IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スタンプや顔文字はOK?上司とのLINEマナー・上手な終わらせ方

ビジネスマナー

上司とLINEでコミュニケーションや連絡を取る場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?このページでは、「上司とLINE」をテーマに、マナーや注意点、スタンプの使用が可能かどうかなどをご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さいね。

更新日時:

LINEで上司と円満なコミュニケーションを取るには?上司とのLINEガイド

コミュニケーションの手段として一般的に普及しているLINE。最近では、プライベートのコミュニケーションだけでなく、会社やビジネスにおける連絡手段として使っている企業もあります。 しかし、家族や友人とLINEでやり取りする時と異なり、上司とLINEでコミュニケーションを取るのは、緊張するという方も多いのではないでしょうか? 顔文字や絵文字、スタンプを使って良いのかどうか、またどのような返答で終わらせれば良いのかなど、さまざまな疑問があると思います。 そこで今回は、上司とLINEで連絡やコミュニケーションを取る際のポイントや注意点などをご紹介していきます。

上司とLINEでコミュニケーションを取る時のマナー【1】:既読スルーをしない

LINEに関する話題で、度々登場する「既読スルー」という言葉。LINEでは、自分のメッセージを相手が読んだかどうか一目で確認できる、「既読」機能が付いています。 既読スルーとは、相手のメッセージに目を通して既読にしながらも、返信をしない行為のことを指します。 場合によっては、メッセージを読んでみたものの、返信ができる状況でなかったり、すぐに返信できる内容でなかったりすることもあるので、いつでもすぐに返信をすることは不可能と言えるでしょう。 しかし、既読を付けておきながら、長時間返信をしないと、相手としては「無視されている」「どうして何も返信がないんだろう」と、苛立ったり不安になったりしてしまいます。 なるべく、既読スルーをしないで済むよう、上司とLINEのやり取りをする時は早めの返信を心掛けるようにしましょう。

上司とLINEでコミュニケーションを取る時のマナー【2】:時間帯に注意する

LINEのメリットとして、いつでも気軽にコミュニケーションを取ることができる点が挙げられます。その為、プライベートのコミュニケーションツールとしてLINEを使う場合は、連絡を入れる時間帯などを気にしないという方も、いらっしゃるかもしれませんね。 しかし、ビジネスでLINEを使う場合は、連絡を入れる時間帯にも注意しましょう。早朝や深夜といった、一般的に非常識と言われる時間帯は、基本的には連絡を入れないことをおすすめします。

上司とLINEでコミュニケーションを取る時のマナー【3】:敬語で話す

ビジネスメールや電話と比較すると、LINEなどのSNSに対して、気軽に使えるイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。 しかし、どのようなツールを使ってコミュニケーションや連絡を取る場合も、上司は上司ですし、自分が部下であることには変わりはありません。 LINEを使って上司とやり取りをする場合も、普段と同じように敬語を使うよう、注意しましょう。

LINEスタンプについて

上記で、「既読」機能についてご紹介しましたが、LINEにはもう1つ、大きな特徴があります。 それは、「スタンプ」です。スタンプとは、自分の気持ちや感情を表すイラストや写真のことで、時にはスタンプを使って、文章だけでは伝わりづらい感情やニュアンスを表現します。 スタンプにはさまざまな種類があり、マスコットキャラクターやアニメ・漫画のキャラクターから、芸能人をモチーフにしたものまで、さまざまです。 いかに面白かったり可愛かったりするスタンプを手に入れ、上手く使うかという点も、LINEというツールが、コミュニケーションツールの王道として使われるようになった理由の1つとも考えられます。

上司にLINEでスタンプを送るのはあり?

LINEの大きな特徴でもあるスタンプ。プライベートのやり取りの場合は、スタンプを使ってさまざまな感情を表現している方も多いと思います。 では、スタンプはビジネスシーン、特に上司とのやり取りでLINEを活用する際にも、使用できるものなのでしょうか? 結論から言うと、上司とのLINEでスタンプを使用することは、可能です。 しかし、プライベートの場合と同じような感覚で使用すると、上司が気分を害したり、非常識だと思われたりするかもしれません。 上司とのLINEでスタンプを使う場合は、文章などに沿えてスタンプを1つ使う程度にしておくことをおすすめします。 無意味にスタンプだけのメッセージを送ったり、スタンプばかり連続で使うようなメセージは、失礼だと思われる可能性があります。

上司とのLINEでスタンプを使う人はまだ少ない

上記で、LINEの特徴でもあるスタンプを、上司とのLINEで使っても良いかどうか、ご紹介しました。 実際、上司とのLINEでは、スタンプを使う人は多いのでしょうか?それとも、少数派なのでしょうか? 「マイナビニュース(※1)」のアンケートによると、300人中7.0%(※1)もの人が、ら「上司とのLINEでスタンプを使う」と答えており、反対に使わないという人は、15.7%(※1)だったそうです。 また、そもそもLINEで上司と連絡を取らない人が大半で、77.3%(※1)でした。 数字で見ると、上司とのLINEでスタンプを使わないという人の方が多くはありますが、LINEでの上司とのコミュニケーション自体が、そもそも普及していない印象を受けます。 今後、LINEを使って上司と連絡を取る人が増えれば、回答の比率やパーセンテージにも、変化があらわれるかもしれませんね。

どんな時はスタンプOK?LINEで上司にスタンプを使っても良いかどうかの基準

少数派とは言え、スタンプを使って上司とLINEのやり取りをしている人もいることを、上記でご紹介しました。 では、どのようなシチュエーションやどんな上司の場合は、LINEでスタンプを使ったやり取りをしても大丈夫なのでしょうか? LINEでスタンプを使ったやり取りができるかどうか、判断する基準をご紹介していきます。

上司と仲が良い

個人の感じ方にもよる為、仲が良い上司だからと言って、必ずしもLINEでのスタンプの使用が許されるかどうかは分かりません。 しかし、やはり仲が良い部下であれば、LINEでのスタンプの使用を許す上司も多いようです。 付き合いが長い上司や、冗談を言っても許されるような関係であれば、LINEでスタンプを使っても、問題になりにくいと考えられます。

上司がスタンプを使う

また、上司の方から積極的にスタンプを使うようなら、部下からもスタンプを使用することが許されることが多いようです。 むしろ、スタンプを使って連絡してくる上司に対して、真面目な文章だけの返信をするのは、少々素っ気ない印象を与えてしまうかもしれません。 上司がスタンプをよく使ってくるようなら、適度にこちらもスタンプを使った方が、愛想よく感じられるかもしれませんよ。

上司が老眼

高齢の上司の場合は、老眼になっている場合もあります。 老眼の場合、眼鏡などを使わないと、小さな文字が読みづらいという場合も。その為、LINEのメッセージも読みにくいことがあるそうです。 そのような上司に配慮して、文章よりも内容が視覚的に分かりやすいスタンプを使うという方もいるようです。 老眼の上司の場合は、スタンプを非常識と捉えるよりも、「分かりやすい」と感じる可能性があるので、相手の反応次第では、スタンプを使った方が良いかもしれません。

上司とのLINEを円満に終わるには

LINEでコミュニケーションを取る際の悩みとして多いのが、「どのタイミングで終わらせれば良いのか分からない」「何て言って会話を終えれば良いのかいつも悩む」といった、終わらせ方に関する問題です。 特に上司の場合は、失礼だと感じられたり、嫌な印象を与えたりしないでやり取りしなければなりません。その為、会話の終わらせ方も重要となってきます。 上司とのLINEの終わり方としておすすめなのが、お礼を入ったり感謝の気持ちを伝えたりする方法です。ある程度話し、そろそろ会話を終えたいと思ったら、「本日はありがとうございました」「明日も宜しくお願いします」など、感謝の気持ちを伝えたり、会話を終わらせる為の挨拶を返したりするのです。 このような挨拶をすると、会話が終わったのかどうかお互いにはっきりしますし、会話を終わらせるのにも不自然な印象がない為、相手に不快感を与えづらいと考えられます。

スタンプが使用できる場合は、スタンプでやり取りを終わらせるのもOK

スタンプを使ってコミュニケーションを取っても問題がなさそうな場合は、スタンプで挨拶して会話を終わらせるのも、1つの方法です。 しかし、あまり砕けた内容や言葉遣いのデザインを使ってしまうと、やはり不快感を与えてしまう可能性もあります。 スタンプの中には、敬語のものや落ち着いたデザインのものもあるので、上司に使っても差し支えがなさそうな言葉遣いやデザインのスタンプを用意しておくのも良いかもしれませんね。

マナーを守って、上司と便利で楽しいコミュニケーションを取ろう

いかがでしたでしょうか?今回は、上司とのLINEをテーマにして、上司とLINEでコミュニケーションを取る場合のマナーや注意点、スタンプの使い方についてご紹介しました。 上司というと、どうしてもコミュニケーションを取りづらい存在だと思います。 しかし、LINEという使い慣れたツールを使ってコミュニケーションを取ることで、普段は話しにくい上司も、身近な存在に感じられるかもしれません。 あまり砕けたりフランクになったりし過ぎないよう、マナーなどに注意をしつつ、ラインを使った気軽な上司とのコミュニケーションを楽しめると良いですね。

関連タグ

アクセスランキング