IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

尽力(じんりょく)の意味・使い方9つ・類語

更新日:2023年08月21日

言葉の意味・例文

「ご尽力いただき」「尽力します」「ご尽力のおかげ」「ご尽力の賜物」など、ビジネスシーンで多用する「尽力」という言葉。この記事で「尽力」の意味、「ご尽力」の使い方と例文、意味が似ている「お力添え」との違いを理解して、正しく使えるようになりましょう。

例文:プロジェクト成功のために、頑張ります。 「頑張り」のニュアンスは、「努力」と類似しています。「尽力」とは何が異なるのかというと、敬意の高さです。 「頑張り」より「尽力」のほうが、より敬った表現となるため、状況によって使い分けて使用する必要があります。

尽力の類語<手を尽くす>

例文:プロジェクト成功のために、手を尽くします。 「手を尽くす」に込められた意味に、「考えられる限りの方法を試す」というものがあります。手の指が多いことからこのような意味を含みます。 これらを考慮して「尽力」と比較すると、「手を尽くす」は「考えられる限りの方法を試す」というより具体的な方法を意味に含んでいます。

尽力の類語<献身する>

例文:プロジェクト成功のために、献身いたします。 「献身する」には「身を献ずる」と表されるように、「わが身を犠牲にして尽くす」という意味を持ちます。「尽力」よりも強い意志が伝わる表現です。 このように類似表現は多く存在します。相手や状況に合わせて使い分けていきましょう。

「ご尽力」と「お力添え」の違い

「力を尽くす」という意味の「尽力」に対し、「お力添え」は「力を添える、手助けをする」という意味を持ちます。「お力添え」は「サポートする」というニュアンスを含み、最前線からは少し身を引いた様子を意味します。 「ご尽力」と「お力添え」は非常に似通った意味を持ち、比較される言葉です。正しく意味の違いを理解し、使い分けましょう。

使う際の注意点

「尽力」を使用する際の注意点は、使い分けを正しく行うことです。これまで紹介してきた「お力添え」や、「努力」のような類語としっかり区別して、状況に合わせて使用することが必要とされます。 状況によっては「尽力」という言葉を使って、「お願い」をすることはNGとされています。ここでは、より適した「お力添え」を使うように心がけましょう。

尽力の意味と使い方を間違えないようにしよう

せっかく敬意の意味を込めて使用した「尽力」という言葉も、使い方を誤れば、相手を不愉快な気持ちにさせてしまいます。もう一度、意味と使い方を確認しましょう。 ・意味:あることをなすために、力を尽くすこと。 ・使い方:目上の方への敬意を表して、感謝、お詫び、決意を気持ちを表すこと。 意味と使い方をしっかりと理解して、ビジネスシーンで使っていきましょう。

次の意味と使い方もチェックしよう

「尽力」の意味を理解したところで、次のフレーズの意味と使い方を学んでいきましょう。どちらもビジネスシーンでよく使われる言葉です。 ・微力ながら ・お手数ですが まだ使ったことのない方はこの機会に使えるようになりましょう。すでに使っている方は間違った使い方をしていないか確認しましょう。 正しい日本語を学んで、ビジネスシーンで積極的に使っていきましょう。

初回公開日:2016年12月12日

記載されている内容は2016年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング