IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「芯が強い」とは?芯が強い人になるための習慣についても紹介

更新日:2022年07月29日

ビジネスマナー

憧れのあの人のように、芯の強い人になる習慣をご存知ですか。本記事では、「芯が強い」の意味を解説し、芯の強い人の特徴から取り入れるべき習慣を知ることができます。自信がない、芯を強くしたいと思っている方は是非チェックして下さい。

「芯の強い人に憧れる」 「芯の強い人になって自分をアピールしたい」 「芯の強い人になる習慣を知りたい」 このように芯の強い人になりたいと悩んでいるのではないでしょうか。 本記事では「芯が強い」の意味を紹介し、芯が強い人の特徴と取り入れるべき習慣を紹介します。 この記事を読むことでふわふわした性格から、芯がある性格になれます。そんな性格になれば、職場でリーダーシップを発揮でき、恋愛でも自信が持てるようになります。 芯が強い人になりたいなら、是非チェックしてみて下さい。

「芯が強い」の意味

芯を強くするためには、まず言葉の意味を理解する必要があります。 「芯が強い」とは見た目とは裏腹に、簡単に屈しない強さを持っていること、少しのことで諦めない忍耐力があることを意味します。 外見は控えめで大人しそうでも、内面(心)は強く自分の意志をしっかり持っていると表現できます。

周囲に左右されない強さや意志

芯が強い人は揺るぎない意志があるため、行動に一貫性があるため周りの人に信頼されます。 周りに流されない性格になるためにも「芯」をしっかりすることが大切です。 例えば、なんでもすぐに相談してしまう性格な人はまず自分はどうしたいのかを明確にした上で相談するようにしましょう。 自分の考えがないと相手の意見に流されてしまうので自分の芯が崩れてしまいます。 「これだけは譲れない」と言う自分の意見をしっかりと持つことで、周りに左右されなくなります。

「芯が強い」と「頑固」との違い

「芯が強い」と「頑固」は似ている言葉ですが同じ意味ではありません。 「揺るぎない意志があり、ぶれない」という意味合いは同じですが、頑固はネガティブな印象を与えます。 他人の意見には耳を傾けずに自分の意見を押し通すような人は「頑固」であり、他人の意見もしっかり聞き、自分の考えを修正できる人を「芯が強い」と言えます。

芯が強い人の特徴6つ

では具体的に「芯が強い人」とはどのような特徴があるのでしょうか。 芯が強い人は、行動力があり、揺らぐことのない価値観を持っているとイメージする方が多いと思います。 気が強い中にもしなやかさも兼ね備えているため、柔軟に考えて行動できる人とも言えます。 芯が強いとはどのような人かをチェックしましょう。

しなやかな強さを持っている

想定外の出来事や、自分の意見と対立する人がいても冷静に考えて物事をうまく進めるしなやかさを持っています。 嫌なこと、落ち込むことがあったとしても素早く立ち上がります。 芯が強い人はどんな時でもプラス思考なので、切り替えてすぐに行動できます。 意見が対立する人がいたとしても、一旦は全てを受け入れ自分の考えと比較し軌道修正することもできるのです。

揺るぎない価値観を持っている

芯が強い人は、自分の揺るぎない価値観があります。価値観とは「物事の考え方」を意味します。 たとえば女性が、職場の同僚や友人から「早く結婚した方がいいよ」と言われても今は仕事が楽しくキャリアを伸ばしたいと考えているのですぐに結婚しようとなりません。 他人の言動に左右されて自分の価値観が揺らぐことがないため、「自分はこう思う」としっかり伝えるのです。

行動力がある

芯が強い人は自分の目標達成のために常に前向きです。 目標は頭で考えているだけでは達成できません。 実際に体験する、情報を取りに行くといった行動が大切になります。 自分の価値観を大切にし、困難があっても問題点を素早く解決して、軌道修正して前に進む驚くべき力を発揮します。

目標がある

芯が強い人には叶えたい目標があります。 「いつまでに達成する」「自分はこうなりたい」といった明確な目標があるため、先を見据えて行動ができるのです。 目標達成のために何をすべきか日々考えるため、ムダは徹底的に省きます。 時間を大切にしているためスケジュール管理が上手いのです。 目標達成から逆算して行動できる特徴があります。

次のページ:芯が強い人になるための習慣6つ
初回公開日:2016年12月08日

記載されている内容は2016年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング