IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「大丈夫です」の常識ある正しい敬語表現と使い方

初回公開日:2016年11月07日

更新日:2020年05月17日

記載されている内容は2016年11月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

「大丈夫です」という返事を、敬語としてビジネスシーンで使うことは正しいのか、考察しています。また、上司などの目上の人に対して、「大丈夫です」と返事をしたい時、どのように言い返れば失礼がないのでしょうか?「大丈夫です」の代わりに使える敬語をご紹介しています。

「大丈夫です」はNG?敬語でどう表現するべきか?

皆さんは、日常会話で「これできる?」や「体調が悪いの?」などと尋ねられたら、「大丈夫です」と答えませんか?「大丈夫」という言葉は広く浸透しており、いろいろな場面で使っていると思います。 しかし、敬語で話すことが常識となっているビジネス業界ではどうでしょうか?「大丈夫」という言葉は、ビジネスシーンで目上の人などに対して使っても、失礼にならないものなのか、不安ではありませんか? 今回は、ビジネスシーンにおける「大丈夫」という言葉について考えていきたいと思います。「大丈夫」という言葉は、敬語として認められているものなのか。また、「大丈夫」という返事を敬語で丁寧にする場合、どのように答えれば良いのかを、ご紹介していきます。

「大丈夫」の意味について

そもそも、「大丈夫」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか?日常的に使用している言葉ではありますが、だからこそ「実は正確な意味がわからない」という方も、少なくないと思います。 「大丈夫」とは、確実であることや、間違いがないことを表す言葉なのです。

「大丈夫」は目上の人に対して使う言葉ではない

では、ビジネスシーンなどで敬語として、クライアントや上司といった目上の人に「大丈夫」という言葉を使うのは、正しいことなのでしょうか? 結論から言うと、上司などの目上の人に対する返答で、「大丈夫です」などと答えるのは、避けた方が良いでしょう。「大丈夫です」という回答は、文法としては間違いではありません。 しかし、敬語やビジネスマナーとしては、不適切と言われています。言葉の響きとしてフランクな印象を抱かれやすく、人によっては「上から目線」ととらえられてしまうかもしれません。

「大丈夫です」を敬語に言い換えるには?

「大丈夫です」は、文法として間違ってはいないものの、砕けた印象を与えやすく、敬語としては不適切という結論となりました。 では、上司や目上の人に対して、「大丈夫です」という意味合いの返事をしたい時、どのような敬語を使えば良いのでしょうか?

肯定の意味で使う際の敬語への言い換え方

「この仕事、1人でできる?」などと上司に尋ねられた際などに、「大丈夫です」とつい答えたくなる方も多いでしょう。この場合の「大丈夫」は、「1人でできる?」という問いに対して、間違いないことや確実であることを示す返事となっています。 しかし、「大丈夫」は敬語ではないので、上司などに返す返事としては不適切です。そこで、より丁寧な敬語へと言い換えるには、どのように返事をすれば良いのでしょうか? おすすめしたい言い換え方は、「問題ありません」です。「1人で大丈夫です」という回答は、「1人で問題ありません」と言い換えることで、より丁寧な返答になりますよ。

否定の意味で使う際の敬語への言い換え方

「大丈夫」という言葉は、本来は間違いがないことや確実であることを意味する言葉です。しかし、最近では「お水、飲む?」などの問いかけに対して、「大丈夫です」などと返答する方も増えてきました。 この場合の大丈夫は、「飲まなくて大丈夫です」という否定の意味で使われていますが、やはり上司や目上の人からの申し出や気遣いを断る返答としては、不適切と言えるでしょう。 上司や目上の人からの気遣いを断る際は、「結構でございます」などの敬語に言い換えることをおすすめします。「大丈夫です」という返答は、敬語として不適切なだけでなく、「お水で大丈夫です」といった肯定の意味として受け取られてしまう可能性があります。 否定の返事なのか、肯定の返事なのか、相手を混乱させないためにも、否定の意味として「大丈夫です」と答えることは、なるべく避けた方が良いでしょう。

「大丈夫です」は敬語として不適切

いかがでしたか?今回は、「大丈夫です」という敬語と、目上の人に対する「大丈夫です」に代わる丁寧な答え方をご紹介しました。 「大丈夫です」という答え方は、日常的によく使うものですが、ビジネスシーンでは不適切という結論となりました。敬語ではないので、目上の人への返答として、あまり好ましいものとは言えないのです。 また、ビジネスシーンでの質問に対する返答は、「Yes」か「No」ではっきり答えるべきと考えている方が多いと思います。しかし、「大丈夫です」という返答は、肯定だけでなく否定する場合に使われることもある為、YesなのかNoなのか、相手を混乱させてしまう可能性もあります。 このような理由もあり、「大丈夫です」をビジネスシーンなどで敬語として使えるのは控えましょう。肯定の意味を示す時は「問題ありません」、否定の回答をする際は「結構でございます」などと答えると、より正確かつ丁寧に返事をすることができますよ。

関連タグ

アクセスランキング