IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「芯が強い」とは?芯が強い人になるための習慣についても紹介

更新日:2022年07月29日

ビジネスマナー

憧れのあの人のように、芯の強い人になる習慣をご存知ですか。本記事では、「芯が強い」の意味を解説し、芯の強い人の特徴から取り入れるべき習慣を知ることができます。自信がない、芯を強くしたいと思っている方は是非チェックして下さい。

芯が強いの同義語3つ

芯が強いと同じ意味を持つ、類義語をチェックしましょう。 なんとなく意味は知っていて使っている言葉だけど正しい表現を知っておくことが大切です。 同義語を知っておくことで会話のバリエーションが増えるので、相手と飽きない会話ができます。

「ブレない」

ブレないとは、不安定に揺れ動くことがない、優柔不断さがない、ポリシーを貫いているなどの意味合いがあります。周りの左右されることなく目標を最後まで貫く姿勢があるのです。 例文を上げると、「あの人はおっとりした性格だが自分の道を進んでいる」「マイペースだけど自分の軸はブレてない」といった使い方ができます。

「筋が通っている」

矛盾がなく、理にかなっていることを「筋が通っている」と表現します。 言葉と行動に矛盾がないことを意味しています。 周囲に影響されて自分の考えをすぐに変えてしまう人は、筋が通っていないため信頼関係も築けなくなります。 自分の思いに自信を持てば、筋が通った人になれるのです。

「精神力がある」

精神力とは、あることを遂行するために精神を集中すること、その状態を維持すること、といった意味があります。 精神力がある人は、どんなに辛く逃げ出したい状況でも継続する力を持っています。 それが目標達成への源にもなっているのです。 例文は「試合終了間際に体力は限界で合ったが精神力で乗り切った」「長所はどんな状況でも諦めない精神力です」といった使い方ができます。

芯が強い人を目指して信頼される人になろう!

芯が強い人の特徴・芯が強い人になるための習慣を紹介しました。 自分の目標に向かって進んでいる人は憧れる存在です。 困難な状況でも立ち向かい、周りに左右されずに発言し行動する人は芯があります。 しかし自分の意見ばかりを押し通したり、高圧的な態度をとったりしているとわがままで頑固な人です。 信頼関係がなくなり人が離れてしまいます。 そうならないためにも、相手と対応に話し合い、周りを見て行動することで正しい「芯がある」存在になれるのです。

初回公開日:2016年12月08日

記載されている内容は2016年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング