IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「急かしてしまい申し訳ありません」の意味|ビジネスシーンでの使い方を紹介

更新日:2022年09月22日

言葉の意味

ビジネスシーンで「急かしてしまい申し訳ありません」という文言を使ったことがあるでしょうか。本記事では「急かしてしまい申し訳ありません」の意味と使い方の解説をしています。ビジネスコミュニケーションを円滑に進められるように、正しい意味と使い方を覚えておきましょう。

「急かしてしまい申し訳ありません」はビジネスシーンで急ぎの用を催促するときに多く用いられる表現です。婉曲的で柔らかな言い回しとなるため、使い方を知っていれば大人の表現ができます。 本記事では、「急かしてしまい申し訳ありません」の意味や使い方を例文も交えながら解説しています。「急かしてしまい申し訳ありません」の正しい意味と使い方を覚えておけば、ビジネスシーンで相手に催促が必要なときも直接的な表現を避けることが可能です。 よく見かける言い回しだからといって、意味や正しい使い方を知らずに使ってしまうと、誤った使い方になってしまう恐れもあります。「急かしてしまい申し訳ありません」の意味と使い方についても、使えるシーンや適切な使い方を理解しておきましょう。

「急かしてしまい申し訳ありません」の意味

「急かしてしまい申し訳ありません」の意味

「急かしてしまい申し訳ありません」の「急かして」は「せかして」と読みます。「急かして」は「急かせる」を活用した形で、「急かせる」は「催促して急がせる」「せきたてる」という意味です。 「急かしてしまい申し訳ありません」は急かせたことを詫びる敬語表現ですが、「急かしてしまい申し訳ありません」が使われる意味は単純なお詫びとは限りません。相手を気遣う詫び文の形をとりながら、相手を催促する表現としても使われます。

「急かしてしまい申し訳ありません」のビジネスシーンでの使い方

「急かしてしまい申し訳ありません」は実際のビジネスシーンでどのようなときに使われているのでしょう。会話やメールなど、状況にあわせ使っていきましょう。 ここでは、「急かしてしまい申し訳ありません」が使われると想定されるビジネスシーンごとに例文を参考にしながら使い方を見ていきます。

厳しいスケジュールを依頼する場合

納期間近のスケジュール的に厳しい案件の対応を依頼する場合には、労いの気持ちとお詫びの気持ちを兼ねて「急かしてしまい申し訳ありません」を使います。 この場合の「急かしてしまい申し訳ありません」には含みはなく、言葉どおりに受け止められる使い方です。会話で使うときは、ビジネスライクな定型文的な使い方にならないように、きちんと労いやお詫びの気持ちを込めて使いましょう。 「納期が短く、急かしてしまい申し訳ありません」「タイトなスケジュールで急かしてしまい申し訳ありません」のように使えます。

相手の対応が遅い時に督促する場合

納期間近の場合や、一向に返事がもらえずヤキモキしている場合など、柔らかく督促するという意図で「急かしてしまい申し訳ありません」を活用しましょう。 「早くしてください」「確認できていますか」と直接的な表現をすると相手の気分を害しそうな場面でも、「急かしてしまい申し訳ありません」を使えば遠回しに督促できます。 「急かしてしまい申し訳ありませんが、回答はお済でしょうか」のように使えます。

「急かしてしまい申し訳ありません」のビジネスシーンにおける例文

ここでは、ビジネスシーンで「急かしてしまい申し訳ありません」を使う機会がある状況や場面ごとに例文を紹介していきます。 例文を覚えておけば、そのままの文章で活用できることも多く、また、例文で使われている単語を変えるだけで多くの場面に適用できます。テンプレート代わりに覚えておきましょう。

急いで来て欲しい場合

会議や打ち合わせ、待ち合わせの場所などへ相手を促したいときに「急かしてしまい申し訳ありません」を使って「急いできて欲しい」旨を伝えられます。

例文
  • 急かしてしまい申し訳ありませんが、間もなく開場いたしますのでご入場ください。
  • 急かしてしまい申し訳ありませんが、メンバが揃いましたので会議室へお越しください。

集合場所の手違いが判明した場合

「急かせる」には「せきたてる」「せかす」という意味があります。集合場所の手違いが判明した場合、「急いで」と伝えたいもののこちらに非があるため強くいえませんが、「急かしてしまい申し訳ありません」を使って謝意を表しつつ、相手を促せます。

例文
  • 申し訳ありません。手違いで集合場所が変更になっておりました。急かしてしまい申し訳ありませんが、早急に移動をお願いします。
次のページ:「急かしてしまい申し訳ありません」のビジネスメールにおける例文
初回公開日:2022年09月21日

記載されている内容は2022年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング