IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

焚きつけるの読み方と意味とは?類義語との使い方や例文も紹介

更新日:2022年09月09日

言葉の意味・例文

「焚きつける」という言葉を聞いたり、使ったりしたことはないでしょうか。この記事では、「焚きつける」について意味や正しい使い方を紹介しています。併せて、類義語や英語表現にも触れています。「焚きつける」を正しく理解したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

焚きつけるの使い方

「焚きつける」の一つ目の意味である、「火をつけて燃やしはじめる」は「風呂を焚きつける」などと使えます。ただ、「焚きつける」というと、昔のお風呂を思い浮かべますよね。今は、給湯器などを使って「風呂を沸かす」イメージかもしれません。 二つ目の「人をその気にさせて、何かをさせる」は、「感情を焚きつける」様子であり、良い意味でも悪い意味でも使えます。相手の気持ちを焚きつけて、何か行動を起こさせる、というのが「焚きつける」です。

焚きつけるの例文

「焚きつける」の使い方を説明しましたが、例文をいくつか紹介します。 ・わたしは毎日、夫が帰宅時間に合わせて風呂を焚きつけておく。 ・オリンピック会場で大歓声が響き、選手たちが焚きつけられた。 ・なかなか重要な話を切り出さない相手を、焚きつけるいい方法が知りたい。

けしかけるの例文

次に、「けしかける」を使った例文を紹介します。 ・相手をうまくけしかけたつもりが、思ったように行動してくれなかった。 ・けしかけられると、すぐその気になってしまうのが私の悪いところだ。 ・取引先にけしかけたら、すぐに仕事を受けてもらえた。

あおるの例文

次に、「あおる」を使った例文を紹介します。 ・国民の危機感をあおり、外出しないよう促した。 ・子供たちに、過剰な競争心をあおってはいけない。 ・スマホゲームでは、競争心をあおって課金させるのが手法である。

そそのかすの例文

最後に、「そそのかす」を使った例文を紹介します。 ・上司にそそのかされて、懇親会の幹事をさせられた。 ・無知な人をそそのかすは、やめたほうが良いだろう。 ・友人が、わたしの家族をそそのかそうとしたので注意した。

焚きつけるの英語表現

次のページ:焚きつけるの意味を知り適切に使ってみよう
初回公開日:2022年09月07日

記載されている内容は2022年09月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング