IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「しょっちゅう」は方言か否か?意味・使い方・例文・言い換え表現を紹介

更新日:2022年09月22日

言葉の意味

「しょっちゅう」という言葉は日常生活の中でよく使われる言葉であり、多くの言い換え表現や類語が存在します。使用する場面によって使う言葉が異なりますので、使い方や言い換え表現についてしっかりと理解し、「しょっちゅう」という言葉を使いこなせるようになりましょう。

「「しょっちゅう」の意味が知りたい」 「「しょっちゅう」の使い方は?」 「「しょっちゅう」の言い換え表現にはどんなものがある?」 「しょっちゅう」という言葉は日常生活の中で使う機会が多いので、よく耳にする方もいらっしゃるでしょう。 しかし、この言葉について改めて考えたことはあまりないのではないでしょうか。また、「しょっちゅう」という言葉はどこかの地域の方言なのではないかといわれることもあります。 この記事では「しょっちゅう」の意味や語源、使い方や、方言か否か、類語、言い換え表現などについて説明しています。 記事を読むことで、「しょっちゅう」の意味や使い方などを理解できるようになります。 「しょっちゅう」の意味や使い方などの理解度を上げたい方は、本記事を参考にしてください。

「しょっちゅう」の意味

「しょっちゅう」の意味

「しょっちゅう」という言葉の意味は、「始終・いつも」になります。「常に、絶えず」というニュアンスで使用されています。

「しょっちゅう」は方言か否か

「しょっちゅう」という言葉は、方言のように聞こえることもあるため、地方の方言だといわれることがよくあります。 それでは、「しょっちゅう」は方言なのでしょうか。また、方言だとしたら、どこの地域の方言なのでしょうか。 結論から言うと、「しょっちゅう」という言葉は標準語であり、方言のように思われることもありますが、実は方言ではありません。 しかし、地域によっては「しょっちゅう」と同じような意味で使われる方言が存在します。 沖縄県の方言である「ひっちー」や高知県の方言である「ぎっちり」という言葉は、標準語の「しょっちゅう」と同じような意味で使用されている方言です。

「しょっちゅう」の使い方

「しょっちゅう」は、主に口語表現として使われます。 また、この言葉は具体的な数量を示すわけではないため、やや曖昧な表現だといえます。そのため、会議やプレゼンなど具体的な数量が求められるフォーマルな場面においては適さず、友達や家族同士の会話など、気軽でカジュアルなシーンで多く使われます。 「しょっちゅう」を使うのは、主に次の2つの場面となりますので、詳しく紹介します。

いつも繰り返されている出来事

「しょっちゅう」が多く使われる場面のひとつは、いつも繰り返されている出来事の場合です。 例えば、パソコンの調子が良くない場合や、スマートフォンの電源がすぐ落ちるなど、いつも繰り返されている出来事が起こった場合には「しょっちゅう」という言葉を使います。

慢性的に繰り返している動作

「しょっちゅう」がよく使われる場面のひとつに、慢性的に繰り返している動作があります。こういった人の習慣やクセなどを表現する場合に「しょっちゅう」を使います。 例えば、毎朝ランニングをしている人や、無意識のうちに貧乏ゆすりをする癖がある人には「しょっちゅう」を使って「いつもしている」というニュアンスを表現します。

「しょっちゅう」の例文

次のページ:「しょっちゅう」の言い換え表現
初回公開日:2022年09月21日

記載されている内容は2022年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング