で、ぜひ参考にしてみてください。 ちなみに、もし相場の希望がないという方がいれば、その方は見た目や評判で選ぶといいでしょう。

礼服の値段別おすすめブランド1:10000円~

おすすめブランドの中でも1万円代の礼服を扱うブランドは、コナカ、セシール(cecile)、ニッセン(nissen)などがあります。 どのブランドも男性・女性どちらの礼服も扱っていますし、フォーマルスーツも扱っています。価格帯としては安めですが、しっかりとした作りなので安心して購入できます。 礼服を使う機会としては急な場合が多いので、急な出費でも大丈夫です。

礼服の値段別おすすめブランド2:20000円~

おすすめブランドの中でも2万円代の礼服を扱うブランドは、アオキ(AOKI)、スーツセレクト(SUIT SELECT)などが挙げられます。 大手スーツブランドなので、幅広いデザインのフォーマルスーツが用意されています。2万~3万円ほどが礼服の平均額なので、値段的には一般的と言えるでしょう。

礼服の値段別おすすめブランド3:30000円~

おすすめブランドの中でも3万円代の礼服を扱うブランドは、洋服の青山、ザ・スーツカンパニー、オンリー(ONLY)などがあります。 どの礼服ブランドも20代~40代までと幅広い年代に相応しい礼服を扱っています。少し高めであろうとも、長い目で見るとやはり長く着れる服を買うのは良い買い物と言えます。 少し奮闘して1着だけでも良い礼服を買っておくといいでしょう。

礼服の値段別おすすめブランド4:40000円~

おすすめブランドの中でも4万円以上の礼服を扱うブランドは、五大陸、ダーバン、東京ソワールなどが挙げられます。 4万円以上のおすすめスーツブランドは、30代以上をターゲットとしています。年齢に相応しい貫禄のある素敵なスーツを扱っています。 ハイクオリティな礼服も多いので、実際に店舗で試着をしてしっかりと厳選しましょう。

メンズ礼服は通販でも買えるのか?

最近は礼服もネットのいろいろなサイトで買うことができます。すでに紹介した中でも青山・AOKI・コナカなどは公式のオンラインサイトがあります。 長く使うものはフィットするサイズのものを選ぶべきですが、葬儀などで急に必要になったという場合は通販もおすすめです。早ければ翌日、遅くても数日で届くので、とにかく買いに行く時間がないというときは通販を使いましょう。

通販サイトAmazonや楽天の場合

[MARUTOMI]フォーマルスーツ 礼服 喪服 紳士服 シングル 2つボタン オールシーズン メンズ ブラックスーツ L-AZ46F80139-990-YA7
[MARUTOMI]フォーマルスーツ 礼服 喪服 紳士服 シングル 2つボタン オールシーズン メンズ ブラックスーツ L-AZ46F80139-990-YA7

ECサイトとして有名なAmazonや楽天市場でもたくさんのスーツが売られています。安いものは1万円を切るなどとても安く、急に礼服が必要になった場合にはおすすめです。 お店で買う場合と違い、実際に買った人の感想が見れるのがメリットです。ただし長く使うのであれば専門店で買うほうが良いでしょう。価格重視の人は店で見てから通販サイトで買うのもおすすめです。

通販サイトで購入したら裾上げをしよう

通販サイトで買った場合は自分に合わせて丈を直す必要があります。スラックスの裾はもちろん、ジャケットも調整が必要な場合があるので注意しましょう。 もし安いからと通販で買うのであれば、裾上げなどの費用も先に考えてから買うようにしましょう。安いと思って買っても、裾上げや縫直しでお金がかかってしまい、結局コスパはよくないというのもよくある話です。

礼服を上下別に買いたい場合

上半身と下半身の片方だけが太かったり、ズボンに穴が開いてしまったなどの理由で、礼服を上下別や片方だけ買いたいということもあります。しかし礼服は上下セットで売られるものなので、上下別に買うことは難しいです。 ジャケットとスラックスをそれぞれ買うことはできますが、色があっているかどうかは注意してチェックしましょう。上下黒の場合は色味の違いが目立ってしまうので、慎重に選ぶ必要があります。

メンズ礼服をレンタルしたい場合

礼服を使う機会がほぼなく普段の服装がカジュアルな人は、礼服は持ちたくない場合もあるでしょう。そんなときはレンタルサービスの利用を考えると良いでしょう。 すでに紹介した洋服の青山はレンタルも行っていて、タキシードは12000円、モーニングコートは15000円から借りることができます。安いスーツくらいなら買えそうな値段ですが、保管やメンテナンスの手間を考えるとレンタルの方が便利という人もいます。

場面に合わせた礼服を選ぼう

私服はどんな着方をしても問題ありませんが、礼服を着る場面は「公的」な場合が大半です。まずはしっかりルールを守りながら、慣れてきたら自分流を加えていきましょう。 特に避けたいことは、「独りよがり」な着方。「俺はこれでいいんだ」というような着方を不快に思う方は案外多いもので、年配者はより気になる人は多いです。 初めはやりすぎなくらいルールを守るくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。

地味な仕事の連続。全然スキルが付かない。

ビジネスマナーを身につけて先方や上司に気を使い、誰でもできる事務処理を「ハイ」と引き受ける毎日。雑用や地味な仕事の連続で、本当にやりたい仕事をやらせてもらえないビジネスマンは多いです。 「ほかにやりたい仕事がある」「幅広い経験・知識を積みたい」という気持ちは、特に多い転職のきっかけになっています。転職はタイミングや時期の影響でも、有利・不利が大きく別れるので、転職予定がなくても「転職を考えること」「転職を知っておくこと」は重要です。 ほかの人の転職のきっかけ、ベストな転職タイミングが気になるかたは、下記の記事も合わせて読んでみてください。 ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強み

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング