IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

仕事での大失敗例まとめ・仕事で大失敗したときの対処法

更新日:2020年08月14日

仕事

仕事で大失敗してしまうと、かなり落ち込みますよね。しかし、失敗しない人なんていません。いくら仕事でも、すべて完璧にこなすのは困難です。そこで今回は、仕事で大失敗してしまった例や、大失敗してしまった場合の対処法についてまとめてみました。

⑧パソコンの操作中に大切なデータを消してしまった

パソコンを触っている時の大失敗例としては、大事なデータを消してしまうことは、1度は経験したことがあるのではないでしょうか。 パソコンに不慣れな人も多く、いつも通りに使っていれば問題ないのに、いきなり普段とは違ったコマンドができることがあります。 よく分からずにボタンを押してしまったことで、作成中のデータが消えてしまったり、大切な保存データを消去してしまったという経験もあるはずです。 データはコマメにデータ保存しておくことが望ましいですが、大失敗により数日間の仕事がパアになってしまうこともあります。 パソコンのデータを消してしまったという経験をしている人は、誰でも1度はしがちな大失敗の1つです。

仕事で大失敗してしまったときの対処法

仕事で大失敗をした時の対処法としては、とにかく謝り続けることです。どんな事情があったとしても、失敗をした時には言い訳にしかなりません。大失敗をした時には関係者や相手は期限が悪く、中には怒っている人も当然いるでしょう。 失敗をした時に言い訳をされることほど、相手を怒らせるものはありません。怒っている相手にはまずはどんな理由があったとしても、誠心誠意を尽くして謝ることが大切です。 大失敗をした時はかなりの損失を与えてしまいます。 その原因を作ったのは自分自身なので、どんな言い訳もしないで謝ることを優先しましょう。謝罪が終わった後に、大失敗をした理由があれば相手に伝えることで許してもらうこともできるでしょう。どんな理由があっても謝る時に言うのは、言い訳にしかならないので注意しましょう。

上司を連れて先方に謝りに行くのがベスト

相手の会社に対して大失敗をしてしまった時は、自分だけで謝りに行っても許されません。会社同士の信用にも関わることなので、失敗のお詫びをする時に一社員が行ったとても、それだけの扱いだと思われてしまい、逆に余計相手を怒らせてしまうでしょう。 失敗をした時には自分だけでなく、直属の上司を連れて謝罪に行くことにより、それだけ大きな失敗をしたと会社側が認めたという証が必要になります。一社員より上司が謝った方が会社としての誠意も伝わります。 相手の会社に対してそれだけ大切なパートナーだということを伝えるためにも、大失敗をした時こそ上司を連れて謝りに行きます。上司は社員の尻拭いをすることも仕事のうちなので、大失敗をした時は上司と共に菓子折りを持参して謝りに行きましょう。

終わりに

仕事における大失敗とその対処法について紹介しました。 すべて完璧にこなすのは難しいですが、できる限り失敗せずに仕事をしたいですよね。失敗しても気にしない!と開き直るのではなく、できる限り失敗せずにいられるよう最大限の努力をしましょう。

初回公開日:2016年12月30日

記載されている内容は2016年12月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング