IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

嫌悪感の正しい意味や使い方は?類語や対義語もあわせて紹介

更新日:2022年09月09日

言葉の意味

「嫌悪感」という言葉を使ったことがありますか。正しい意味と使い方を理解して使えているでしょうか。本記事では、「嫌悪感」の意味と使い方を例文も交えながら解説しています。伝えたいことが正しく伝わるように、「嫌悪感」の意味と使い方を覚え、正しく使っていきましょう。

「嫌悪感」という言葉は、多くの人が使った経験のある言葉ではないでしょうか。「嫌悪感」という言葉を使ったときに、正しい意味で使えた自信はありますか。また、使い方も正しかったと自信を持っていえるでしょうか。 本記事では、「嫌悪感」という言葉の意味や使い方について解説しています。本記事を一読すれば、「嫌悪感」の正しい意味と一般的な「嫌悪感」の使い方を確認できます。よく使われている言葉なので、間違った使い方をすることがないよう、一度確認しておきましょう。 また、「嫌悪感」の意味や使い方の解説とあわせて類語や対義語についても紹介しています。「嫌悪感」を軸として、この機に語彙の幅を広げておきましょう。知っている語彙が多ければ、多彩な表現ができます。

嫌悪感の正しい意味と読み方

嫌悪感の正しい意味と読み方

「嫌悪感」の読み方は「けんおかん」です。「嫌悪感」は、「憎みきらう感情」や「強い不快感」という意味で使われています。「嫌い」という感情だけでなく「悪」という漢字で表される憎悪の念も含まれていることを意識して使いましょう。 「虫が嫌い」と「虫に嫌悪感を覚える」とでは、嫌いの度合いの違いが表現されています。「嫌悪感」と表現したとたんに、ただ嫌いなだけでなく、鳥肌が立つような嫌な気持ちを表現できます。

嫌悪感の語源

「嫌悪感」は、憎み嫌うことを表現する「嫌悪」という単語と、感情を表す「感」が合わさり、憎み嫌う感情を表現できるようになった熟語です。 感情を表す「感」という漢字が熟語に組み込まれていますが、「嫌悪感を感じる」という使い方も多くの人にされています。

嫌悪感の使い方・例文

「嫌悪感」という単語は、人が抱えている感情そのものを表す言葉です。抱えている「嫌悪感」という感情をどうするのか、どういう状態なのか、などを伝えられる言葉と一緒に使います。 ここでは、「嫌悪感」を「抱く」「覚える」「持たれる」という言葉と一緒に使う表現方法を例文も交え解説します。例文を参考に、「嫌悪感」が使われる状況を想像し、自分でも正しく使えるように覚えておきましょう。

嫌悪感を抱く

「嫌悪感を抱く」という使い方は、「嫌悪感」という感情を感じ始めることや抱え込むことを表せます。 例文 ・弱い者を蔑視するような発言に、嫌悪感を抱いた。 ・不正にまみれた政治家の姿が明らかになり、嫌悪感を抱いた。

嫌悪感を覚える

「嫌悪感を覚える」は、自分が何かを嫌悪する気持ちを自覚したときに使います。 例文 ・何でも仕切ろうとするママ友の行動には嫌悪感を覚えた。 ・社会人になっても親の威厳を頼ろうとする彼の精神性に嫌悪感を覚えた。

嫌悪感を持たれる

「嫌悪感を持たれる」は、自分の気持ちの表現ではなく、相手がどうやら自分のことを嫌っているようだという、相手の気持ちを推し量って使う言葉です。 例文 ・耳の痛い話ばかりしたため、どうやら嫌悪感を持たれてしまったようだ。 ・嫌悪感を持たれているという自覚はあるが、言うべきことを言わなければ前に進めない。

嫌悪感の類語

「嫌悪感」を使って表現できる内容でも、相手に伝わりにくい場合や、あえて「嫌悪感」という言葉を使いたくないときには、類語を使って言い換えることができます。 「嫌悪感」という言葉を理解できないときでも、いくつかの類語で言い換えるうちに、意味やニュアンスが伝わることもあります。ここでは、「嫌悪感」の言い換えにも使える類語を見ていきましょう。

不快感

次のページ:嫌悪感の対義語
初回公開日:2022年09月06日

記載されている内容は2022年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング