IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「しょっちゅう」は方言か否か?意味・使い方・例文・言い換え表現を紹介

更新日:2022年09月22日

言葉の意味・例文

「しょっちゅう」という言葉は日常生活の中でよく使われる言葉であり、多くの言い換え表現や類語が存在します。使用する場面によって使う言葉が異なりますので、使い方や言い換え表現についてしっかりと理解し、「しょっちゅう」という言葉を使いこなせるようになりましょう。

「絶えず」

「絶えず」という言葉には、「常に」という意味があります。 例えば、「あの人は絶えず文句を言っている」という場合は、「あの人は途切れることなく、常に文句を言っている」という意味になりますし、「同僚は朝から絶えず仕事に向かっている」という場合は、「同僚は朝から途切れることなく、常に仕事に向かっている」という意味になります。 「しょっちゅう」よりも、より連続した状態が続く際に使われる表現ですね。

「しょっちゅう」は方言でなく頻繁に使われる言葉であると理解しよう

ここまで「しょっちゅう」という言葉について詳しく紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 方言だと間違われることがありますが、「しょっちゅう」は方言ではなく標準語で、日常生活の中で頻繁に使われる言葉です。 各地域にも「しょっちゅう」と同じような意味の方言は存在しますが、その言葉も標準語の「しょっちゅう」をもとにした方言です。 主に口語で好んで使われますが、使う状況に限りやルールはなく、幅広い意味や言い換え表現でも使われています。 「しょっちゅう」はやや抽象的で曖昧なイメージで相手に伝わることがあるため、状況によって正確な数量を示す場合には、具体的な表現を使うようにしましょう。 皆さんも、方言ではなく標準語である「しょっちゅう」という言葉の意味や使い方についてしっかりと理解し、状況や相手に合わせて使い分けができるようになれば、毎日の生活がもっと豊かになるでしょう。

初回公開日:2022年09月21日

記載されている内容は2022年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング