IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

嫌悪感の正しい意味や使い方は?類語や対義語もあわせて紹介

更新日:2022年09月09日

言葉の意味・例文

「嫌悪感」という言葉を使ったことがありますか。正しい意味と使い方を理解して使えているでしょうか。本記事では、「嫌悪感」の意味と使い方を例文も交えながら解説しています。伝えたいことが正しく伝わるように、「嫌悪感」の意味と使い方を覚え、正しく使っていきましょう。

「嫌悪感」を英語で伝えたいときは、どのような単語またはイディオムで表現できるのでしょうか。「嫌悪感」にあたる英語表現はたくさんあるため、「嫌悪感」を使っているときの意味を噛み砕いて、ニュアンスがもっとも近い単語やイディオムを選択しましょう。 「嫌悪」は「hatred」「dislike」「disgust」などの単語で表現でき、「嫌悪感」には「a feeling of hatred」や「a look of disgust」という表現が使えます。

嫌悪感の意味を知って適切に使おう

「嫌悪感」の意味と使い方について理解できたでしょうか。「嫌悪感」は相手を嫌い、憎むような感情を表す言葉ですが、「嫌悪感を感じる」という「感」が重複して使われる表現も多用されています。 多くの人が使っているため、間違いと言い切ることができない表現ですが、グレーゾーンにある表現といえます。間違った表現や「間違った表現ではないか」と思わせるような表現をすることがないよう、「嫌悪感」の正しい意味と使い方を覚え、状況に合わせて使っていきましょう。

初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング