IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

気配りができない人の特徴・上手になる方法・気遣い/心配りとの違い

更新日:2022年11月15日

コミュニケーション

あなたは気配り上手ですか?気配りの上手な友人は周りにいますか?気配り上手になる方法、気遣いと心配りの違いなど、気配りについて考察してみましょう!気配り上手になりたい人は、今一度、自分に足りないものは何か考えてみましょう。

気配りができない人の特徴って?

あなたは気配りが得意な方ですか?苦手だと感じていますか? 気配りができる人について考える前に、気配りができない人はどんな特徴があるか考えてみましょう。 知らず知らずのうちに自分が気配りできない人になっていませんか? ぜひこの機会に自分自身を見つめなおしてみましょう。

気配りができない人の特徴1:人の身になって考えることができない

気配りは人の為にするものですが、自分がする側ではなくされるのが当たり前だと思っている人も、気配りが出来ないという特徴を持っています。気配りをするには相手の身になって、相手が喜んでもらえるように行動することが大切なのです。

気配りが出来ない人の特徴として、人の身になって考えることが出来ないという特徴があります。日本人にはおもてなしや思いやりと言った言葉がありますが、相手の身になって行動して喜んでもらうために行動します。しかし気配りが出来ない人は人の身になって考えることができない傾向にあります。常に自分中心に物事を考えてしまうので、相手の身になって考えることができないと思われてしまいます。

気配りができない人の特徴2:他人に興味が無い

自分のことしか考えられずに他人に興味が無い人は、気配りができない人が多いです。気配りは人に喜んでもらうために、自ら率先して行動することです。相手の為に行動することで気配りをすることができますが、他人に興味が無い人はそもそも人の為に行動しようとは思わない人が多いようです。

気配りの出来ない人の特徴として、自分にしか興味が無く、他人に興味が無い人は気配りをすることができない傾向にあります。誰かにしてもらうことが当たり前だと思っている人や、自分が良ければ全て良しと考える人にとっては、他人へ気配りすることすら考えないといえるでしょう。

気配りできない人は人に何かしてもらうことが当たり前

気配りが出来ない人の特徴の中には、他人から何かしてもらうことが当たり前だと思っている人がいます。気配りは自分から率先してやるものですが、自分がされる側だと思っているので、人に対して何かしようという発想がない傾向にあります。 されるのが当たり前だと思っている人は、気配りをしようという発想が無いので、なかなか他人の為に行動することは難しいでしょう。

周りに居る人全員に目を向ける

気配り上手になる方法で大切なのが、常に周りにいる人全員に目を向けることです。気配りとは自分から率先して他人に対して行動することなので、常に周りに居る人全てに目を向けていなければなりません。ちょっとしたことでもいいので、さり気なく行動することがその人にとっての気配りになります。気配りは一人に集中して注意を払うのではなく、全員に対して気を配ることです。

相手の調子が悪ければ大丈夫と声を掛けたり、荷物を持っていれば少し持ってあげることも気配りになります。自分がちょっとしたことをしただけでも、された方にとってはとてもありがたいと思ってくれるものです。気配り上手になるには全員に気を配ることが大切なので、常に全体を見るように心掛けることが大切です。

自分から率先して行動する

次のページ:相手の身になって考えてみる
初回公開日:2017年01月06日

記載されている内容は2017年01月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング