IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

あかすりのデメリットとは?効果や正しいケア方法もあわせて解説

更新日:2022年10月03日

暮らしの知恵

美容法としても知られるあかすりの経験はありますか。あかすりは、メリットがある一方で、デメリットもいくつかあります。デメリットを知っておくことで、あかすりについて深く知ることができます。本記事では、デメリットとあわせて、正しいケアについてもお話します。

あかすりをすることで、新陳代謝が高まることをお話しました。新陳代謝が高まることで、脂肪の燃焼効率アップにつながり、自然と痩せやすい身体になるといわれています。 また、新陳代謝が高まることで汗をかきやすくなります。汗をかくことで身体の老廃物が排出されるので、美容効果もありながら、ダイエット効果も期待できるのです。 新陳代謝が向上すると身体に嬉しい効果がたくさんあります。あかすりにこのような効果があるとは驚きですね。 出典:あかすりで美ボディを作る! 正しいあかすりの方法と効果|シロノクリニック 参照:https://beautycolumn.jp/1808/

あかすりのデメリット

ここまで、あかすりの良い面をお話してきました。あかすりによってもたらされる嬉しい効果はこのように多くあります。あかすりをしてみたくなる、魅力的な効果ばかりです。 魅力がたくさんあるあかすりですが、一方で、いくつかのデメリットも挙げられます。 自宅であかすりをする場合も、サービスとして受ける場合も、あかすりをする上でデメリットを知っておくことも大切です。デメリットを知っておくことで、より、あかすりのことを知ることができるでしょう。

肌の炎症を引き起こすことがある

あかすりは肌を擦るので、皮膚がめくれて赤く炎症を引き起こす場合があります。 よく見られるもので、皮脂欠乏性皮膚炎というものがあります。 これは通常、加齢による変化としてみられる症状です。加齢で皮膚の機能が低下し、皮膚の乾燥を招き、かゆみを伴います。加齢意外の原因として、身体の洗いすぎや冷暖房のきかせすぎといった生活習慣が挙げられます。 あかすりによる効果を期待して、擦りすぎるとこのようなデメリットをもたらしてしまうことも知っておきましょう。 出典:皮脂欠乏性皮膚炎|結城病院 参照:http://www.yuki.or.jp/info/%E7%9A%AE%E8%84%82%E6%AC%A0%E4%B9%8F%E6%80%A7%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%82%8E/

肌のバリア機能を低下させる恐れがある

古い角質を取り除くあかすりですが、擦りすぎると本来必要な角質まで取ってしまう可能性があります。 角質がある肌の角質層は皮膚の一番外側にあります。この角質層は、水分を保ったり、外からの刺激をバリアしたりする働きを担っています。必要な角質まで取ってしまうと、このバリア機能が壊れてしまい、外からの刺激に弱くなり乾燥を引き起こしてしまいます。 敏感肌になってしまい、肌トラブルを引き起こす原因となります。またもともと敏感肌の場合、悪化することもあるので注意が必要です。 出典:皮脂欠乏性皮膚炎|結城病院 参照:http://www.yuki.or.jp/info/%E7%9A%AE%E8%84%82%E6%AC%A0%E4%B9%8F%E6%80%A7%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%82%8E/

あかすりのデメリットを防ぐ正しいケア方法

あかすりは、嬉しい効果だけでなく、いくつかのデメリットがあることも分かりました。 デメリットを知ると、あかすりに対して少しマイナスのイメージを抱いてしまう方もいるかもしれません。ですが、これらのデメリットは、対策することができます。正しい知識があれば、心配する必要はそこまでありません。 あかすりの頻度や使用する製品など、ここからは、あかすりをする過程で気を付けると良いことをご紹介します。

1~2週間は間隔をあける

あかすりは、少なからず肌にとって刺激となってしまう行為です。あかすりによって受けた刺激は、肌のターンオーバーによって回復するといわれています。あかすりを頻繁にやりすぎると、角質のバリア機能が壊れて回復しきらないまま、刺激を重ねてしまうことになります。 これを続けるといずれ、バリア機能が壊れてしまうかもしれません。 また、加齢とともに肌のターンオーバーの頻度は低下していきます。肌の様子を見ながら間隔を空けて行いましょう。あかすりは、1~2週間に1度がよいでしょう。

皮膚に炎症がある時や生理前は避ける

生理前や生理中に肌が荒れることはありませんか。これは、ホルモンの影響といわれており、肌がデリケートになっている状態です。 皮膚に炎症があるときも、肌が敏感になっているのでこのようなときは肌を休めましょう。 肌の乾燥や状態が悪化してしまう恐れがあるので、このようなときはあかすりは控えましょう。 出典:生理周期と肌荒れの関係は?脱毛に適した時期を見つけよう|リナクリニック 参照:https://rinaclinic.com/info/column/beauty_11/

あかすりの前には湯船に浸かる

あかすりの前に、湯船に浸かり垢が落ちやすい状態を作っておきましょう。 目安は、少しぬるめ(38~40度)のお湯に15分程度浸かるとよいでしょう。熱すぎると肌への刺激になってしまうので、注意してください。 サウナよりも湯船に浸かることをおすすめします。身体があたたまるとリラックスもできますね。

あかすりの前に体は洗わない

次のページ:あかすりのデメリットを理解して正しくケアしよう
初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング