IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

うざい人の心理とは?8つの特徴や対処法についてもあわせて紹介

更新日:2022年10月03日

コミュニケーション

身近にいるうざい人に悩まされている人もいるのではないでしょうか。この記事ではうざい人の心理や特徴、対処法などについて詳しく解説しています。身近な人がうざくてどのように接すれば良いのかわからないという人は、是非参考にしてみてください。

うざい人は人のプライベートを話のネタにするのが好きです。そのため自分のプライベートをあれこれ言いふらされたくない場合には、聞き役に徹して自分の情報は極力話さないようにしましょう。 うざい人はあの手この手を使ってしつこく情報を聞き出そうとします。うっかり自分の情報を口にすれば、勝手に話のネタにされてしまうでしょう。 そのためうざい人にいろいろ質問されても流すようにして、自分の情報を極力話さないよう注意することが大切です。

会話の主導権を相手に握らせない

うざい人はいつも自分が会話の中心にいたいと思っているため、みんなで会話をしていても自分の話をしたり、会話の主導権を握ろうとしたりしてきます。 うざい人が会話の主導権を握ってしまうと相手にするのが大変ですし、その場の雰囲気が悪くなってしまうこともあるでしょう。 うざい人に会話の主導権を握らせないためにも、自分から話題を振るなどして自分で会話をリードするのがおすすめです。 会話の主導権が握れないと気づけば、うざい人があなたに話しかけてくることも減るでしょう。

相手を上手く褒めておだてる

うざい人となるべく接しないようにしていても、うざい人が会社の上司や同僚などでどうしても関わらなければならないこともあるでしょう。 うざい人には構ってもらいたい、相手にして欲しいという心理があります。そのためうざい人とどうしても関わらなければならない場合には、相手を上手く褒めておだてることで、その心理を満たしてあげてください。 相手を上手く褒めておだてることで、相手の構って欲しいという欲求を満たしてあげればしつこくされることもなくなるでしょう。

長い話には適当に相槌を打つ

うざい人の話の相手をまともにしていると疲れてしまいます。そのため長い話には適当に相槌を打つようにしましょう。 うざい人の相手をまともにすると、この人は自分との会話を楽しんでいる、構ってくれると勘違いされて、話が止まらなくなってしまいます。 そのためうざい人の話が長い場合には、適当に相槌を打ったり、話を聞き流したりしてまともに相手をしないようにするのがおすすめです。 相手がまともに話を聞いてくれていないことがわかれば、うざい人は不満に思ってあまり話しかけてこなくなるでしょう。

うざい人を観察してみる

うざい人だからと言って避けてばかりいると相手の悪い部分ばかりが気になって、嫌だという気持ちがどんどん膨らんでしまいます。 そのような場合にはうざい人をよく観察してみて、相手の良い部分を探してみましょう。相手のことをよく観察してみれば、うざい人にもどこか良い部分があるはずです。 相手の良い部分を見つけることができれば、うざい人の印象が大きく変わるきっかけになるでしょう。

物理的な距離を置いてみる

うざい人は自分がうざいと思われていることに気づいておらず、周りに迷惑をかけていることにも気づかないため、できることなら物理的な距離を置いて関わらないようにするのがおすすめです。 うざい人はプライドが高く、自分の悪いところを指摘されることを嫌がります。またたとえ悪いことを指摘したところで、耳を傾けることはないでしょう。 相手が同じ職場の人であっても、仕事をする上で必要最低限しか関わらないようにするなど、相手に距離を置いていることがわかるくらい距離を置いてみてください。

恋人がうざい人である場合は?

恋人がうざい人である場合、まず恋人のうざい態度を我慢できるのか、また許せるのかどうかをよく考えてみましょう。 その上で相手のうざい部分について直して欲しいということをはっきり伝え、話し合うことが必要です。 恋人といくら話し合っても、恋人のうざいところが治らなかったり、受け入れることができなかったりする場合には、一度恋人と距離を置いてみましょう。 距離を置いて冷静に考えることで、やっぱり好きなのかそれとも無理なのかをはっきりさせることが大切です。

うざい人への対応を知って活用してみよう

うざい人の心理や特徴、うざい人の対処法などについて詳しく解説しました。うざい人と一口に言っても、さまざまなタイプの人がいます。 そのためうざい人の心理や特徴を知り、適切に対処することが必要です。この記事の内容を参考に、うざい人の心理や特徴、対処法を知り、うざい人と接するときに活用してみましょう。

初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング