IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「急かしてしまい申し訳ありません」の意味|ビジネスシーンでの使い方を紹介

更新日:2022年09月22日

言葉の意味・例文

ビジネスシーンで「急かしてしまい申し訳ありません」という文言を使ったことがあるでしょうか。本記事では「急かしてしまい申し訳ありません」の意味と使い方の解説をしています。ビジネスコミュニケーションを円滑に進められるように、正しい意味と使い方を覚えておきましょう。

相手側からの資料を催促したい場合

相手に資料の提出を依頼していたにもかかわらず、一向に提出されないときには「急かしてしまい申し訳ありません」を使って催促できます。

例文
  • 急かしてしまい申し訳ありませんが、〇〇の資料についてご準備いただけたでしょうか。
  • 急かしてしまい申し訳ありません、〇〇の資料はその後どうなっていますか。

「急かしてしまい申し訳ありません」のビジネスメールにおける例文

「急かしてしまい申し訳ありません」はビジネスメールでも使う機会が多い文章です。使い方は一般的なビジネスシーンと変わりません。メールでは言葉の抑揚で感情を伝えることができませんが、「急かしてしまい申し訳ありません」を活用すれば柔らかい調子の文面を作れます。 ここでは、ビジネスメールで「急かしてしまい申し訳ありません」を活用できる状況を取り上げ、例文を紹介していきます。

仕事を依頼する場合

仕事の依頼をするビジネスメールでは、依頼と一緒にスケジュールや納期を提示します。このとき、スケジュールや納期にかなりの余裕がある場合を除き、「急かしてしまい申し訳ありません」を使っておくと、依頼に気遣いが感じられるメール文章になります。

例文
  • あまり納期まで時間のない仕事となり、急かしてしまい申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。

相手側からの連絡が欲しい場合

ビジネスシーンでは、相手に連絡を促すメールを出す機会が多々あります。「急いで連絡が欲しい」とストレートに伝えるよりも、「急かしてしまい申し訳ありません」を使って連絡を促した方が、相手への気遣いが感じられます。

例文
  • 急かしてしまい申し訳ありません。ご連絡をお待ちしております。
  • 急かしてしまい申し訳ありませんが、〇月〇日までにご連絡ください。

当方側のミスが判明した場合

自分たちにミスがあり、相手にお詫びをするときで、そのミスの原因が急がせたことにある場合や、対処を急がせる場合には、「急かしてしまい申し訳ありません」の1文で伝えられます。 「申し訳ありません」という一文が含まれているため、ビジネスメールの中では謝意としてもお詫びとしても使えます。

例文
  • この度は、手違いにより余計なお手間をお掛けしたうえ、作業を急かしてしまい申し訳ありませんでした。ご対応に感謝いたします。
  • 作業を急かしてしまい申し訳ありませんでした。改修予定についてご連絡ください。

「急かしてしまい申し訳ありません」を使用する際の注意点

ビジネスメールや会話の中で「急かしてしまい申し訳ありません」を使うときは、定型の文面として通り一遍のあいさつにならないように、注意すべきポイントがあります。 ここでは、ビジネスで「急かしてしまい申し訳ありません」を使うときに知っておきたい注意すべきポイントについて解説します。相手を不快にしてしまうことがないよう、注意すべきポイントはぜひとも押さえておいてください。

相手側の立場や事情を気遣う

次のページ:「急かしてしまい申し訳ありません」の言い換え表現
初回公開日:2022年09月21日

記載されている内容は2022年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング