IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「了見が狭い」の意味とは?使い方・例文・言い換え表現について解説

更新日:2022年09月09日

言葉の意味

「了見が狭い」とはどのような意味なのでしょうか?本記事では、「了見が狭い」の読み方や意味、言い換え表現などを紹介しています。「偏った考えしか持てない人」に対する言葉で、同じような意味の様々な表現があるので、どんな言葉があるのか読んでみてください。

皆さんは「了見が狭い」という言葉についてどの程度理解しているでしょうか。 大体の意味は分かっていても、使い方がいまいちわからない方もいるでしょう。 日本語には同じような意味を持つ言葉がたくさんあり、言い換え表現も含めて様々な表現の仕方があります。 「了見が狭い」もその一つなので、知っておくと言葉の使い方も増えていきます。 この記事では、そんな「了見が狭い」の意味や読み方、使い方などについて詳しく解説しています。 記事を読むことで、意味や読み方、使い方などと一緒に、言い換え表現も理解することができるでしょう。それぞれ会話の流れなどに合わせて使い分けましょう。 「了見が狭い」について興味のある方は、是非読んでみてください。

「了見が狭い」の意味・読み方

「了見が狭い」の意味・読み方

まず「了見」とは、「りょうけん」と読み、考え、気持ち、物事の考え方や捉え方などの意味があります。 「了見が狭い」は「りょうけんがせまい」と読み、考えの幅が狭いことを指し、ものの見方が偏っているという意味を持ちます。 自分だけの狭い考えを持ち、他人の考えや気持ちを理解しようとしない人の事を「了見が狭い」と表現します。 「了見が狭い」は、そのような「人」に対して使う言葉です。 自分が「了見が狭い」と気付いた時や、他人から指摘をされた時に使うこともあります。

「了見が狭い」の使い方・例文

「了見が狭い」の使い方と例文を紹介します。 使い方は「考え方が偏っている人」「自分の考えが正しく、他人の意見を受け入れられない」ような、考えを持つ人を指す時に使います。 偏った考えで、他人に対しての許容がないというような意味で使われます。 例文 ・あの人は了見が狭いから、意見を言うだけ無駄ですね。 ・あなたの行動は了見が狭いことを表しています。 ・了見が狭い人に惑わされないようにしよう。 などがあります。

相手のことを自分勝手だと思う場合

相手のことを自分勝手だと思うときに、「了見が狭い」と表現する場合があります。 「自分勝手」とは、自分の好きなような考えを図り、他人の都合は考えず、自分の都合だけを考えることを言います。 「了見が狭い」と「自分勝手」は「考え」の部分で同じような意味になるので、相手の事を自分勝手だと思う場合に、「了見が狭い人の話は間に受けません」などと表現しても良いでしょう。

相手に自分の趣向を否定された場合

相手に自分の趣向を否定された場合も、自分を否定した相手に対して「了見が狭い」と表現することができます。 相手の趣向を否定するという言動は、その人独自の偏った考えしか持っておらず、他人の趣向を受け入れられる許容がないので、「了見が狭い」と言えます。 他人を否定する人や、周囲の意見に許容する心が乏しい人に対して使う言葉です。「人の趣味を否定するなんて、了見の狭い人ですね」などと表現できます。

自分自身の言動を振り返った場合

自分自身の言動を振り返った場合に、自分に対して「了見が狭い」と思うこともあるでしょう。 他人の考えに否定的な対応をしてしまったり、許容できなかったりした場合を振り返って「了見が狭い」となる時があるかもしれません。 「心が狭い言動をしたな」と「了見が狭い言動をしたな」は自分に対して同じような意味になります。 自分自身に対しても「了見が狭い」は使用できる表現です。

「了見が狭い」の言い換え表現

次のページ:「了見が狭い」の対義語
初回公開日:2022年09月07日

記載されている内容は2022年09月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング