IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

うつ伏せで寝る人の性格や心理状態とは?他の寝方についても解説

更新日:2022年09月06日

言葉・雑学・歴史

うつ伏せで寝る人の心理や性格について興味がある人はいませんか。この記事では、うつ伏せで寝る人の心理状態や性格に関すること、他の寝方の場合はどうなのかについて解説しています。寝方による心理状態や性格に興味がある人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「うつ伏せで寝る人ってどんな性格なの?」 「寝方によって心理状態が変わるというけれども、うつ伏せの場合や他の寝方の場合を教えてほしい」 このように、寝方による心理状態や性格について興味や疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。 本記事では、寝方による心理状態や性格についてうつ伏せのケースを解説します。また心理状態に関しては、仰向けや横向きなどほかの寝方についても解説しています。 この記事を読むことで、うつ伏せをはじめとする寝方によって異なる心理状態や性格を把握することが可能です。その知識をもとに、自分の寝方からどのような心理状態にあるのか分析することができるでしょう。 寝方による心理状態や性格のなかでもうつ伏せのケースが気になる人は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

うつ伏せで寝る人はどんな性格?

人は様々な体勢で寝ているのですが、寝方によってその人がどのような性格をしているのかをある程度判断することができると言われています。あくまで傾向ではあるものの、中には当てはまっているという人も少なくないです。 そんな寝方の中でもオーソドックスなタイプとして挙げられやすいうつ伏せの場合、どのような性格をしているのか解説します。

几帳面で慎重

うつ伏せで寝る人は何に対しても真面目であり、几帳面で注意深く物事を進める慎重派だと言われています。これは神経質な性格が影響しているところも大きく、自分のペースで物事を進めたいという気持ちが良い方面に出ている場合の性格です。 逆に言えば悪い方面で考えると、自分のペースで物事を進められないと気が済まない自己中心的な側面を持っているということになります。うつ伏せで寝ること自体が征服欲や支配欲があると考えられていて、他人の言動が気になる傾向も見受けられるようです。

交友関係が広い

うつ伏せの姿勢は実はオープンマインド(社交的)な性格を表していると言われていて、誰とでも仲良くなれる・誰とでも仲良くなりたい性格であることから、交友関係が広くなりやすいです。 一見するとおおらかで自由気ままに見える様子から周囲も自然と集まりやすい反面、なかなか自分からリードできない・周囲の評価が気になってしまいがちな部分もあります。

本音を周囲に言えない

社交的で自己中心的な性格をしている傾向があるところがうつ伏せで寝る人の特徴ですが、それらの性格を持っている反面、引っ込み思案で本音を周囲に言えないという性格が見受けられます。 実はうつ伏せで寝る人は人間関係で揉めたくないという考えを持っている場合が多く、周囲の人に無理に合わせてしまう傾向があるようです。このため自分の意見や考えを口に出せず、引っ込み思案になりやすくなっています。

細かいことが気になり神経質な一面も

うつ伏せで寝る人はベッドを占有している行動から、支配欲や征服欲が強い傾向がみられます。そのため何事も自分で把握して思い通りに動かしたい気持ちがあり、空気を読む力も強いのでどうしても細かいところが気になりやすいです。 そうすると自分の思い通りにならないことや相手に対してイライラしやすく、周囲のミスを許せないなど神経質な一面も見られやすくなっています。

不安を感じやすく心配性

ほかにもうつ伏せで寝る人の性格として挙げられやすいのが、不安を感じやすいところや心配性であるところです。 うつ伏せで寝る行為は安心を得たいと感じていることが多いとされているため、うつ伏せで寝ることで安心できるという人は現状に不安を感じている可能性があります。また他人の目を気にしやすいことから、周囲が気に掛けるほどの心配性になりやすい傾向もあるようです。

うつ伏せで寝るときの心理状態とは?

うつ伏せで寝る人の性格の傾向を踏まえると、ストレスを溜めやすい傾向があることがわかります。そのためうつ伏せで寝ることが多い人や気づいたらうつ伏せで眠っていたという人の場合、何らかの不安やストレスを抱えている可能性が高いです。 ただうつ伏せで寝る人すべてがそのような心理状態というわけではなく、むしろリラックスしている場合もあります。ここからは、そんなうつ伏せで寝る時の様々な心理状態について解説します。

自分を守ろうとしている

うつ伏せで寝ると心臓などの急所を隠すことができることから、保守的な性質や心理が働いていると考えられています。この保守的な性質は物理的なものからだけではなく、ストレスなど精神的なものからも自分を守りたいという内容です。 そのことから、うつ伏せで寝ることで無意識にストレスや嫌なことから自分を守ろうとしている心理状態になっていると言えます。

ストレスが溜まっている

次のページ:体の不調が原因でうつ伏せに寝ることもある
初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング