IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「了見が狭い」の意味とは?使い方・例文・言い換え表現について解説

更新日:2022年09月09日

言葉の意味・例文

「了見が狭い」とはどのような意味なのでしょうか?本記事では、「了見が狭い」の読み方や意味、言い換え表現などを紹介しています。「偏った考えしか持てない人」に対する言葉で、同じような意味の様々な表現があるので、どんな言葉があるのか読んでみてください。

「了見が狭い」の言い換え表現はたくさんあります。 表現の仕方が違うだけで、ほとんど同じような意味を持ちます。 「心が狭い」「器が小さい」など様々ですが、使い方によって印象が変わるので、会話の流れや相手によって使い分けると良いでしょう。

「融通が利かない」

「融通が利かない」は「物事に対して臨機応変に対処できない」や、「頑固で他人の意見や状況に合わせて態度を変えない」などと同じ表現になります。 相手が納得するかどうかよりも、自分が納得できないことはしたくないと考える人のことも、「融通が利かない」と表現することがあります。 「柔軟性が無い」「応用がきかない」「堅物」のような人に対して使用する事が多い言葉です。

「心の狭い」

「心の狭い」とは「周囲の状況や言動を受け入れない」や「他人に対する思いやりがない」ことをいいます。 他人に対して何事も否定から入ったり、他人の短所ばかり指摘したり、周囲からの助言やアドバイスに耳を傾けようとしないような人を指す言葉として使います。 他人の成功や幸せを祝福できない人や、周囲の話に耳を傾けたり、他人の気持ちを受け入れたりする余裕がないことを「心の狭い」という表現をされることが多いです。 性格や態度に対して使われることが多い言葉で、一般的によく使われる言葉です。

「偏狭な」

「偏狭」とは、「へんきょう」と読み、「自分だけの狭い考えにとらわれている」や「他人の意見や行動の許容が狭いこと」を表現する言葉です。 「性急で心が狭いこと」を意味し「了見の狭い」と同じ意味で使われることがあります。 「偏狭な人だ」「偏狭な態度だ」「偏狭な心だ」などと使います。 一般的に使用することは少ない言葉ですが、知っておいて損はありません。 また他にも、土地が狭いという意味もあります。 「偏狭なマンション」や「偏狭な土地」など、物理的に狭いと思われる土地の大きさという意味で使われることがあります。 同じ漢字と読み方でも2通りの意味を持ちます。

「器が小さい」

「器が小さい」は、一般的によく使われる言葉で、すぐに怒る、すぐいじけるなど、性格的なことに当てはめる場合が多いです。 他にも、仕事が遅い、能力がない、才能が乏しい、といった場合に使うこともあります。 自分を実力以上に見せたがる人のことを「器が小さい」と表現することもあり、そのような人を指して表現することもあります。

「了見が狭い」の対義語

「了見が狭い」の対義語は「了見が広い」になります。 「器が小さい」の対義語は「器が大きい」、「心が狭い」の対義語は「心が広い」になるように、「了見が狭い」に対しても、「大きい」となる「了見が広い」になります。 「了見が広い」についてみていきましょう。

「了見が広い」

「了見が広い」とは「考え方が偏っていないこと」を意味する言葉です。 「了見(考え)が狭い」に対し、広い視野で周りの考えを受け入れることを「了見が広い」と表現します。 「了見が広い」とは、様々な視点から物事を見ることができ、他人に対して許容することができる人のことを指す言葉です。 「心が広い」「器が大きい」などと同じような意味になります。 「了見が狭い」と比べると「了見が広い」の使用頻度は低いので、あまり見聞きすることは少ないかも知れません。

「了見が狭い」の英語表現

「了見」の英語表現には「Idea」が適しており、「考え」を意味する単語です。 「了見が狭い」の英語表現では「Narrow-minded」が適しています。 考え方や許容が狭く、他者を受け入れられない状況を表すので、「A narrow-minded person(了見の狭い人)」のように使います。 他には「closed-mindedness(了見が狭いこと)」や、「react in a closed-minded way to(人に了見が狭い態度で応じる)」など、文脈で変わります。

「了見が狭い」の意味を理解して正しく使おう

次のページ
初回公開日:2022年09月07日

記載されている内容は2022年09月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング