IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

送別会で上司を感動させる・感謝の気持ちが伝わる歌と定番の歌

初回公開日:2017年01月13日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2017年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

退職

送別会といえば、色々な演出がありますが、中でも多いのは歌。特に上司が退職、異動の際には、これまでの感謝の気持ちを感動と共に上司へ歌で伝えたいですね。今回はそんな送別会で歌われるおすすめ、定番の歌を紹介します。替え歌の是非についてもお伝えします。

送別会でどんな歌を選べばいい?

上司の送別会での盛り上がりを期待して選曲するつもりが、最近の流行歌で上司が知らない歌では困ります。よって、誰もが知っていて口ずさめるような「世代に関係なく盛り上がる歌」を選ぶことが大切です。送別会だから別れの歌や旅立ちの歌を歌う必要は全くありません。むしろ「明るく気持ちよく送り出すような元気のいい歌」を選んだ方がその場に参加している全員が楽しめます。

歌を選ぶ際の注意点

歌を選ぶ際の注意点を以下にまとめておきます。 1.最近の流行歌ばかりを選ばない 流行の歌は同世代の若い社員にはウケがいいかもしれませんが、少し上の世代の上司には全くわからない場合があります。世代が限定されるような歌はできるだけ避けましょう。 2.バラード系は要注意 送別会だからといってしんみりしたバラードを選ぶ場面をよく見かけます。バラードのような特に聴かせるタイプの歌は、感情が入りすぎて、自己陶酔に陥ってしまうと、聴いている人達がひいてしまうこともあるので、注意しましょう。 3.できるだけ誰でもわかる歌を選ぶ どの年代の人でも一度は聴いたことがあるような、昔からの定番の歌を選ぶのが無難です。送られる側も送る側も最後は一緒に大合唱できるような歌が盛り上がり、きっとみんなが喜んでくれるはずです。

送別会で送られる人のタイプ別に歌を紹介します!

送られる人がどんな人かによっても選ぶ歌は変わってきます。ここからは、送られる人のタイプ別に数曲ずつ、印象的な歌詞とともに紹介していきます。

年配の上司の送別会の場合

●贈る言葉:海援隊 昔から卒業式や送別会では定番の歌です。気持ちを込めてあたたかい雰囲気で歌うのもよし、モノマネが得意な人がいれば、モノマネと真面目な部分で緩急をつけて歌うのもより一層盛り上がるかもしれません。最後はみんなで合唱しましょう。 ♪さよならだけでは さびしすぎるから 愛するあなたへ 贈る言葉

●乾杯:長渕剛 こちらは結婚式でも歌われる定番の歌ですね。若い世代にはあまり馴染みがないかもしれませんが、年配の方々にとっては青春の歌でもあります。バラードではありますが、サビ等はみんなで歌える歌です。まさに人生の岐路に立つ上司の多幸を祈って思い切り歌いましょう。 ♪ 乾杯 今君は人生の大きな大きな舞台に立ち   はるか長い道のりを歩き始めた君に幸せあれ

女性の上司の送別会の場合

●負けないで:ZARD 最近ではテレビのマラソン等の場面でよく耳にするようになりましたね。年配の女性にとっては、青春時代を共にしてきた歌でもあります。明るくテンポも良いので、誰でも口ずさめて、みんなで合唱もできて盛り上がり間違いなし! ♪ どんなに離れてても 心はそばにいるわ 追いかけて はるかな夢を

●YELL:いきものがかり 女性は意外と何歳になっても流行に敏感な人も多いです。少し新しめの歌でも有名な歌なら知っている場合が多いです。中学生が合唱で歌ってたように、送る側の人みんなで大合唱しましょう。 ♪ サヨナラは悲しい言葉じゃない それぞれの夢へと僕らを繋ぐYELL

関連タグ

アクセスランキング